On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-09-20 17:21:23
Comments (0)

薩摩に来ています

 連載エッセイの「澄哲録片片」(ちょうてつろく・へんぺん)に記したように、わたしたちの坂本龍馬さんは、ほんとうは、社会的には無名、無冠のまま活動したひとでした。
 その龍馬さんの足跡が、ある意味で京都よりも身近に残る地、薩摩を再訪しています。

 東京も涼しかったですが、ここ鹿児島も涼しいです。
 武漢熱と酷暑と経済破綻という三重苦に苦しんできたみなさんの重荷が、ひとつだけ幾分かは軽くなるようで、そこはうれしいです。
 しかし暑さもまた、ぶり返しがあるかも知れません。
 また逆に、秋はほとんど喪われていて、あっという間に冬になってしまうのかも知れません。

 みんなの重荷を軽々と担いで、あっという間に殺された龍馬さん、いまその龍馬さんがお龍さんとともに、川縁の温泉に入った「塩浸(しおひたし)温泉」の横を今、タクシーで通りました。
 龍馬さん、りょうまさん、あなたがいなければやはり、薩長連合はできず、ご維新は、遅れたか、できなかった。
 あなたに学び続けます。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ