On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-09-24 23:49:09
Comments (0)

防衛省の内局に、ありのままに申して、もはや、びっくりしました



▼きょう9月24日木曜の午前、自由民主党の本部で、国防部会・安保調査会の合同会議が開かれました。
 議題のひとつは、イージス・アショアを突如やめたあとをどうするか、ほんものの脅威である中国と北朝鮮の核ミサイルから国民と国をどうやって守るか、その重大な議題です。

 ところが防衛省の出してきた説明資料に、「こういう選択肢があります」という4枚の写真があり、その1枚として民間のタンカーの写真が載っている。
 は ?

 イージス・アショアを構成しているもの、つまりレーダーやミサイル発射装置を、民間の船に搭載する ?
 いくら何でもこんな無茶苦茶な「選択肢」はありません。

 写真はそれを問うているところを、会議に参加していた杉田水脈代議士が撮って、送ってくれました。
 この会議には、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 ) の高木啓事務局長 ( 衆議院議員 ) も参加していて、会議の直後に収録した新動画「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」で、これも話題にしました。

▼この動画は、2回に分けてアップします。
 まずは、護る会の菅政権における使命などについて話している前半を、第33回放送として、今夜、アップしました。
 ここです。

 この収録の後半、すなわち防衛省の明らかにした「イージス・アショアの代替策」については、第34回放送として、たぶん明日9月25日金曜にアップされると思います。

▼新動画は第1回放送からすべて、ここで視られます。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ