On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2017-05-15 07:24:13
Comments (23)

次の新書はこれです!

▼6月に出版されます。
 いま、長文の新章を懸命に書いています!

▼しかし、明日も国会質問です。原稿はそれが終わるまで、上記の原稿を含めてすべて停止です。
 明日5月16日火曜は経済産業委員会です。参考人への質疑を含めると、国会で質問に立つのは先に記した6回目ではありませんでした。これで7回目です。
 ぎーんになって9か月強で7回は、ちょっと予想以上です。けれども回数より、内容です。

※下掲の画像は、確認するためのゲラ刷りですから、バーコードなどはダミーです。題字は今回も、ぼくが書きました。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

9条3項の加憲について【よしべぇ】
2017-05-17 22:55:43
青山様 いつも配信ありがとうございます。
さて憲法9条ですが、私が総理だったのならば3項追加で強硬します。1項、2項における矛盾?現状乖離?私ならば3項追加によって自衛隊を明記したうえで、ちゃぶ台返しを考えます。つまり有事になれば自動的に自衛隊は国防軍になり、1項及び2項は自動的に無効とします。その程度の事は青山氏も考慮済みと思っておりましたが意見が聞かれません。ご意見をお聞かせください。
本の購入は【上毛三山】
2017-05-17 21:46:52
青山さんの新刊予告のトピックに因んで。

アマゾンの書評を始めとする書籍情報にはすごく感謝ですが、あえてリアルショップでも買うようにしませんか。身近な本屋さんも大事にしないと。

ささやかな提案です。
秋篠宮家への期待が・・・【中原 れい】
2017-05-17 21:36:20
青山繁晴様
国会でのご活躍をYouTubeで、頼もしく拝見しております。

眞子様のご婚約のスクープが流れた時、即座に考えたのは、旧宮家の男性と婚約されたのではないか、でした。
悠仁親王の誕生で、日本を一瞬で歴史の正道に戻した秋篠宮家だからこそ、再びの期待がかすかにあったのですね。
女性皇族と旧宮家の男性との結婚で、旧宮家復活へと一気に行くわけではありませんが、
女性宮家創設だけを進める企みを押しとどめることができるかもしれないと思いました。
しかし、眞子様とて、自由意志でご結婚を決められて当然ですね。
期待した方が間違っておりました。
外為法【レフトディレクション】
2017-05-17 18:43:28
外為法改正案について、青山さんの委員会での発言でよく理解できました。たしかに、我が国の高度な技術が海外に流出することは、国益に反します。
しかし、それの規制をするだけでは足りないような気がします。別の角度から見ると、日本の研究者の置かれてる状況は、決して芳しくありません。あまりにも多い雑用、事務作業に加え、大学の先生ならば授業の準備、採点等々に苦労していると聞きます。その点を改善するために、科研費を増額したり、事務作業する人を雇うなどの対策を打てば、研究者の皆さんは、自分の置かれた環境が良くなったのは、国が計らってくれたからだ、と思うようになり、自発的に技術を漏らさないようになると思います。
逆に、研究者の置かれた環境が今のままで、技術流出をした場合の罰則の強化だけをしたら、そもそもやる気のある研究者志望の方が、始めから、甘い声をかけてくる中国等々の国で働いてしまうようになります。
研究者たちの環境改善についても、ぜひ検討していただきたいです。
傍聴の機会有り難うございました‼【きよちゃん】
2017-05-17 08:23:46
青山さん、「外為法」の傍聴ありがとうございました。
またまた傍聴の機会を有り難く思い、永田町まで行かれたことは本当に有り難いです。
正直、「外為法?」と聞いて、トレードとか証券売買?のことなのかな?と、軽々に考えていましたが、まじかで青山さんが「北朝鮮への武器などの輸出」「中国、香港、マレーシアを迂回した北朝鮮の輸出」などの具体例を質疑なさったときは背筋が凍りました。
日本にはスパイ防止法も、共謀罪も無いのですからまさしく「悪意」に満ちた方々には最高水準の罰金と言えど10億円でも防げる網羅の法では無いのでは⁉と感じました。
今日は前回も傍聴でお会いした方々と委員会の後、有楽町でお茶タイムをして、「青山さんの話をお伝えすると友人に怪訝な顔をされる」「家族にも伝えたいし子供達にも伝えている」など我々主婦の課題や出来る事、政治参加、というと大袈裟ですが、祖国の為に、一人でも多くの人に青山さんの活動を伝えたいね、私達も御花畑の住民だったのだから・・などなど盛り上がって来ました‼
そして「外為法、って聞いてなんで青山さんが?と思ったけれど、根っこは、貿易、国防、安全保障、外交、一体だよね⁉」と。皆様と復習させていただき、また傍聴の機会や講演会でお会いしましょう?とそれぞれの帰路に着きました‼
今日は本当に貴重な機会をありがとうございました。
応援してます‼︎‼︎【スマイル】
2017-05-17 05:25:24
昨年安倍総理の外交や安倍総理に興味を持つようになり、そして政治にとても興味を持つようになりました!そこで青山繁晴さんを知り大ファンになりました! これからも応援してます‼︎ 頑張って下さい‼︎ あと、5/15の虎ノ門ニュースの青山さんの髪型かっこよかったです‼︎‼︎
外務省に意見を投稿しました【gotoping2199】
2017-05-17 04:19:50
青山さん

いつも考える材料有り難うございます。連投で済みません。あまりに嬉しくて,外務省にまでお礼を述べてしまいました。

以下,引用です。

初めて外務省に意見を述べます。日頃,海外で私達国民を保護くださり有り難うございます。
今回,外交青書にいわゆる従軍慰安婦問題に関して「強制連行,数十万人,性奴隷は史実とは認識していない」と明記されたこと,大変嬉しく,深く感謝申し上げます。
海外でいわれなきイジメに遭っている方々は「政府は認めていますよ」と言われ,窮地に立たされていましたが,これによってついに武器を手にすることになりました。また,私達将来の日本人のために命を捨てて戦ってくださった英霊に,これでやっと顔向けできる思いです。
今後とも,我が国の名誉回復のための取り組みを一層,お進めくださいますよう,お願いします。
芦田修正と9条3項【gotoping2199】
2017-05-17 03:58:38
青山さん
いつも考える材料を有り難うございます,今週の虎ノ門も最高でしたね!
特に外交青紙の慰安婦に関する記述!これが英文で刊行され,ついに海外で孤軍奮闘されている方々に「政府も認めていません!」と言える武器を手にすることになるのですね。安倍首相は青山さんがぎーんになることで「自民党が変わる,官僚が変わる」ことを期待しましたが,加えて「国民が変わる(傍聴に行ったり,発言したり,地元のぎーんに質問に行ったり),政策が変わる」とまで予想していたでしょうか。

話は飛びますが,安倍首相の9条3項追加という問題提起に関連して,もしも運良く次回の独立講演会に当選したら質問したいこと!
ずばり,「3項追加のデメリット」です。
既に青山さんの見解も承っていますが,芦田修正でちょっと分からなくなったもので・・

上念司さんは「憲法と憲法典は違う」と仰っていて,自衛権を明記していないからといって自衛権を放棄しているわけではない,と分かりやすく説明してくださいました。
辛坊治郎さんによると,「芦田修正(「前項の目的を達するため」)のお陰で,2項は「侵略戦争」に限定された。『国の交戦権はこれを認めない』も「侵略戦争(何をもって侵略か,どこから自衛かも難しいですが)のみを指す」と仰ったと理解しています。
こうしてみると,3項追加は,「自衛権について明記していなかった憲法典に,憲法の精神に則って自衛権を追加する」ということは,それなりに整合性があるように思われてきました。将来の歴史教科書には「敗戦により,憲法9条1項・2項で侵略戦争の放棄を明記した。一方,自衛権について憲法典に記載がなかったため,2020年に自衛権を明記した3項が追加された」と書かれるようになり,22世紀の日本人は「ふーん,その頃の日本人はこんな大事な規程の追加に何で80年近くかけたのかなあ」と疑問に思い,私達を研究の対象にするようになるのかも知れません。

ということは,「3項追加でもいんじゃない?」

学習科学では「分かった」→「深く考えたら分からなくなった」→「やっぱり分かった」→「更に深く考えたらまた分からなくなった」が大事だというので,青山さんに芦田修正を踏まえた「3項追加のデメリット」を聞きたくなった訳です。

遅まきながら改憲議論が少し始まってきたかなと言う実感があります。
Youtubeでたまたま坂上忍さんと石破さんのやり取りを視聴しましたが,護憲派・平和安全法制反対の坂上さんが「とはいうものの,自分でも内心,きれい事ではないかと思っている」と。良いことだと思います。一致点を探す第一歩だからです。民進党のクイズ王は「9条を議論するなら,女性宮家(母系天皇)も議論すべき」と言っていますが,大いに議論して良いと思います。議論を通して学校で学べなかった「日本って,どんな国?」を学び直す良い機会になるからです。

最後に,リクエスト大会も良かったですね,何が良いって青山さんもよっちゃんもとてもリラックスされているように思えたから。土曜と月曜が待ち遠しい。

あ,新刊予約します!
国に介入してほしいです【Mariko】
2017-05-16 23:51:11
青山さん、こんばんは。

国会での質疑を拝見しました。国民が知っているようで知らずにいる事を、わかりやすく質疑をしていただき、感謝しております。たいへん勉強になりました。

さて、タイトルの件ですが、先程友人との対話のなかで、ニセコの山田温泉の源泉が、中国の富豪に買収されてしまったという話になりました。

札幌市内も、地元民が知らない内に新幹線バブルとなり、便利なエリアの土地が次々に買い上げられ、マンション建設が進んでいます。

投資目的ならまだマシで、札幌の場合は、そのまま住み着いてしまう可能性が高く、冗談を抜きにして、乗っ取りが現実に近づいている感じがして心配です。

JR沿線はもちろんですが、特に、札幌駅から西方向へ向かう地域の土地は、国が介入してでも買収をさせないようにしなければ、住みやすく環境が整っている分、危険度が増します。
いくら土地を持ち帰ることはできないといっても、住み着かれてしまうことに対する認識が甘過ぎます。

青山さん、寝ぼけている政府に、喫緊の課題として、喚起を促して頂けないでしょうか。
北海道は赤い大地と言われているところです。油断はできません。
新著【阿部行輝】
2017-05-16 23:34:03
先生の新著楽しみです。題名を拝見して、明治天皇の御歌を思い出しました。「しきしまの大和心のををしさは ことある時ぞ あらわれにける」
青山繫晴さんを新聞で見つけました!【パパ鉄ちゃん】
2017-05-16 22:39:51
青山さん
こんばんは、

今朝(5月16日)安倍首相の一日で青山繁晴さんを見つけました。1時25分青山繫晴自民党参議院議員と記載されていました。危機対応と理解しています。ブログに書ける範囲での記述を待っています。
安倍総理【大日方 登】
2017-05-16 21:49:26
いつも「虎ノ門ニュース」「cross fm On the road」「答えて答えて答える」そして「ザボイス」で青山さんからの発信を楽しみにしています。
今日の朝刊を見て、青山さんが安倍総理と13時25分から約45分間お話しになったことを知り、青山さんに1票を投じた有権者としてとても嬉しく感じました。朝鮮半島が緊迫する中、国益のための充実した45分間であったと思います。
機密情報と思いますが、機会があれば可能な範囲で発信をお願いいたします。
また、虎ノ門ニュースのなかで紹介のあった外交青書は、発行次第読んでみたいと思います。
笑顔【かおり】
2017-05-16 18:28:07
新書の刊行を楽しみにしております。(表紙の笑顔が素敵です・・)

子育て中の私は、どうしても教育に関する話題が多くなってしまうのですが。
東京書籍の小5の社会の教科書、第一章では日本の国土と領土が記されています。
領土問題として北方領土・竹島を、領有の不当な主張として尖閣諸島を、大きな写真付きで正確に記載されていました。
テストとしても出題され、しかもテスト問題用紙の備考欄には領海・排他的経済水域の地図と共に新エネルギー源としてメタンハイドレードの記載がありました。

虎ノ門ニュースで外交青書のお話を伺い、青山さんが細やかな調整を続けられた成果が出たのだと嬉しかったです。
その時仰っていたように、一生懸命真面目にとりくんでおられる方々のおかげで変わるべきものは変わるんだ・・と教科書についても思いました。
日本のために亡くなった方へ【なつ】
2017-05-16 13:28:44
今、墜落した自衛隊の飛行機の傍で遺体が見つかったとニュースで見ました。

残念です。

本当にありがとうと言いたいです。

もしお時間があるとき、どうやったらこの方々に感謝の気持ちを使えることができるのか教えていただければ幸いです。

危険なことでも、誰かがやらなければならない。
できることは気持ちを伝えることしか思い浮かびません。
自民党や安倍内閣に希望を見出せません【匿名】
2017-05-16 12:39:31
二階幹事長は中国にどんな弱みを握られたのか疑いたくなります。
中国でどんな約束をされたのか?
歴史問題を含め、結果的に中韓に一方的に押し切られている現実を自民党はどう思っているのですか?
日本政府や外務省の対応を見ると、情けない限りです。
長年の弱腰で事なかれ対応の積み重ねの結果が、中国や韓国に舐められる結果を生んだことに気づかないのですか?
中韓に対して苦手意識丸出しで弱腰だから付け入られてることに気づかないのですか?
武藤元大使のように取り込まれてしまうな人は国益を損なうだけです。
ここに極まれり。【野末 幸弘】
2017-05-16 11:21:17
国会で蓮舫氏が首相に
「拉致被害者はいつ帰ってくるのか?」
と、質問したようですね。
我々国民が拉致を招いた当事者なのですが…。
況んや、国会議員は…。お分かりにならないのか…。
やはり【うめいろ】
2017-05-16 01:58:04
月曜日の虎ノ門とても楽しくかつためになる話ありがとうございました
やはり虎ノ門ニュースが一番見やすいですね
色々な番組を拝見させていただいておりますが、やはりとらはちが一番ですね
地元国会議員事務所訪問【石井 篤】
2017-05-15 21:57:55
5月14日早朝、北朝鮮がミサイルを発射。
14日午後、急遽、国会議員の地元事務所への初訪問を思い立つ。
15:10、民進党の柚木道義衆議院議員事務所を訪問。
突然の訪問で、当然ながら柚木議員にはお会いできなかったが、秘書さんと約10分間話をした。
※柚木議員は、岡山市で開催される自衛隊家族会の会合へ向かって行かれたとのこと。
この秘書さんとの会話で知ったのだが、柚木議員のお父様は退職された元自衛隊員であり、弟さんは現役自衛隊員とのこと。
身内を護る為にも、彼こそ憲法改正案を出す適任者であり「9条の1項2項を残したまま3項を作るという安倍首相の大衆迎合案の上を行くべき」と提言し、「今こそチャンスですぞ!」と発破をかけてきた。

続いて15:30、橋本岳衆議院議員事務所を訪問。
電話やメールではなく直接出向いたうえ住所・氏名・連絡先を記したら、突然の訪問にもかかわらず、じっくりと話し合いに応じてくださった。橋本議員は、既に東京へ戻られた後であり、秘書の方と約45分間、話し合った。
※ちなみにこの秘書さんも、この後17:15から始まる自衛隊家族会の会合へ出席されるとのこと。
安倍首相は、憲法改正論議を活性化させる意図もあるのだろうが、日韓合意をしてしまった方だけに、このまま9条第1・2項を残して3項を作りかねない懸念を伝えた。
安倍首相の憲法改正発言について、直接、選挙事務所へ提言に来た人間は、私が初めてとのこと。本当に極めて少数意見であることを実感した。国会議員として、国民の大多数の声に寄り添うのは結構。しかし、残念ながら職業になってしまっており、国民の声に沿った意見しか言わない。要は選挙に落ちないこと・自分や周囲のことが第一であり、国民を護ることは二の次三の次。国民の後を追ってどうする!先導すべきだ国会議員!
しかし、自分に有利な政治家の後援会に入る国民の中から選ばれて国会議員になったのだから、国会議員だけを責めても無意味なのだろう。明治維新の廃藩置県の様に、大きな反発があろうとも「正しい道へ国を導く」強い志のある方が一人ではなく一塊にならないと、この平和ボケからは抜け出せないのかもしれない。
ノンストップで続いた秘書さんとの会話、「何かあれば、今度は連絡のうえで押しかけますからね!」と私が言うと、その秘書さんは「その口ぶりと熱い想い、市会議員にしたいわ~」と、最後は談笑。政治に関わる方である以上、熱い想いをぶつければ少しは響くのであろう。
しかし…市会議員とは…、褒められたのかナメられたのか?…後味が悪いぞ~(笑)
希望【沖縄んちゅ】
2017-05-15 21:23:27
「危機にこそぼくらは甦る」素晴らしいタイトルですね。新章楽しみです♪

過酷な環境でも力強く芽を出す若葉の表紙を見ていると、私もあきらめず頑張ろうと

前向きな気持ちになりました。
反芻してます【M.H】
2017-05-15 20:43:11
「…させて頂きます」とは言わない
「元島民」とは言わない
「遥か国後」とは歌わない
嬉しい❗【スマイル】
2017-05-15 20:26:11
青山さん、いつも発信ありがとうございます❗
青山さんが国会で質問してから、少しずつ国会の質疑が変化しているように思いますね。これなんですよ❗スキャンダル、ゴシップまみれの国会質疑は不毛なだけ❗❗私はただ国益を追及する質疑を国会の場で、展開してもらいたいです❗青山さんの質疑はいろんな事に思いを馳せることが出来て、有意義だと思いますね。青山さんと一緒に考えている自分がいます。
さて、ぼくらの真実の新書バージョンが発売されるのですね。嬉しい❗憲法について考えた思いの深い青山作品でした。その作品の現在進行形が新書のかたちになるのは喜ばしいことですね。新書の役割は過去の作品に新たな思いをのせることがあっても良いと思いますね。青山さんの今の思いを読者は知りたいし、そこから一緒に考えたいですからね❕タイムリーな企画ありがとうございます❗楽しみにしてますね❗
新著楽しみにしています。【「宿禰」氏の者】
2017-05-15 20:22:15
危機を楽しむことは非常に難しい。危機を奇貨とすることも憚ることがある。
 しかし危機を正面から乗り越えてこそ得られるものは多い。
 こころ弱き者としてはそのチャレンジが難しいことを日々感じています。

 さて14日のミサイル発射についてですが、高度・着弾場所をよく考えてしかも正確に成功させていることが見て取れます。
 トランプ大統領はこの発射に対して全くリアクションを取らねば政治的にオバマ前大統領の轍を踏むことになるので何かしら反応せねばならないでしょうが、とはいえ北の反撃を起こさせない物理的軍事的攻撃を行うのはほとんど不可能でしょう。
 金正恩氏は、アメリカ政府にまだ攻撃の「条件」が整っていないことを見透かして行動しているのではないでしょうか。
 トランプ大統領がどう対応するのか注視しています。

 あ、千春博士の新著を読んでますが、「学者」という字面の分類で見ると理解できない色んな方々の体温が伝わる内容で、とても興味深いです。
 千春博士の言葉遣いが、前著より青山さんのものとそっくりになっているのが面白いですよ。
今日の虎ノ門、感動しました【神戸46親父】
2017-05-15 20:05:54
青山様。いつもご多忙の中、虎ノ門ニュースその他の発信ありがとうございます。本当に勉強になります。特に今日の虎どりには感動しました。
今まで、外務省を筆頭に役人は何をしているんだ!と思っていましたが、国会議員のレベルが低すぎたんですね!(一部の方を除いて。)本当はこの6年間が終わったら、青山さんに次期総理大臣になってほしいですが、それが無理なら超党派で国会議員を教育する青山塾を開いてもらえないでしょうか?青山イズムを吸収した国会議員が増えると、国がまともな報告に進んでいくような気がします。無理をお願いして申し訳ございません。

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ