On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-07-31 18:28:28
Comments (0)

18年4か月かかって出てきたゲラを手に

 執筆にそのながい歳月を費やした、純文学小説の第2作、「わたしは灰猫」 ( 扶桑社から11月11日に刊行 ) の初校ゲラが届きました。
 ( 刊行された小説としての第1作は、「平成紀」です。最初は「平成」という書名で文藝春秋社から刊行され、それをぼくの意思で「平成紀」と改題し、全文の改稿もして、今は幻冬舎文庫として世に出ています。たとえばここです )

 この初校ゲラを自宅に持ち帰って、深更から、見直しを始めます。
 そして、ぼくが撮った写真を使った表紙のデザインも進んでいます。
 その写真は、今週の水曜日、7月29日に自宅で撮ったばかりです。ふと着想して、すぐにその着想のまま撮影しました。

 ほんらいなら、物書きとして最高にうれしい時間の始まりなのですが、こっかいぎいんとしての難題、すなわち日本の国と国民にとっての難題があまりにいっぱいで、残念ながら、そんな感情はほとんど湧きません。
 ただ、長いあいだ待ってくださった読者に、ようやく読んでもらえる日が、こんな重く多忙な日々のなかでも着実に近づいていることには、すこし安堵しています。






 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ