• 青山繁晴富士スピードウェイでレース前に防炎マスクを被り、おのれとの戦いへ
  • 青山繁晴レースの合間に集中力を高める(富士スピードウェイのパドックにて)
  • 青山繁晴独立講演会で祖国の理念を一緒に考える(大阪会場にて)
  • 青山繁晴インディペンデント・クラブ(IDC)集会のライブで弾き語り(京都「都雅都雅」にて)
  • 青山繁晴英霊の望郷の島、硫黄島で強風に吹かれ、志を共にする工事事務所長と握手
  • 青山繁晴日本海で独研と兵庫県のメタンハイドレート共同調査に臨む(「たじま」船上に て)
  • 青山繁晴沖縄の白梅の塔で学徒看護隊の生き残りのみなさまと祈りを捧げる

New Entry

2015-02-28 02:33:02
Comments (0)

いま

▼日本から広い太平洋を隔てて、サンディエゴにいます。
 現地時刻の、2月27日金曜の午前11時15分。
 日本は28日土曜の未明ですね。
 アメリカ西海岸のロサンゼルス空港で降りて、ローカル便に乗り換え、ゆうべ遅くにたどり着きました。

 日本からの機内、ロスの空港、サンディエゴへの機内、サンディエゴのホテルと、ずっとずっと、独研 ( 独立総合研究所 ) から会員へ配信している東京コンフィデンシャル・レポート(TCR)の執筆に掛かりきりで、こちら時間の未明に2本を全会員へ向けて配信することができました。
 テーマは、1本が「アメリカの実力」。実際はテロ対策、危機管理にも大穴が空いているという現場証言です。
 もう1本が、「メタンハイドレートへの新しい希望」。新潟県、新潟大学と連携して、メタンハイドレート実験炉の建設と、メタンハイドレートで走るバスの実現へ一歩、というこれも現場証言です。
 このTCRはまもなく、第1号の配信から満15年を迎えます。
 きょう未明の配信が、第728号と、729号でした。


▼サンディエゴは、温かな街です。
 ロスよりまだ南ですから。
 ところが、ずっと寒くて寒くて仕方がない。
 同行している独研の研究員はもう暑くて困るぐらい。
 ホテルの部屋で暖房を最高にしても、まだ震えるぐらい寒い。

 疲労によることが明らかでしたが、きのうは事実上の月末。
 会費を負担して、ぼくのレポートを待っている会員を絶対に裏切れないから、最後まで気力を尽くしてレポートを仕上げ、2本を配信できて、ほんとうに良かった。


▼しかし今日、今の体調不良をこそ乗り切らなきゃ。
 なぜなら、サンディエゴに来たのは、アメリカでも最大級の海軍基地を訪ねて、司令官や艦長らと、中国の太平洋進出の野望などをめぐって、真正面から議論するためだから。

 一民間人にこうした機会をアメリカ軍がつくるのは、史上初めてだそうです。
 日本国民のひとりとして、その機会は活かさねば。

 そして今日中に、ロスに移動して、ロスでは、中韓の謀略宣伝、反日工作に苦しむ在米邦人のかたがたに、力を振り絞って講演をします。

  • 記事の一覧へ
  • ページのトップへ