On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2015-01-14 07:34:27
Comments (0)

魂の感謝

「ぼくらの真実」(扶桑社)の増刷が決まったそうです。
 発刊から2週間あまりで、もう4万部を超えました。
 編集者が「朗報です」と電話してきましたが、ノンフィクションの本が読まれない時代を考えると、確かにそうです。

 そしてこれに併せて、「ぼくらの祖国」(扶桑社)も、あらためて読者が増えています。
 すこし驚くほど着実に。

 本は、読者がいて初めて本になります。
 書き手が書きあげただけでは実はまだ本ではありません。
 読み手のみなさんに、こころの底から感謝を捧げます。

 ただ…ほんとうに広く読まれるかどうかは、まったく楽観していません。
 この頃、敗戦から70年の日本社会で「絶対少数派」に過ぎないことを、あらためて深く痛感していますから。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ