On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2015-01-14 07:34:27
Comments (0)

魂の感謝

「ぼくらの真実」(扶桑社)の増刷が決まったそうです。
 発刊から2週間あまりで、もう4万部を超えました。
 編集者が「朗報です」と電話してきましたが、ノンフィクションの本が読まれない時代を考えると、確かにそうです。

 そしてこれに併せて、「ぼくらの祖国」(扶桑社)も、あらためて読者が増えています。
 すこし驚くほど着実に。

 本は、読者がいて初めて本になります。
 書き手が書きあげただけでは実はまだ本ではありません。
 読み手のみなさんに、こころの底から感謝を捧げます。

 ただ…ほんとうに広く読まれるかどうかは、まったく楽観していません。
 この頃、敗戦から70年の日本社会で「絶対少数派」に過ぎないことを、あらためて深く痛感していますから。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントはありません

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ