On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-07-07 15:29:56
Comments (0)

その3 非難決議の2枚目(全2枚)

▼下掲したこの文書の、第4項目を見ていただくと、「習近平国家主席の国賓訪日について中止を要請せざるを得ない」とあります。
 オールドメディアは「二階幹事長らの強い反対で、文章が修正された」と鬼の首を取ったようにこぞって報じていますが、誤報に誤報、虚報に虚報を重ねる行為です。
 元の文は「中止を要請する」ですが、これが「中止を要請せざるを得ない」となって、中身が後退しているのですか。
 礼節を強調しているだけであって、「中止を要請」、「中止」という中身はまったく変わっていません。

 たとえば「この会合は公選法に抵触する恐れがあるため、中止を要請する」と政党が党所属の国会議員に言うとして、「中止を要請せざるを得ない」と言うのと、中身が変わったとなるでしょうか。
 言われた議員は、どちらでも中止せねばなりません。

▼そして、みなさんも一緒に考えてください。
「反対によって修正された」と今、報じているオールドメディアは、きのう夕方から夜にかけて開かれた外交部会・外交調査会の全体会議が「紛糾して、結論が出なかった」と報じていたではないですか。
 結論が出なかったものが、どうして、その翌朝には、党の正式決定機関にかけられるのですか。
 そこにみずから眼を瞑(つむ)ったうえで、「修正された」「後退した」と報じるのは奇怪な振る舞いです。まさしく、奇怪な振る舞いと『言わざるを得ません』。

▼また決議の最後の3行、「中国政府は、このような国際社会の懸念に真摯に対応すべきであり・・・」という文章は新たに加えられました。
 これを持ってオールドメディアのなかには「反対派に押し切られて追加した」という趣旨を報じているところもありますが、何を言っているんでしょうね。
 これがあった方が、中国共産党にはキツイじゃないですか。
 キツイことを日本らしく丁重に申しあげているだけです。

▼先ほど、外交部会の首脳がぼくに「守るべきを守りきりました」と仰いました。
 まさしくその通りだと考えます。立派な仕事をなさいました。
 この首脳は、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) の一員でもあります。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ