On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-07-31 09:40:47
Comments (0)

今、イージスアショアの中止に伴う「新たな弾道ミサイル防衛」をめぐって自由民主党の国防部会・安保調査会の合同会議が開かれています。リアルタイムです。



 これは、ぼくが自席から撮りました。
 党の「検討チーム」 ( 小野寺五典座長 ) がまとめた「国民を護るための抑止力向上に関する提言案」が説明されています。


 これは杉田水脈代議士 ( 護る会メンバー ) が思いがけず撮ってくれて、スマホで送ってくれました。
 党の会議は、参議院の国会審議と違ってスマホやパソコンの使用は自由です。ただし当然、節度は守ります。

 ぼくは、珍しく、最初に当たりました。
( テーブルには、部屋に入るまで着用していた感染防止のゴーグルがありますね )
 発言は、「提言には不満もあるが、厳しい議論を乗り越えて、まとめられたことを評価する。特に『相手領域内でも弾道ミサイルを阻止する」という言葉と、シェルターの設置が入ったのは、歴史的な意味がある』と最初に述べ、海洋発射型巡航ミサイル ( たとえばトマホーク ) の導入の意義など数点を具体的に述べました。
 今も会議は進行中ですから、詳しくは、この後に収録する「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」で述べます。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ