On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-11-20 14:34:09
Comments (0)

サイン会が実現します・・・

・・・あまりに当然ながら、感染症対策を徹底的に施したうえでのことです。
 18年4か月を費やして紡(つむ)いだ物語、「わたしは灰猫」(扶桑社)が中心のサイン会ですが、ぼくの他の本についても対象になっています。ここを見てください。
 国会が(仮に予定通りだとして)閉会して2週間が過ぎた12月19日の土曜に、八重洲ブックセンターで開かれます。
 以前に、いったん中止になったサイン会です。
 そのときに来られる予定だったみなさんに、すでに連絡があったそうで、そのかたがたからのお申し込みはもう完了したそうです。
 そして、厳しい感染症対策のなかで、まだ受け容れられる人数について、新しく募集されることが決まったとのことです。
 八重洲ブックセンターが開設された、ここのサイトで、感染症対策の詳しいことも含め、非常にわかりやすく書いてあります。
 そして当然、そこから申し込みができます。

 ぼくとしては、正直、めちゃくちゃに嬉しいです。
 みんなと会える。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ