On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-01-07 06:11:03
Comments (0)

在りし日



▼ある日の「自由民主党・外交調査会」にて、不肖ながらぼくが発言しているとき、いつものように熱心にメモをとっておられるのが、画面左端の和田幸浩さんです。1月2日に脳出血によって急逝されました。
 太い黒縁メガネと広い肩が、いつも政府席にありました。
 こうやって、在りし日の姿としてその姿を見るときが来るとは、いったい誰が想像したでしょうか。



▼違う日の違う会合で配付された資料に、和田さんの名があります。
 下から3番目ですね。
 外務省の大臣官房総務課長です。
 この資料は、もちろんほんの一例です。
 外交関係の部会はすべて、資料に和田総務課長の名があり、いつも静かに、熱心に、誠実に、表裏なく参加されていました。



▼外交部会には、こうして参加議員が少ないときもあります。
 そして今は、武漢熱のために、秘書さんが部会に入場できず、写真を撮ってもらうこともできません。
 これは、ぼくが自席から、こうやって志を持つ議員は参加されるという意味合いで、撮りました。
 すべて、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) のメンバーである議員です。

 その画面左端、政府席に、和田幸浩さんがいつものように居られます。
 マスクの上の眼が、いくぶん微笑を含んでいます。
 ひとに安心感を与える人柄でした。

 和田さん、これでお別れじゃない。
 あなたは、世界の外交官、国会議員、野球仲間、幼なじみから現在までの広い知友すべて、そしてご家族の胸のなかに生き生きとあり続けます。

 ぼくの魂のなかでも、これからも良き議論を自在に、戦わせましょう。
 立場の違ったふたりにあった友情は、これからは立場の違いもなくなり、もっと自由自在に、そして愉しくなるよ。






 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ