On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-01-12 12:05:55
Comments (0)

連休明け、まずはビジネストラック・レジデンストラックを止めるために護る会の執行部会を開きました。そして現在、外交部会に参加しています



▼写真は、自由民主党でたった今、開かれている外交部会です。
 国会はまだ閉会中ですが、非常に多くの議員が参加しています。密を避ける工夫はとられていますが、なかなかにたいへんです。
 出席者の多さには、ビジネストラック・レジデンストラックをいずれも「止めよ」という党側の強い意志が顕れています。

▼その前に開いた護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) の執行部会では、すでに作成されていた、菅総理にビジネストラック・レジデンストラックの「完全中止」を求める提言案を議論しました。
 代表のぼくから、連休中に、複数の政権中枢と電話で議論を重ねた結果を報告し、提言案をさらに強めることで合意しました。

▼護る会はこのあと、今の外交部会が終了後に、持ち回りの執行部会を開きます。
 それによって、提言の執行部案を修正し、決定します。
 さらに、護る会の全議員64人が参加できる総会を、持ち回りで開いて、提言案を議論します。
 こうした手続きを経て、提言を最終決定します。

▼そして午後4時半に、山田宏・護る会幹事長とぼくのふたりで総理官邸に行きます。
 本来なら、こうしたときは護る会メンバー議員で希望者は全員、一緒に官邸に行きます。
 しかし今は、武漢熱対策の一環として、人数をふたりに絞るように官邸から要請されていますので、やむを得ず、幹事長と代表だけです。

▼官邸では、官房副長官を通じて、総理へ提言が渡るよう要請します。
 総理ご自身とアポイントメントを取ろうとすると時間を要するので、この緊急提言がすぐに渡るように、官房副長官を通じて渡すことで事前合意しています。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ