On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-04-27 12:07:19
Comments (0)

僭越を恐れず申します 盟友・岸防衛大臣の決断は役に立ちます

▼きょうの午前、岸信夫防衛大臣は、5月24日を目途に、まず都内に武漢熱を鎮めるワクチンの大型の接種センターを設置し、自衛隊の練度の高い医官、それから看護官を派遣することを示されました。
 大阪にも設置する方向です。

▼武漢熱ワクチンをどう考えるか。
 輸入ワクチンについては、m ( メッセンジャー ) RNAを使うワクチンに限定して、使用を支持します。諸国の具体的な実績情報をみずから収集してのことです。疫学的な一次情報に基づきます。
 mRNA、すなわち伝令型RNAは、伝令の役割を果たすと短期間で分解します。
 国産ワクチンの実用化を急ぐことも、政府と自由民主党に強く求めています。

▽これらのことについて、北陸路の良心派の地方紙、北國新聞、ほっこくしんぶんの連載コラムに書きました。北國新聞は、全国のどなたでも、ひと手間を掛けてくだされば読めます。ここです。

▽新動画の「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」でも詳細に、かつ具体的に議論しています。議論相手は、ぼくがこれまで会って議論してきた膨大な相手の中でも、もっとも冷静にして客観的な部類に間違いなく入るひとです。ここここを視てください。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ