On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-09-22 17:00:07
Comments (0)

【タイプミスを訂正しました】  ★結果として、お知らせから5分後の公表となりました  総裁選において護る会が各候補にお渡しした質問書に対する回答と経緯を公表します  その1 経緯

▼まず経緯について、説明します。
 下掲は、報道各社に伝えた内容です。
 これは、5分前に、アップしたひとつ前のエントリーと内容はほぼ同じです。

各社御中
                               令和3年9月22日
      「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)代表 青山繁晴(参議院議員)
 
▼「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)は自由民主党・総裁選の各候補に、質問書をお渡しをして回答を求めていましたが、回答と対応が出揃いましたので、お知らせします。
 
 護る会の質問書は、当初、岸田候補、高市候補、河野候補の3候補へお渡しをし、総裁選の告示前日の9月16日木曜に〆切を設定して、回答をお願いしていました。
 そして、この日までに、岸田候補と高市候補から文書で回答がありました。
 しかし、その16日に野田候補が新たに立候補を表明され、公平を図るために連休明けの9月21日火曜に〆切を再設定し、野田候補にも質問書をお渡ししました。
 同時に、まだ回答がない河野候補にも〆切の延長をお伝えし、回答をあらためてお願いしました。
 
▼野田候補からは、新たな〆切の前日、連休中の9月20日月曜に回答が文書でありました。
 その新たな〆切日である9月21日火曜の午後11時59分まで、引き続き河野候補の回答をお待ちしましたが、ありませんでした。
 そして本日、9月22日水曜の午前10時46分に、河野候補の陣営から以下の連絡がありました。
 原文のまま掲げます。
 
~以下、河野候補の陣営からの連絡メール~
 
日本の尊厳と国益を護る会
事務局長 高木啓 先生
 
貴議員連盟からいただきましたご照会につきまして、
ご活動は理解いたしている心算ですが、
文書にて回答申し上げる用意がございませんので、
しっかりご趣旨を承ったことでご報告に代えたく存じます。
 
河野太郎 選挙対策本部政策担当
 
~メールの引用終わり~
 
▼メール受信者の高木啓事務局長と協議の上、精確に事実を伝えるために、メールを原文のまま上掲しました。
 そして護る会は、きょう午後1時半から、国会内で執行部会を開いて協議し、さらに持ち回りの総会で護る会全議員の意見を求めたうえで、下掲の方針を決しました。
 
 護る会としては、全候補の回答を公平に、自由民主党の全議員、党員・党友、そして主権者にお伝えするために、最後まで努力いたしましたが、上記のような経緯ですので、やむを得ず、3候補の回答を、公表いたします。
 発表の場は、護る会の公式フェイスブック、護る会代表の青山繁晴のブログ、そして記者クラブです。
 護る会のフェイスブック(https://www.facebook.com/kokuekimamorukai)と、護る会代表・青山繁晴のブログ(https://shiaoyama.com)には、全文をそのままアップします。
 そして報道各社に、お渡しします。
 公表は、令和3年9月22日水曜の午後5時を期して、行います。
 
                                                 (了)



 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ