On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-10-10 05:37:45
Comments (0)

衆院の解散まで、あとわずか4日となりました

 自由民主党の緩みを、深く懸念しています。
 応援の依頼がいくつかやって来ています。なるべく拒むことなく受け容れています。
 応援に出向くことを伝えると、みなさんからは「あの候補はこんな人なのに」と反対の声が届きます。
 わかります。その問題は、ぼくも存じております。
 ただ、人を一面で見ないのは、子どもの頃からのことですから、「あの候補にはこの救いがある」と考えて、応援に出向きます。

 ぼくの懸念で今、いちばん大きな懸念は、実はおのれ自身のことです。
 国に対して、充分な貢献ができていません。
 原因はすべて自分自身にあります。

 すぎやまこういち先生、福岡浩教授、喪った盟友はことごとく、ぼくをこゝろの底から信頼してくださいました。
 その信頼に応えるため、また、たまたま生き残っている者の責務として、もっともっと身を削がねばなりません。

 夜が明けています。午前6時を過ぎました。
 きょうの日曜日、お休みのかたはほっと肩の力が抜けて楽になれることを、仕事のかたは充実した気持ちで今日の日が終わりますよう、願っています。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ