On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-05-19 13:44:14
Comments (0)

ウクライナの惨劇が招く既存秩序の破壊、それを踏まえて「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) の課題が重くなっています



▼きのう5月18日の「ぼくらの国会」リアル版@横浜、その後半、地元選出の「日本の尊厳と国益を護る会」  ( 護る会 ) メンバー、三谷英弘代議士と対談しています。
 三谷さんの問いかけから、このエントリーのタイトルにある問題意識が、はっきりしました。



▼感染症対策と両立させつつ、主権者・国民と対話します。
 決して、一方通行にはしません。



▼会が終わると、参加者おひとりおひとりを見送り、それが終わると、希望されるかたがいらっしゃる限り、最後の1冊まで、丁寧にサインをします。
 いつも通り、あなたの名前をいちばん大きく書き、あなたにいちばん届けたい言葉を記し、皇紀で日付を書き、そしてぼくの名前を記します。
 凡 ( すべ ) て、当然のことと考えていますから、淡々と完遂していきます。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ