On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-07-01 02:40:35
Comments (0)

参院選9日目から10日目へ 参院選の遊説が選挙演説になっていないのは、ある意味、当然だと考えます



▼参院選の9日目は、大阪と京都で遊説しました。
 写真は、一日の最後、京都の四条河原町で選挙カーの上には立たず、みなさんの中に入って話したあと、グータッチと臨時サイン会も終え、新幹線の京都駅へ向かうときです。
 みなさんの表情が、ぼくにはとても輝いてみえます。
 それが、いちばんうれしいです。日本の主人公に、敬意と感謝を捧げます。

▼京都から静岡に入って、いま深夜のホテルです。
 この四条河原町の遊説を、珍しく動画で視ました。
 と言うか、ちょこっと視たら、自分があまりにも選挙らしくない話をしているので、思わず最後まで視てしまったというのが、ホントのところです。



▼そして、学生インターン ( 議員会館の青山繁晴事務所で研修をしている大学生 ) の『ミニ演説』も良かった。
 学生インターンは、千葉県松戸市で大学1年の日本男子、18歳が明晰なサプライズ演説をしてくれたことに続き、この日の京都では大学2年の日本女子、19歳が、はきはきした演説をしてくれました。
 ぼくはそれに触発されて、とても自然に深い話に入ることができました。
 この動画は、できれば視てください。
 松戸の分が、ここ、京都の分が、ここです。

 その学生インターンの質問に、打ち合わせ無しの数十秒で答えていくショート動画 #shorts の新しい分も、ここにあります。
 今回のテーマは消費減税です。

▼ぼくの遊説が、いわゆる選挙演説とはまるで違っているのは、考えてみれば、当然のことかなと思います。
 なぜか。
 従来の政治家像とは真正面から違う生き方を、この6年のあいだ、一日も休まず致してきました。
 献金ゼロ、政治資金集めパーティゼロ、団体支持お断り、後援会無し、後援会長無し、地元をつくらず、そして完全無派閥にて、利益誘導を一切せず、選挙活動もせず、参院選が迫っても事前運動をせず、新しい法律や政策のためだけに動き続け、これまでに全くなかった議員集団の「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) を創建し代表を務めています。
 その6年に何を成し遂げたかを遊説でみなさんに報告したうえで、生み出した日本政治の変化を、さらに確かな改新にしていくために、1期6年で去って自由になる計画をやめ、再び参院選の全国比例 ( 正式には比例代表 ) に立候補しています。
 1期6年で去る考えだったのは、悪しき職業政治家にならないためです。
 まさしく悪しき、従来型の職業政治家にならなかった6年でした。
 その道を歩き続けるのですから、今回の遊説も、選挙のための演説でないのは、自然なことです。

▼きょう7月1日金曜、参院選10日目は、以下のように遊説します。

11:00 
JR静岡駅南口

13:00 
JR浜松駅北口

16:00 
名古屋市の大須商店街 ※練り歩き ( 本町通りコメ兵ビル前スタート )

17:00 
オアシス21 ( 名古屋の栄 )

19:00 
JR名古屋駅桜通口

★終日、youtubeでライブ放送をします。ここでご覧になれます。






 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ