On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-04-15 17:38:04
Comments (3)

日々の歩みのなかで・・・  (★大切なことを書き加えました)

・・・独立講演会でしかみんな、みなさんに話せないこと、話しておくべきことが、生まれては消え、消えては生まれます。
 だからどんなに日程がタイトでも、たゆまず独立講演会を毎月に一回、必ず、開いてきました。
 今回も同じです。
 令和の時代がいよいよほんとうに始まって十日ほどの、そのタイミングでしか伝えられないことをお伝えし、質問にお答えしていきます。
 主なポイントは、消費増税をめぐる最後の決断、拉致被害者の救出のために隠された意味の込められた総理と官房長官の訪米の、その結果、そして皇位継承を安定させるための決断の行方です。
 

第89回 独立講演会@東京 (2019年 5月11日 : 4月16日(火)正午まで、お申し込み受付中!)

講演日 2019年5月11日(土) 15時00分~19時30分 予定

【講演内容】危機は好機、しかし意図して祖国とアジアの好機に変えねばならない。そこを一緒に考えよう その2
【会場】よみうりホール(指定席) 読売会館7階
東京都千代田区有楽町1-11-1 こちらをご覧ください。
【受講料】一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
【応募】 2019年4月16日(火)正午〆切 下のボタンを押し、そこに質問も書いてください 
             
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

走行税【良い風呂の日に産まれて】
2019-04-15 23:40:06
もしかしてコレ財務省が消費増税凍結するなら
こっちやるぞと安倍さんに脅しかけてきたってことでしょうか...

にしても財務省はどこまで狡猾なんでしょう...

国民から搾り取る事しか考えてない

まるで高学歴893ですね
やり方が特殊詐欺みたいで汚いです

財務省に入省する方には民の竈の話が含まれている日本書紀必読にすべきですね
当選しますように!【いわいひろまさ】
2019-04-15 20:18:14
独立講演会に応募しました。どうか当選しますように。
刻一刻と、様々な問題が湧いては消え、湧いては巨大化し、自分自身のなかでなかなか消化しきれていません。
そんな時に、独立講演会で青山さんの話を聞くと、考えるべき問題の優先順位が明確になります。
今からワクワクです。当選すればですが…
今回は、色々聞いています。【久木田正文】
2019-04-15 19:28:44
昨日は雨の中、大阪府大東市にお越しいただき、またお忙しい中私の話に耳を傾けていただきましたことをお礼申し上げます。
さて、大阪府12区の補選に際して、今回は、気になる候補者または、スタッフに話を聞いております。
感じたことは、スタッフの勉強不足と複数の違う政党が相乗りすることの意味が理解されていない、はっきり言って「安倍」を下すためなら何でもする。
今朝、虎の門で青山さんが仰っていた東大に入って抜け殻になるより、目の奥に不安を持つ学生は期待できるとの話、今の烏合の衆が「安倍下ろし」に成功したとき果たして何が彼等に残っているのか。
パンドラの箱のごとく「不安」という「希望」が彼等には感じられませんでした。
何の為の選挙戦を戦っているのか。政策で競い合う選挙戦を聞いてみたいものです。
因みに、青山さんにお会いしてから、陸上自衛隊中部方面音楽隊のコンサートに行ってきました。会場は中之島中央公会堂、大正時代に造られた建物は世界に追い着こうとした日本人の気概が感じられる良い建物です。音楽隊の曲もそれに劣らず素晴らしい物でした。この気概、多くの議員諸氏にも分ってほしいと思った雨の帰り道でした。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ