On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-07-12 04:35:07
Comments (15)

報われざる民の声   (すこし推敲し、書き加えました)

▼選挙が始まるまえ、自由民主党のあるひとが、ぼくのところへやって来た。
 3年前、突然に出馬することになったとき、初めて会ったひとである。
 以来、良心派であり、同時に現実派である人物としてぼくは深く信頼し、折に触れ意見を交換している。
「青山さんはセンセイになっても、3年前の出馬前と変わりませんねぇ」と仰るこのひとは「3年のあいだ議員をやってこられて、いま、いちばん何を思いますか」と静かに聴かれた。
 ぼくは即、「政権も党も、民の声を聴け、ということです」と応え「消費増税にずっと反対しています」と答えた。

 このひとは頷き、こう言った。「街中を歩いていて、思うんです。党は、ふつうの人の声をほんとうに聴いているのかと。それを忘れているんじゃないかと」
 ぼくは、おのれがなぜこのひとを信じているか、その理由がひとつ分かる気がした。

 民にもさまざまに違う声がある。
 そのすべてを実現することはできない。選挙だからといって、その振りをするのは、偽善であり嘘であり、保身である。
 民の声もまた、たがいに矛盾し、ぶつかり合ってもいるからだ。すべてを聴くことができるのは天だけである。
 
 しかし、報われざる民の声、そこに立たざれば日本の政、まつりごとにあらず。
 神ならざる身のわれら、その謙虚、大胆な謙虚、Modesty to Dare だけは喪ってはならない。
 この謙虚ぶりを実現するためには、死すことも辞さない姿勢を保たねばならない。それが保守である。

▼この人物も今、選挙戦のさなかにいて、西日本の選挙の現場にいる。
 やがて会いに行く。
 産声 ( うぶごえ ) をあげたばかりの「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) のひとりとして、また、代表幹事として。

                         運命の投開票まで、あと、ここのかの7月12日金曜、早朝。



 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

私よりも公に生きること【2児のママ】
2019-07-15 11:08:57
いつも虎ノ門ニュース拝見しております。
またネット番組で青山さんのお話を聞いており、3年前での参院選では
一票投じさせていただきました。

こちらのブログではコメントにすべてお目通しをされているとお聞きしたので、
一人の国民(40代、自営業、二児子育て中)の思うことを、勝手に書かせていただければと思います。

青山さんが日頃「公のために生きること」をおっしゃられていて、それは見ていても
とてもよく分かります。議員になられてお身体もギリギリのところでいらっしゃるでしょうが、むしろ元気になられているということ。

15日の虎ノ門で、「若い頃に自分のやりたいことだけやる生き方をやめた」との一言が、子育てでバタバタしながら観ている中で、ピンと来たことがあります。

私達、昭和50年台の生まれはまさに戦後世代の親に育てられました。
個人の自由や主張が大事とされ、公は二の次。そういう傾向があるのかと思います。

自分が豊かになるために…
自分が良い思いをするために…

そう思い走り続けた20代、30代がありました。
おかげさまで、二児にも恵まれ日々大変ながらもありがたく感じています。

けれど心の中でどこか空虚感があります。

今回の参院選にしても、正直増税を決行する安倍自民党には嫌気がさし、
色々とネットで調べてみました。
左派の野党はもはや論外なのですが、微妙に保守愛国にかする政党があり、そこが消費増税反対の立場を送っていると。つい流されたい気持ちがあります。

こんな時期の増税は論外と思う自分の心を、安倍自民に否定された気持ちがして
こういう心の動きになったのかなーと思いました。

ところがどこか冷静な自分もいるんですけどね(考えていた政党の国家観がイマイチ…)。

日々本当に仕事にも疲れていて…需要を促進する仕事をしているものの、自分の力不足(仕事と育児の両立もできないとか)を感じ、本当に生きていてツライんです。
売上も下がる中、ここで消費増税とかなると不安以外の何者でもない。

幸せなはずなのに満たされない…
そんな気持ちで日々生きています。

青山議員のブログを汚すことは申し訳ないのですが、ちょうど私達の世代に
この…
「公のために生きる」
ということばを投げかけられている青山さんに、なにか一つ感じることがあり
コメントさせていただきました。

ちなみに国のためには3人目…と感じますが、不妊治療にもいかんせんお金がかかるなか、増税は本当にキツイです!(30万なら3万円が消費税!)

このあたりは本当に何とかならないんですかね。
私ごとだけでなく、国民ごととして…

そんなぼやきもしましたが、どうかお身体お気をつけてくださいませ。

うまくまとまらずでしたが、なにか気持ちをお伝えしたかったので、初めてコメント致しました。
自民党・消費税について【もり】
2019-07-15 09:51:22
青山さんは消費税に反対していらっしゃいます。
経済についてもご理解されていて青山さんのおっしゃることは全く正しいと思います。しかし、自民党は基本的に増税路線であり、PB黒字化も撤回していません。

今自民党に投票すれば、自民党は、増税することが国民に容認されたと判断し、より増税に邁進するのではないでしょうか。
保守の旗を掲げて日本を滅ぼす、自民党・自民党議員には投票できません。
声といえば防災無線【いっぬ】
2019-07-13 00:51:35
いいかげんアメリカの Weather Radio みたいなシステムは作れないのでしょうか。
アナログの安価な受信機なので、個人が通販で気軽に買うことができます。
実際、日本でも、防災無線がアナログ無線だった数年前は「防災ラジオ」とかいって6千円程度の受信機が売られていました。

たぶん、総務省は「周波数がひっ迫している」なんて言うかもしれませんが、それは詭弁です。
まったく普及してないマルチメディア放送で10MHz近くの帯域が無駄になってます。
一方、Weather Radio は25kHzステップで7ch、200kHz程度です。
大いなる落胆失望【重政泰之】
2019-07-12 18:44:15
消費増税の強行。何故なのか?いくら考えても納得がいきません。景気その他悪影響は多々あるのに、なんでわからないのか。納得がいきません。わかっているのに財務官僚たちに配慮したのか。そうであれば許せない気持ちです。自民党に入れる気持ちになりません。以上
安倍政権を応援します【あつ姫】
2019-07-12 18:17:50
青山議員 いつもありがとうございます。

わたくし50代の主婦です。学校では「日本の憲法は平和憲法で戦争放棄をしていて

素晴らしいんだ」と教わりふーんそーなんだと信じて大きくなりました。景気は良く

なったり悪くなったりしつつも私達の暮らしぶりがとても変化し豊かになっていきま

した。政治のことはずっと誰かにお任せで真面目に考えたいと思った記憶がありませ

ん。私だけが特別ではないと思います。た ぶ ん。

参院選を前に各党首が様々な党首討論会で述べました。その中で安倍総理が、『北朝

鮮の拉致問題について国会議員になって25年間ずっと関わってきた。しかし拉致被害

者の方々を取り戻せていないんだ。痛恨の極みだ』と仰いました。その時の総理の表

情はとても打ちひしがれていて、総理大臣としてそこにいるのではなくて一人の孤独

な安倍晋三さんでした。青山さんがずっと仰ってこられた「国家、国民を護ることが

一字も書かれていない日本の憲法」を前に九条をカエナクテハ、戦後レジュームから

脱却しなくては、と強く思われたに違いありません。日本で一番偉い(ヒトニヨリマス

ガ)総理大臣をもってしても、相手が拉致を認めているにもかかわらず、世界の民主主

義の国々もこのことを知っているのに取 り 戻 せ な い。

先日、BS放送の毎日やってる報道番組に朝鮮しんぽうの記者が出演されていました。

堂々と自国の主張をされているのを視聴して日本人がかの国の、政治に携わる人達

に太刀打ちするには大変厳しいものがあることが想像できました。国民が飢えて死ん

でいるのに平気なのですから。日本の、交渉を真摯にされてきた方々のご苦労はいか

ばかりでしょうか。

それでも、世の中は少しずつ変化してきています。

総理が参院選の争点の一つが憲法改正だ、と言いました。もう憲法改正はタブーでは

なくなってきているように感じます。同じくG20の日中会談で総理は習近平主席を前に

静かに仰いました。(私の記憶では)日本は令和(有史以来初めて日本の書物由来そして

ビューティフルハーモニー!)の時代を新しく迎えてこうしてあなたとお会いできてう

れしいですと。

習主席は今まで繰り返してきた歴史問題に今回は触れなかったそうです。拉致問題に

ついても、安倍総理の言葉を習主席が金正恩氏に伝えたそうです。(メッセンジャーを

務めてくださった)

私も消費税増税には、反対です。むしろ5%に減税すればどんだけ景気が良くなるか

と思います。その方が結局商いが増えて税収が増すのでは?と。

おそらく政治は多くの人と合意しながら一致点を見つけて、現実的に行われていく

のでしょう。巨大な権力を持っている財務省に反対して増税をやめるのは総理大臣と

いえども非常に大きなエネルギがいるのでしょう。野党は、増税反対と公約してます

が、野党に票を入れて増税阻止できるのでしょうか!!!


以上のことから考えて安倍政権を応援したいと思います。もちろん総理が生みの親で

ある青山議員もです。よろしくお願い致します。ご無事をお祈りしています。
参院選【宮本(おおさか)】
2019-07-12 16:38:34
今日期日前投票に行って来ました。青山さんが護る会の名簿を公表して下さったので熟考して投票出来ました。ありがとうございます。ブログの「報われざる民の声」は心に沁みました。我が家の主人は(定年10か月程前に)グレーゾーンの配置転換で退職を余儀なくされ求職活動中です。職安や介護の資格講習の学校でも判で押した様に「高齢者の求人はあっても契約社員かパートです」と言われます。(人手不足で大勢の外国人材の受け入れをしている介護業界でも)働く意欲のある高齢者が求職にしんどい思いをしています。ブログを拝読して国民に寄り添って行動してくださる事がうれしく勇気づけられ涙がでそうになりました。感謝いたします。
一民の声【pearl24】
2019-07-12 13:55:23
青山さん、こんにちは。

この忙しい時に何度もコメントしてすみません。
今朝このエントリーを拝読して、今の気持ちを伝えたいと思い書いてます。

昨日の「日本人の人口が前年から43万3239人減った」という記事に背筋が凍りました。
はやぶさ2の素晴らしいニュースをもってしても、この戦慄はおさまりません。

日本の人口減少を食い止めるためには、デフレの脱却・東京一極集中の解消、引きこもりの方々への就労支援、教育の見直し等々、日本の足腰を強固にして国民全体で対処していかなければならない問題が山積しています。

教育の無償化等、そんな小手先の施策ではとうてい及びもつかない問題です。

皇室の存続とそしてその国体をもとに続いてきた日本を次世代の子どもたちに引き継いでいくために、根本をもっと真剣にそして早急に考えていかなければならない。

これが一民の声です。
届かない民の声【小西直彦】
2019-07-12 13:52:15
青山繁晴さま、お疲れ様です。
議員の大切なお時間とお庭を拝借するのをお許しください。
今朝、twitterを見ていると、自民党のプロモーションツイートと動画が流れていました。
安倍総理が『世界の真ん中で…強い外交力を活かして…国益を守る』という内容のものでした(不正確です)。
その言葉は、虚しさしか感じませんでした。
選挙対策用もので、プロが考えられたベストのキーワードなのかもしれませんが。
今、声の届かない国民は外交よりも、10月以後の消費増税に強い関心と、最低でも凍結を望んでるのにと、憤りを通り越し、決定事項だから実行する事にアホらしさに包まれています。

しかし、護る会の公開可名簿の発表、パブリックコメントの賛成多数。先日の七夕サイン会でぎい〜んと握手してそのごつい手から頂いた強い意志。『最後まで諦めない』『一致点を見出す』『大胆にかつ謙虚な姿勢』を心に刻み、護る会の改選メンバー8人の当選を目指し、twitterなどで拡散、応援する所存です。
参院選【無名】
2019-07-12 13:17:30
毎日、日本のためにありがとうございます。

今回の参院選、昔の知り合いが自民党から立候補しました。

昔の彼はお金にルーズでお世話になった方に迷惑をかける、
側にいる人間にはどうしようもない人なのに、外面だけはいい。

うーーーん、どうして自民党が彼を公認したのか。。。

議員さんは誠実でないといけないと思います。

青山さんのような。。。
自民党頑張ってや【O.kanako】
2019-07-12 09:34:50
おとなしい日本人

言わなくても察してもらえることを待っている日本人

でも、何も言わないことは、意見がないということに気付き始めた日本人

確実に民の意識と行動は良い方へ向かっていると感じます

あと半年で拉致された日本人の帰国を実現せねばなりません。今年こそは好機とあんなに盛り上がっていたんですから。
冷夏の中、戦いのさなかに【灰色うさぎ】
2019-07-12 09:24:04
青山さん

おはようございます。今朝も雨です。
天気予報は今夏が冷夏になる可能性を心配しておりました。
私も心配になって来ております。
庭に初夏が残ったまま、夏本番の近づく気配がいたしません。
異常気象がなくとも、冷夏は定期的に訪れます。
農家が心配ですし、冷夏は消費も冷え込みます。

このまま、消費税が上がってしまって良いものか、新たな心配が出てきたように思います。

参院選、護る会の名簿を見つつ、家族作戦会議です。
青山さんと護る会メンバーの議員の皆様の奮闘を見守りつつ、必勝を祈っております。
参院選【NT】
2019-07-12 08:57:53
残念ながら自民党に票を入れる事は致しません。
適切か否かわかりませんが、安倍首相の選択を医療行為に例えるならば、今回の消費増税は結核患者に免疫抑制剤を投与する様なものです。
医師国家試験で言えば禁忌肢に当たります。これを踏んでしまえば如何に手術が上手かろうと不合格です。防衛産業に心配りがあろうと、外国の首相と中が良かろうと関係ありません。どちらかを選ぶ事は出来ない問題です。
しかも安倍首相はその意味を分かっていてやっている節がある。過去に一度増税で失敗し、内閣官房参与に起用した藤井聡教授辺りからも散々説明は受けているはず。
分からずにやるなら不合格で済みますが、知った上で財務省の言いなりになるなら、製薬会社から裏金を貰って不適切な薬を処方する様なものであり、逮捕される案件です。
国民に刃物を突きつけ首を切るか胸を刺すか選ばせる様な政権に投票するのは不健全に過ぎると判断いたします。
ただ野党がどうかと言えばそ医者に例えるとそもそも
医師免許を持っているのか怪しい人ばかり。政治について真剣に考えて来なかった国民自身にそのツケが回ってきているのでしょうね。
初めて白紙票を入れる事になるかも知れません。
青山さん、秘書様お疲れさまです‼【あの増税賛成大コールの中で】
2019-07-12 08:36:04
増税反対、こういう時の頼りになる左派の御客様。
横浜市は左派が普通❔と言う位、左派思想が多いように見えています。
正義感強く、高学歴で、セレブな奥様達は週刊誌も読まず、「自民党はー」と御話して下さるのですが、身近な社会問題にも熱心です。

この方々も増税やむなし、賛成。

朝日新聞を読み、NHKを欠かさず見過ぎでしょうか・・。

先日、
青山さんが入った応援演説会で、
「消費税は増税して地元に回ってくる、福祉も良くなる」の大合唱を
多分、生まれて初めて耳にして、
「え⁈消費税って地域の道路になんか回るの❔」と不安になりました。

しかしそんな増税歓迎の空気の中、
いつものでっかい声で青山さんが
「僕は消費増税には反対ですー⁈」と声を張り上げた。

民衆は「シーン」

この反応にも驚愕しましたが
私達3名は
負けずに日章旗を振って大拍手で応戦しました。

あの空気。
見えない大きな闇を垣間見たような気持ちです。

青山さんと護る会の先生方の志を少しでも後押し出来るよう、
私達庶民も連携して頑張って行きます。
日本のかたち・・・【くるるん】
2019-07-12 08:08:05
愛猫の病院の先生が、朝早くから待っている私たちのために、丸イスを用意してくれました。
私たちはわいわい言いながら、先生に感謝し、ゆったり座りながら、開院を待つことができました。

先生の病院には、持ち込まれた様々な動物がいます。
犬、ねこはもちろん、鳩、たぬき、烏骨鶏、病院のうらには大量の金魚。
毎朝、先生は、それらの動物たちにえさをやり、うんこやおしっこの世話をします。
一連の世話が終わってから、開院します。
だから、掲げてある開院時間はあって無きがごとし。
軽く40分は遅れます。


でも、みんな黙って待っています。
文句を言う人はいません。
先生が動物が好き、そういう先生だとよく知っているからです。
動物が好きだから、私たちの家族にも親身になってくれると知っているからです。

時間のない先生の病院は、正直きれいとはおせじにも言えません。
玄関もクモの巣だらけ。
玄関マットもきたない。

ある日、クモの巣がきれいに取り払われ、マットが新しくなっていました。
びっくりしていると、「誰かやってくれたんだねー」と常連さん。
「私も気になっていたんだけどね。」と。
ぼうぼうにしげっていた雑草もきれいに抜かれていました。

開院になり、みんなでイスを重ねて、玄関内にかたずけました。
薬のみの人を先に譲り、順序良く待ちます。
その間も和気あいあい、待合室から外まで笑い声が絶えません。


もしすると、欧米では、自分はお金を払って病気を診てもらいに来ている。
病院を清潔に保つのは、病院側の責任であり、我々患者は関係ない。
と、考えるかもしれないなと思いました。

ここでは、みんなが忙しい先生を気遣い、食糧をさしいれたり、
「ちゃんと寝てる?先生」とか、
「ご飯はたべなきゃだめだよー」
と言葉をかけます。
そのたびに先生は苦笑い。


そんな毎日をおくるうち、ふと、これが日本の根幹ではないか。
日本の国と民の安寧を祈る天皇を中心に、万民が天皇を支える。
それが、日本の民主主義ではないかと。

よそから与えられたイデオロギーとしての民主主義ではなく、
自主的に獲得してきた日本の民主主義だと思うのです。

だれが命令し、統治するのではなく、自分たちの生活は自分たちで作って行く。
天と地に安寧と感謝を祈る天皇を中心に作り上げられてきた日本のかたち。

今、私は動物病院の玄関先で、それを実感しています。


青山さん、ありがとうございます。
憂う選挙【LOTUS FAN】
2019-07-12 08:02:20
いつも国民の為に必要な情報を発信頂きありがとうございます。
今回の参院選、与野党の品の無いジョークやヤジが目立ちます。

国民が聞きたいのは「政策」であり、候補者がどのようなビジョンを持っているのかを知る機会において、悪口やジョークが目立つ事にうんざりしています。

報道にも責任があり、そのような行為をクローズアップして伝えているので、レベルの低い選挙?にならなければと思っています。

このような、自分が投票するべき人を選ぶのが難しい時こそ、日本の将来を自分なりに考えてベストの投票をしたいと考えます。

その為に、青山さんの発信は貴重な「生きた情報」になります。
大変お忙しいと思いますが、発信を心待ちにしております。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ