On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-09-21 11:23:59
Comments (12)

いただいたコメントの公開、非公開をめぐって

▼みんな、みなさんが気持ちや願い、お考えを込めて誠実に書かれたコメントは、丁寧に読んで、非公開希望の方を分類しているのですが、たまにいろいろな間違いをおかします。
 正直、この膨大な作業に時間を掛けすぎるわけにいかないからかなぁとは思いますが、それも含めて、すべてぼくの責任です。
 当然ながら、間違いにお気づきになったら、急ぎ、教えてくだされば助かります。

 非公開希望の方のなかでも、絶対に公開してはいけない理由があるひとについては、特に丁寧に仕分けています。
 これに関しては間違いは無かったつもりなのですが・・・。

▼あと、最近、すこし出てしまっている間違いがあります。
 このエントリーを書く最大の理由は実はそこにあります。

 非公開希望ではなく、しかも誹謗中傷などではない、公開すべきコメントを間違って削除してしまうことがあります。稀ですが、「絶対にゼロ」とは言えません。
 非公開希望の方のコメントでも、削除しないで、あとで参照することができるよう保存に努力しています。
 なかでもぼくのが知悉しない事情や隠された事実、それは地域から企業内や組織内、家庭内など多岐にわたりますが、とても切実な情報提供ですから、このブログの外に作ってある保存用の場所に取り分けて保存します。

 だから削除するのは、削除しなければならない理由がある場合に限られるのですが、非常に眠いときなどに、間違ったケースがありました。
 あっと、気づきますが、いったん削除すると復活できないのです。

▼ただ、この地味ブログは不肖ぼくの個人の庭ですね。
 読むべきコメントはじっくり読んでいますから、仮に公開していなくても、あるいは稀に間違って削除してしまっても、ぼくの胸には必ず、届いています。
 そこは、どうか安心なさってください。

▼これに関連して、このブログを利用、利用という言葉がきつければ活用なさって、ご自分の見解を長文にて述べられる方もいらっしゃいます。
 掲示板より効率的というお考えなのかも知れませんが、これは恐縮至極ながら公開できないです。
 公開はできないですが、前述したように、ぼくの頭には必ず入れています。
「いや、沢山の人に読んでほしいのだ」という方は、どうぞ、掲示板をはじめ適切な場所へ投稿なさってくださるよう伏してお願いします。

▼こういう方の超長文コメントでも、ぼく自身は前述のように、必ずすべて読んでいます。

▼仕事のために睡眠時間を極端に削るのをやめて、仕事を削りますと、この地味ブログを通じてみんなに約束し、四苦八苦ではありますが実行中、試行中です。
 だから、上記の非常な手間を考えれば、コメント欄の閉鎖がいちばん有効なのですが、それでは、届くべき声がぼくに届かなくなると思います。
 議員で居るあいだも、ひとりの物書きに戻ったあとも、それは死なない限りは変わりませぬ。

▼いちばん申しあげたいのは、「なぜ、自分の書き込みが公開されないのだろう」、「何か問題があったのだろうか」と決して悩まないでくださいね、ということなのです。
 ぼくは、前述のようなお馬鹿もやっているわけですから、あ、またやったのかなとお考えくだされば、凄くうれしいです。
 そして、めげずにまたコメントをください。
 いつも待っています。
 どんなに〆切に追い込まれていても、何が切迫していても、パソコンを立ち上げるとまず、みなさんのコメントを見るのですよ。
 だって、仕事が苦しければ苦しいほど、みなさんの純なコメントにこそヒントがいっぱい詰まっていますから。
 いつも、助けてもらっています。


★独立講演会が、多くの人にとっていちばん便利な、東京に戻ってきます。
 ここです。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

原発処理水の処理について【松原保夫】
2019-09-24 22:55:13
初めてコメントします。
毎回とら八でご意見をお伺いし、目からウロコの落ちる思いです。
こういう場所で関係のないコメントと思われるかもしれませんが、
私は、福島原発の処理水がどうなるか心配しています。
光で水を気化させる「酸化チタンのナノ粒子で蒸発させる」というのはどうでしょうか。
素人ですが、青山さんのご意見をいただければと思います。
要は日本の新しい技術で難問を解決してほしいということです。
URLはだめということですので検索していただければと思います。

すでに、ご存知でだめだと言われたら、
お手間をおかけしごめんなさいですが。
易きに流れているかも【難波】
2019-09-22 18:34:05
たまにコメントを書き込ませて貰っています。これまで公開されなかったことはありませんが、「これって純粋に記事への感想というより持論開陳寄りになってるな、ちょっと申し訳ないな」という躊躇いはいつもあります。ただし自説を多くの目に触れさせたいがためにこの場を利用しているのではありません。自分にとって興味がある人物、青山繁晴という人に一対一で対等に話しかけているつもりです。本当はしかし、青山さんに触発された思いなどを直接青山さんにぶつけ返すより、自分の発信の場を確立して、また他に広げていくべきなのでしょうね。
コメント【岡部 靖】
2019-09-22 17:18:01
青山繁晴様

まいにちお忙しい中、読者のコメントをお読みいただきありがとうございます。

3回目の投稿です。

青山さんがコメントに目を通していただいていると思うとなんだか非常にこころがうれしくなります。

恐れ多いですが勝手ながら青山さんと繫がっていると思うことにしています。

コメントには誹謗、中傷も多いと聞いています。

事あるごとに机の上の日めくりの、まいにち哲学 で勇気づけられてます。

これからもよろしくお願いいたします。

お身体にはどうかご自愛ください。
青山さん。。。。【林よしえ】
2019-09-21 19:53:42
こちらは青山さんのお庭でございましょう。

青山さんのご発言の長文でしたら、
どんなに長くても、楽しく嬉しく拝読いたしております。。
(長いコメントの方々のは、、すみません読みません、、、)


政治のお話しだけでなくても、
青山さんご自身の昔のお話しや、
今、青山さんがご興味おありになられるお話し、等々、
を、こちらのお庭で、
拝読いたすのは、とても嬉しいことでございます。


お忙しいお時間の中、全てのコメントをお読み下さって、
青山さんとしては色々と、
ご苦労もおありになられる事でございましょうが、
これからも、たくさん、
お教えくださいますよう。。。。
宜しくお願い申し上げます。。


そして、そして、
ご自愛くださらない!?青山さんでいらっしゃるでしょうが、
ちょぴっとだけでも、
お休みくださいませね~。。。
ガウス分布【焼肉マン】
2019-09-21 18:19:19
先日デンマーク女王が自らの手で除幕した、南京で日本軍から中国人を救ったという"あり得ないでしょ英雄"の式典。デンマーク大使に向井敏明少尉の辞世を添えて、そもそも南京事件が捏造であることをメールで訴えましたが、自動返信された個人情報の免責事項のメールしか来ません。BBCも同じです。レベル感は違いますが、青山さんがNHKに無きものとされた時のやるせなさが少し分かった気がします。大使宛にメールした内容は青山さんブログに投稿し、載せて頂きました。青山さんに集う声なき声は、自分を含めて青山さんに多分に救われていると思います。斯様に気遣って頂けるのは申し訳ないです。昼寝をする時間が有る中でやっていますので。。

憲法9条は、自民党案として採択された青山さんの自衛権行使を妨げないと文面を、安倍さんは複数回無視しました。必要な文言であることは何より安倍さんもご理解されている筈。その時は選挙前で深謀遠慮もあったのでしょう。選挙もなされ憲法改正に向けて時期は熟したと仰っているなら、この期に及んで取り上げないのは自殺行為に近いと思います。マスコミはガウス分布の両端の少数派の意見を一般化して伝えますので、仮に「自衛権の行使を妨げないを支持しない」が世論調査で過大に現れたとしても自らの生存を否定する国民はおらず、青山案支持が国民大多数の意見であることは間違いありません。よもやそのことが理解できない総理とは思っていません(内心少し心配では有りますが)。
前にも言ったけど・・・。【どんくさお】
2019-09-21 17:51:31
本当に長文を書き込む方はなにを考えているのか?

ここは仰るように青山さんの庭です。

もっと簡潔に纏めて書けないものなのでしょうか?

長文のコメントを目をするた度にうんざりあします。
どっちとるの【リッキー】
2019-09-21 17:03:21
青山先生お疲れ様です。独立講演会 I N大坂、参加致します。久しぶりです。僕の小さな脳みそのひだに、青山先生の魂の叫びを焼け付けたいと思います。よろしくお願いします、さて、私事ですが、僕の嫁が左の足首を骨折してしまい大変です、家事に対する僕の仕事の割合が、安倍政権の支持率と同じぐらいになりました、それを振り切ってでも I N大坂には参加致します。もし嫁が、私と青山先生とどっちとるの、と言ってきても 青山先生に決まってるやろ、と即答します。
ひためん【sakiko】
2019-09-21 16:26:05
 私は自分の存在が、このブログの中で、青山さんの庭の片隅を借りながらも、
生身のひとりのにんげんとして生きて、声を出していることに、大きな意味を見出しています。
青山さんに合わせようとしているのではなく、自分の魂を高めるひとつの場として考えています。
他者に迎合したり、人気であれば何でもいいと混ざってみたり、そういう多数主義ではありません。
書きながら、書き続けることで、自分の知識の乏しさに気づいたり、辻褄の合わない文体を反省してみたりしています。

 青山さんはそれを添削もしませんし、点数もつけません。
ですが私は、採用された自分のコメントを見返して、ああ、前後の投稿者の方に挟まるとこういう見え方になったなあ、などと毎回コメントを一歩引いて眺めて、自分なりに解釈します。私にとってこの場は、先生不在の寺子屋の自習室みたいなものです。やったものを提出するのみです。自分自身がそう思っています。

 人の庭で勝手に何してるんだ、と怒られそうですが、この庭に無尽蔵に撒かれている種を見逃すわけにはいきません。その、思考の種から成る実を摂り続けることが、この日本と世界を真ん中に戻す力のひと粒になると、わたしには信じられるからです。
 過去に採用されなかったコメントが、もしかしてまだ保存されてるのかもと思うと、正直めちゃ恥ずかしいですし、それは絶対青山さんに読み返してほしく無いなあ、って思えるコメントだったりして、自分の手元に残してある不採用だったコメントをもう一度読み返す勇気は、わたしにはまだ全然無いのです。あはは。
すべては「人間観」に帰着し、キーワードは「信頼」【安野 一】
2019-09-21 16:17:16
青山さんと出会ってこの3年、いろんなことを感じてきました。
私にとって、未踏の地に誘って下さったのは、青山さんです。
恐らく、青山さんを知らなかったら、好きなアコギの弾き語りを続けて
下手くそなライブ三昧だったように思います。でも、持病のCOPDが酷くなり、
通常歩行ですら息切れが酷くなっていますが、生きるために働いています。
この病気でやってはいけない物流倉庫での仕事も続けています。
歌うことも出来なくなり、ネット三昧の時に青山さんと出会いました。
青山さんとの出会いは衝撃!でした。
それから、「政治経済」「軍事」「国際関係」等々、まだまだ浅く
薄っぺらい勉強でしかありませんが、いろんな人のいろんな本を読み
感じたことは、すべては「人間観」に帰着し、大切なキーワードは
「信頼」だということです。学べて良かった、と思っています。
さらに、この学びを深め、より詳しく具体的に「事実」を掴みたいと考えて
います。青山さんは、私にとって「よき先達」であり「頼もしい3つ上の兄貴」
です。今後とも、思いのままの発信をお願い致します。
(次の大阪での独立講演会、参加致します。)
本当の日本を取り戻したいナー
毎度おなじみ過去への痛切な反省について【佐々木隆志】
2019-09-21 15:00:27
いつも国益の為のご尽力大変感謝しております。
日本の尊厳を護る為「過去への謝罪」という嘘の歴史への謝罪はもう絶対止めるべきです。そもそも日本の歴代総理が語る過去に対する痛切な反省って具体的に歴史のどの事象を指してるんでしょうか?過去を今の価値観に照らし合わせて判断したとしても、日本自ら反省なんて話があべこべです。反省すべきは「欲望」でアジア諸国を侵略した西欧諸国であり、それと戦った日本の先人達を誇るべきだと思います。西欧列強国の「欲望」による侵略によってアジアの国々が次々と侵略され最後に残ったアジアの小国である日本が自国防衛と人種差別撤廃を掲げアジアの解放の為に立ち上がり戦った。戦争で日本は負けたがその後アジアの国々に独立気運が高まり在留日本兵が指導し現地に軍隊を創設、共に戦い多くの国々が独立を勝ち取りやがて西欧諸国による植民地支配の歴史を終わらせました。
日本が戦わなかったらアジアはさらに長きに渡り西欧勢力の支配下で植民地のままだったと思います。日本が西欧列強国と戦っていなければ支那大陸もこれらの国に分割統治され現在の中国は存在してるかどうか。ロシアに狙われていた朝鮮も弱すぎて日本の手厚い保護(統治)が無ければとっくにロシア領で韓国も存在してるかどうか。日本の過去の歴史でいちゃもんを付けて来る韓国など真実の歴史を知れば日本には大恩があり感謝すべき存在のハズ、アジアの多くの国々が親日であるのは正しい歴史を知っているからですよね。

外交面においても日本は尊厳の為に嘘の歴史には些細な事であっても必ず反論すべきです。ラブロフ外相は北方領土は戦利品などと恥じる事無く嘘の歴史を語っていましたがその場で反論したんでしょうか?その場の空気を繕う妥協が後の外交に多大な影響を与えます、あの場では無言で席を立って退室すべきでした。歴史修正主義?中国韓国ロシアこそ歴史創作主義であり「歴史修正主義と言える証拠を示せ」で良いと思います。70年以上ひたすら嘘の歴史による自虐史観に囚われしかも年を重ねるにつれ事態が悪化していく現状が心配です。
自分に出来る事としてテレビで植民地支配とか侵略戦争とか虚偽の歴史が語られ訂正や反論が見られない場合、番組についてのご意見でコメントしています。BSプライムニュースと地上波ザプライムのみですが反町氏と松山氏のメインキャスター宛てにです、ささやかでは有りますが。
仕様変更はいかがでしょうか【いし】
2019-09-21 12:51:53
手作業が難しいことは様々な仕事において感じることだと思います。
非公開云々については、私は手作業ではなく仕様でできなくする方式に変えることも一つの手かなと感じます。
以前からそのような話が度々ありますので、このブログのシステムで可能であればそのような仕様にすることもご検討なさってはいかがでしょうか。
もしかしたら過去にご検討されたかもしれませんが、改めてお考えになるのも良いかと思います。
青山ぎーんが沢山のコメントをお読みいただいてるのは有権者として有難い限りです。ぜひ少しでも時間の有効活用を!
コメントの公開について【きよちゃん】
2019-09-21 12:24:29
「きよちゃんのコメント見ました」と良く青山支持者の皆様に仰って頂けます。
すごく有難いです、
でも反面、
私は青山さんに向けてメッセしているので複雑な気持ちです。

それから
すごく残念なことがあって、
いつも「コメントの文章が素晴らしいな~」
「この方に会ってみたいな」とずっと思っていた方が、
「青山さんにコメントを掲載して貰えなかった」等の不満で
いきなり立ち位置を変えられました。

本当にお会いして「コメント素晴らしいですね」と申し上げたかった方だったので、すごく残念に感じています。

青山さんの行動一字一句に不満を挙げてしまったら
青山さんを苦しめる、
一途に応援するしかない。

青山さんの睡眠をただただ願ってます笑

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ