On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-11 10:45:18
Comments (2)

ぎゃあ、間違えました ! 申し訳なく思います ! 叩頭して、お詫びします。

 終わったばかりの虎ノ門ニュース生放送 ( 11月11日月曜 ) で紹介した部会の写真が、同じ外交部会・外交調査会合同部会の写真ではあるのですが、ひとつまえの時のものを出してしまいました。
 基本的に、主な出席者や、会議の仕切り ( 首脳陣の顔ぶれなど ) は同じなのですが、違う写真は違う写真です。
 伏して、こゝろからお詫びします。

 ついでと言ってはいけませんが、ほかにふたつ間違いらしいことがあります。

 ひとつ。
 いただいた書き込みによると、独立講演会は渋滞に阻まれて一度、開始が遅れたことがあるとのことです。
 正直、忘れていました。
 たいへんに失礼しました。
 渋滞があっても決して遅れないように誠心誠意、努めます。

 ふたつ。
 近畿大学経済学部の特別講義は、受講されている社会人のかたによると、1年に1回ではなく、2回だそうです。
 一度切りになってしまったな、残念だなと思っていました。
 間違えて申し訳ない。
 ただ、1回でなく2回なら、うれしいです。

 なお、自由民主党女性局の女性局長代理は男性初でないのではないかという指摘を頂いたので、女性局の事務方に確認しました。男性初という説明を、事務方から繰り返し、受けているからです。
 事務方によると、「参議院で男性初というのがより正確です」ということです。
 女性局の局長代理は、衆参両院からそれぞれ1人づつ輩出します。衆議院では男性の女性局長代理が出ているそうです。 ( 現在の衆議院側の女性局長代理は、女性です )
 女性局の事務方のかたがたは「青山さんの居る参議院では確かに男性初ですから、訂正の必要はありません」と仰っています。
 それはそうなのでしょうが、ぼく個人としては、より正確にしておきたいです。正しくは「参院としては男性初」です。
 問い合わせてこられた方に、感謝します。そして、間違いではないかとご心配をかけたことをお詫びします。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

良い【亀戸】
2019-11-11 20:41:47
こんにちは。
男性初、の件はネット上で沢山指摘されていたことで、ほかにも指摘があり、私も不信感を持っておりました。
それをこのように、認識違いだったとはいえ謝って訂正できること、本当に素晴らしいと思います。保守の評論家で、いわゆるサヨクについて、彼らは謝ったり訂正したら死ぬ病気なんだと揶揄するくせに、自分の間違いを謝って訂正することができない人が沢山います。これでは同じじゃないかと残念に思っていました。
今日の記事、素晴らしいことだと思いました。
恐れず発信して、恐れず訂正してもらいたいです。
応援しております。夜はちゃんと寝て下さい。
首里城について【shin-Z】
2019-11-11 11:18:19
日々国益の為にのみ活動されておられる青山さん、本当にありがとうございます。

本日、虎ノ門ニュース中で首里城に関するニュースを解説しておられましたが、気になる点がありましたのでメール致します。

「建物は世界遺産ではない件」
「琉球国当時の設計図等資料がない中で、中国よりの建築物となった件」についてふれておられなかったかと思います。

沖縄観光の為、または国益をご考慮の上のご判断かと思います。
しかし、国民に事実を伝えた上で本来の首里城を再建するほうが、最終的には沖縄の為になるのではないでしょうか。

生意気な意見かと思いますが、ご意見をお聞かせください。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ