On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-22 12:51:02
Comments (8)

感謝、大感謝

みなさんのなかから、こやり事務所に聞いてくださったひとが居て、下掲のようだそうです。

こやり事務所曰く・・・
お問い合わせにつきましては下記連絡先までお寄せください。


■滋賀事務所
〒520-0043 滋賀県大津市中央3丁目2-1 セザール大津森田ビル1F
Tel : 077-523-5048 Fax : 077-523-5107 

■国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館716号室
Tel : 03-6550-0716 Fax : 03-6551-0716


  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

大津でのご講演をお聴きしました。【だんちゃん】
2019-11-24 04:06:33
 昨日は、こやり隆史事務所の関係者のかたのおかげで会場内へ入ることができ、青山さんのお姿も拝見することができました。
 講演会のお話の中のひとつ、世界では、文系、理系の区別なく教育している、日本だけ分けて教育していると、仰っておられました。
 わたしの勝手な解釈なのですが、日頃、日常の生活を営むにあたり、どなたでも、文系理系と分けずに、両方を組み合わせた知識で、生活なさっていると思うのです。
 青山さんのお話をお聴きし、これからどのような時代が来るのかは想像がつきにくく、わかりませんが、それに対応できる教育が迫られているんだなぁと感じました。
 それから、北朝鮮と日本には時差がない、同時刻である北朝鮮という国に13才で拉致された横田めぐみさんのお話、お聴きするたびに、拉致されたかたがたに対し、何とも申し訳ない気持ちになります。
 だから、あきらめずに、憲法改正の必要性を自分以外のまわりのひとたちに話をする努力はしなければならないと思いました。
 それから、日本海側にあるメタンプルームのお話、日本の自前資源になるお話など、大事な事柄が、てんこ盛りで、あっという間に講演が終了した感があります。
 ご講演、本当にどうもありがとうございました。
 
何か譲歩があったのでは…【のらくろ】
2019-11-23 07:41:59
昨日、「GSOMIAの失効がギリギリで回避された」「政府は韓国の姿勢を評価している」などという報道がありました。
同時に「日韓の外務省の局長級協議を検討中」「日韓首脳会談を年内に」などという報道もありました。
何か隠された日本側の譲歩があったのではないかという懸念が頭から離れません。
本当にアメリカの強硬な圧力に屈した韓国がベタおりしただけなら良いのですが…
安部総理の歴代最長在席日数の記事をみて【濱田】
2019-11-23 00:27:45
青山さん、日々国益のために命を削られ行動してくださっていること、感謝申し上げます。

安部総理の憲政史上最長の総理大臣在席日数の記事をみまして、安部さんを支持する者として喜ばしく感じております。
しかし、この記事をみてから日がたつにつれ何とも言えない不安感が襲ってきました。
日本の歴史で1番長い間首相の席に就いている安部さんですら、日本が抱えている根本的なもんだいを解決することができていない現実が無言の圧力として、降りかかってきました。
憲法を、改正するどころか、改正を議論すらできていない現状。1番長く総理大臣をしている安部さんですらこの状況で、これから本当に憲法改正を進めていくことができるのでしょうか?

まだ、これから先、様々な動きがあると期待していますが、先を考えるほど深い闇に突き進むような不安を感じます。

現在の政治は、与党自民党を変えることも絶対に必要で青山さんが、あえて自民党から出馬した大きな一因だと思います。
それに、加えより重要だと思うのが野党の改革だと感じます。さくらを見る会のことよりも憲法審査会の話をしてほしいです。
野党の方々は安部総理を辞めさせることが目的になってますよね?
安部総理を辞めさせた後のことはお考えなのでしょうか?週刊紙の取材のような国会には希望を見いだせません。

青山さん方の日本の尊厳と国益を護る会の行った提言やアピールが、野党の皆様から出てくるようでないとダメですよね。護る会の、皆様の活動断固支持致します。野党に代わり政府の問題行動を正してください!

まともな野党が居ないと憲法改正もできませんもんね。野党改革にむけて、私もメールなどで微力ながら行動します。
GSOMIAについて【acky】
2019-11-22 23:45:38
青山さん、いつも応援して、
また、いつも青山さんの生き方をリスペクトしています!

韓国のGSOMIA延長について、質問させてください。
本日、韓国は延長を決めましたが、
日本政府側に「譲歩」はあったのでしょうか??

今日、様々なニュースを見ていると、
一定の譲歩があったかのような報道もされています。

青山さんからの正しい情報が知りたいです。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします!!
韓国もね~【スマイル】
2019-11-22 22:42:46
青山さん、いつも発信ありがとうございます❗

日本の良き伝統を護る為、青山ぎーんの頑張りが不可欠です❗期待してますよ❗

さて、ジーソミアのことです。

韓国の土壇場での方針転換には呆れましたね~

日本のホワイト国除外の撤回とジーソミア継続をリンクさせる無茶振りは経済に行き詰まる韓国の弱さを露呈してましたよね。

軍事情報の共有ということは韓国が北朝鮮へ情報漏洩する危険を覚悟することも意味しますよね。約束を平気で反故にする朝鮮人には不信がつきまといますね。

韓国の外交は大国間を行ったり、来たりの蝙蝠外交ですよね。今の韓国を見ていると、力を失った哀れなコウモリに見えてしまいますよ~

ホワイト国から外された戦略物資の横流しは韓国のモラルの無さをさらけ出しましたね。

このような信用出来ない韓国との付き合いは考えものですよね。

メディアはやたらと韓国贔屓なのは不思議ですよ~メディアには在日韓国人の方がたくさんいるのかと思ってしまいますね。

日本敗戦後、朝鮮人は日本人だったのに、日本を裏切り、戦勝国民を名乗って、日本国内で悪逆無道をはたらきましたからね。更に、今に至る歴史捏造により、日本を貶めてきましたよね。

日韓関係の未来はどうなりますかね?

日本人はかなり怒りが貯まっていると思いますね。

朝鮮人はよく考えた方が良いと思いますね。
GISOMIAと輸出管理強化【おっさん】
2019-11-22 18:38:21
韓国のGISOMIA終了撤回に対応するように,経済産業省が輸出管理の改善のための政策対話を韓国と実施する旨の発表がありました。
3年間拒否され続けていた政策対話を韓国側が受け入れたと言うことでしょうか? これにより韓国側の輸出管理の改善が確認された後に,韓国をグループA(ホワイト国)へ復帰させるならば合理的な流れのように思えますが,不合理で韓国をつけあがらせるような妥協にならないか心配です。青山議員の見解をお聞きしたいです。
これって騙し討ちとちゃうの?【fuukou】
2019-11-22 18:29:00
韓国がWTOに「日本が悪いんじゃあ〜」と言うてたのをヤンピして、GSOMIAも「や、止めませんよ・・・ほ、ホンマに・・・」と、なんか歯切れが悪そう?に言ったかも〜(苦笑)
文さんも先輩から「いざとなったら、アメリカが日本にガツンと言ってくれるよ〜」とアドバイスされてたのに、もうそんな事は無いって、やっと理解したのか・・・
でも、金正恩には絶対に嫌われたくない!
だからまだ、GSOMIAを継続しても、実質無効化してそれも「日本が悪いんです〜韓国はちゃんとやってたのに〜安倍に騙された〜安倍が悪いんじゃ〜」と、落とし所を持って行こうと、文さんは諦めて無いかも・・・
どちらにせよ、そんな事では金正恩の機嫌は良くならないんですけど、もう既に!?
日米FTAはウインウインでもなんでもない、破棄しないと!!【ずんだーもちもち】
2019-11-22 15:20:46
元議員や現職議員の中で、恐喝国アメリカについて、はっきりと口にした人がいないということが、問題を長引かせている。
アメリカの工作、(スキャンダルによる失脚や変死でかたづけられる暗殺が厳然として存在する)という政府幹部連中の空気を、
多くの国民が認識しない限り、何も進まない。
日米協議とか会議ではない、一方的恐喝儀式。これでは、経済も防衛も外交も技術も法案も、日本にとって良いアイデアや方法が
あろうとも一方的に全部握りつぶされる。たまったもんじゃない。
安倍さんに覚悟があるのなら、事実を全部、ぶちまけて欲しい。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ