On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-23 07:16:22
Comments (10)

高知から、まずは大阪へ向かいます

 きのうは雨の中、ずいぶん駆けめぐりました。
 一緒に土佐のかたがたに訴えかける浜田せいじさん、高知県知事選挙に立候補しているこのひとの人柄のよさが気持ちよかったです。
 日程の最後には、鯨海酔侯と自称なさった大酒豪の殿様、幕末という時代をつくったおひとりの山内容堂さんの菩提寺で、浜田せいじさんの個人演説会に臨み、立派なお寺に感心しました。

 子どもの頃から敬愛する龍馬さんの地で、みなさんにお話しできて光栄至極でした。
 わずか31歳で斃れるまで、ひとのため、祖国のために、そして自在に生きた龍馬さんを、土佐のために立った浜ちゃんこと浜田せいじさんに重ね合わせて話しました。
 地元の方から、高知では意外に歴史教育が盛んではないと聞き、幕末の話もいささか致したのですが、すべて新暦で話し、旧暦と併せて話した方が世代によっては分かりやすかったかなと、あとで反省しました。

 休みのない日々に今朝は正直やや、ぐったり気味でしたが、朝風呂に入り、支度をしていると、次第にほんらいの自分が甦ってきます。
 みなさんと同じですよね。

 いま高知龍馬空港です。琵琶湖のほとり、大津へ向かいます。
 げんきです。
 快適な日々です。

 ね、龍馬さん。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

初めて青山さんにお会いできます。【晴希のパパ、ナオキ】
2019-11-23 21:40:50
今度、ふかざわよういちさんの特別講師として青山さんが来られることを、清水の商店街の事務所前を歩いていた妻が見つけてくれました。

青山さんのおかげで私は『自ら日本の未来を考えて行動すること』を学びました。

今回、初めて青山さんにお会いできるのをすごく楽しみにしています。

会費も安く、地元なので今、同僚を何人か一緒に行こうと誘っています。

ご著書ぼくらの祖国を見せて誘っていますが、青山さんがどういう人か知らないという、政治に関心がない20代から30代の同僚たちなので、『俺の息子に名前をいただくほど尊敬している人だ』と説明して誘っています。

あと、お聞きしたいのですが、青山さんのブログも、深澤さんのサイトを見ても、講演のことが載っていません。

もし、妻が青山さんのポスターを偶然見つけてくれていなかったら、せっかく地元に来てくれたのに、青山さんにお会いできないところでした。

今後、どうやって検索すれば、青山さんの地方のご講演がいつどこであるのか知ることができますか?

2歳半の息子、晴希はご講演に行けませんが、小学生くらいになったら一緒に参加して、青山さんに息子を抱っこしてもらって写真を撮ってもらうのが私の夢です。
安倍総理はロシアのプーチン方式をしてほしい【お好み焼き】
2019-11-23 17:03:56
安倍内閣の、
「消費増税、外国からの移民政策、習近平氏の国賓としての来日」に
反対です。
それから、安倍総理は相当お疲れのように見えます。
日本国民の一人として、安倍体制に飽きてきました。

ロシアのプーチン大統領が一度、首相に退き、
時間をおいて大統領に復帰するやり方、
いわゆる「ロシアのプーチン方式」を取り入れてもらい、
一度総理大臣を辞していただきたいです。
外務大臣か、自民党の幹事長か何かになられ、
少しリフレッシュされて、
再び総理大臣に返り咲いていただきたいです。
安倍晋三さん【小林道生】
2019-11-23 13:36:20
青山繁晴 様


 精力的に行動されているのは、お元気な証拠かもしれ
ませが、季節の変わり目でございますので体調にはおき
お付けくださいませ。

 
 自身の範囲で調べてみて感じることは、安倍晋三さん
は長く首相として公務にあたられた結果疲れ果てたので
はないかということでございます。

 過去の森友加計の時も、最近の消費増税も今回の桜の
件も自民党議員から首相の考えや戦略について応援や説
明する演説や発信などを私の住んでいる京都市内で聞い
たことがありません。
(消費増税の時は、反対の意見はよく聞きましたが、
拉致被害者全員一斉帰国や憲法改正や皇室のことがらな
ど聞いたことがありません)

 それで自民党京都府支部連合会のHPに乗っている国会
議員(衆参とも)、府議、市議の紹介から観れる範囲
全ての議員方のHPより活動報告を拝見しましたところ、
ひどい人は2015年で更新が止まり、ましな人でも
2019年9月で止まっている状態です。

 さらにひどいことは、拝見した全ての議員共通で
国策や戦略など政府方針に関する意見も感想もないと
いう実態です。

 青山さんは国会議員は国会閉会中や週末は地元に
戻って何かされていると言われますが、帰ってきても
駅前に立ち意見を言われるわけでなく、講演会を開く
でもなく(選挙前にはされますが)、まして首相(
自民党議員からしたら自分の組織の長ですよね)の
政策や考えを広めることもしていない。

 こんなに自分の組織の人から応援も支援ももらえ
ない状態で首相として長く公務をされていたら、ど
んな人でも「もういいか」となるのが心情かな思う
のです。

 あと残り2年ほどの任期のうちに拉致された方々の
全員帰国や憲法改正や中国韓国に対し日本国国益に沿っ
た明確な意思表示など出来ることはないと安倍晋三さん
は思っているのではないかと感じるのです。

 意見や考えが違うことは多々あるとは思いますが、
自身の組織の長がマスコミや野党から難癖つけられ
ている時に、多くの議員が援護も支援もしない方々
で構成された組織に今後も舵取りをお任せするのは
間違いではないかとも思い始めている今日この頃で
ございます。
(他に選択肢がないもの事実なのですが)

追伸

 GSOMIAの延長を韓国が終了の停止を通達され我が国は
受けたようですが、今月(2019年11月)タイバン
コクで開かれた拡大ASEAN国防相会議で、韓国と中国間に
軍事ホットラインを増やし「防衛における二国間交流と
協力を促進する」との約束をされています。
 そんな国と軍事情報包括保護協定を結び、情報をお渡
ししても大丈夫なのでしょうか?
防衛大臣はこの件、いつ説明して下さるのでしょう?
勤労感謝の日【TA 】
2019-11-23 11:06:14
日々の全ての活動に感謝いたします。

青山さんは、水面下の水掻きも含めて、知らない間にポールポジションをキープしてる。なかなか出来ることではないですよ。でも、驕らない譲らない。凄いなぁ。

生き方って大切ですよね。だから、支持者もファンも一度知ると離れない。今後も分断工作が増えるでしょうが、惑わされないようにしたいと思います。

勤労感謝の日(戦前の新嘗祭)、全ての人の働きに感謝いたします。
おはようございます!【鶴岡陽子】
2019-11-23 09:15:56
いつもありがとうございます。相変わらずお忙しいですね…。雨の中、そして寒くなってきた中、体調お気をつけください。
龍馬さんの地元にいらしたこと、うらやましいです!5年ほど前に高知に行き、桂浜の龍馬さんの銅像にもお会いしました。龍馬さんの本などを読んだ今年ですが、龍馬さんの人生をたどる本の中で龍馬さんが亡くなった時は、何故かすごい喪失感が襲いました。なぜ、こんなにすごい人を失くしてしまったのだろうと、本当に残念でなりません。龍馬さんの生き方を知ると自分の心持ちもはっきり持てるような気がします。
日本を取り巻く情勢がまたいろいろと変化していると思います。お体は本当に大事にしてください。
いつも応援しています。
女性自身【岡部 靖】
2019-11-23 09:04:19
青山様
おはようございます。
今朝、妻が週刊誌をくれました。地元の信用金庫で雑誌を見ていたら青山さんが載っていたから同じ雑誌を買おうと本屋さんに行ったらすでにおいてなく、バックナンバーを取り寄せてくれたとのこと。
内容は皇位継承の件で青山参議員への取材です。

私なりにインタビューの要点まとめると
(1)2千数百年の男系・父系で継承されてきた伝統をひとときの価値や判断で変えて
よいのか。
(2)旧宮家男子の自由意志をご尊重したうえでの皇籍復帰
(3)旧宮家男子皇籍復帰については皇室典範の改正など法整備のあと政府が行うべき。
「護る会」としては一切、接触していない。

先日、職場の1人に皇位継承のことで話しました。

これから日本中で議論が深まるといいですね。
今日ですか〜(泣)【大津の主婦です】
2019-11-23 08:55:07
青山さん、いつも私達に日本人として大切なことを沢山教えてくださり、また勇気を与えてくださりありがとうございます。

ブログで大津に来られるしり、びっくり!でも今日は予定があって行けないのでとても残念です〜(泣)


地元のこやりさんが、護る会に入られていらっしゃるのを知っていたので、陰ながら応援しておりました。

青山さんがおっしゃる通りの暗黒国会の様子を見ては、進まない拉致問題、中国、沖縄、北海道問題、皇室継承の問題、など山積みな事に心を痛めておりますが、護る会の皆さんがされている政府への提言などを一つ一つ知る度に、やはり希望を失ってはダメだと勇気をいただいています。

お忙しい青山さん、今日は色とりどりに色づいた湖岸の木々、湖面に浮かぶ鳥達の美しい景色にしばし癒されて、エネルギーを補充してくださいね。これからも応援していますし、自分の出来ることを考え続けて行きたいと思います。
GSOMIA継続されたのは結構なことですが【ごんのすけ】
2019-11-23 08:28:36
いつも貴重な情報と、世の中の出来事の見方を教えていただき、感謝しています。
GSOMIA継続されたのは結構なことですが、相手に与えた情報が第三国に筒抜けになるであろう状況で、どのような実効性があるのか、むしろ重大な弊害があるのでは、と思っています。
できましたら、月曜日の虎ノ門ニュースの機会にでも、お教えくださいますでしょうか。
首相は今一度何をしたいのかハッキリさせて頂きたい(↓首相官邸に書き込みました)【焼肉マン】
2019-11-23 08:25:12
君民共治が共産体制と最後の決戦に臨むにあたって、我々はどの陣営に所属し何と闘っているのでしょうか?中道であり保守でいたいと願う草莽は、皮肉にも大方の無益な野党議員が差し出す汚らわしい矛先と向きを同じくして、安倍政権と闘わざる得ない状況となっています。

ウィグルに香港にチベットに背を向けてはならない。見ざる聞かざる言わざるの逆のことをするのだ。見て聞いて知って、話す。ネットに書き込む。人の考えを変えられれば、侵略に対する防御の為の一致団結を得ることが出来る。そう思って首相を支えて来た草莽は多いのではないでしょうか?

しかし実際に起きたことは真逆のこと。車両の中や駅舎には北京語ハングルが溢れ、土地は買収されている。同化力が我が国の力であるとお考えなら賛同します。しかし、特権や優遇を与えられた状況を好んで脱し日本人となる外国人がいますでしょうか? ヘイト判定権を外国人に明け渡そうとしている川崎市では、これから外国人が日本人を前科者認定することになります。実現すれば、侵略浸透を進めてきた他ならぬ安倍政権が未来に残すものです。

そして習近平を来春国賓待遇せんされています。

日本人に気高や一致の精神、他民族よりも向上心があるのは、天皇が自らを犠牲にして国民国家の安寧を願い、その姿に寄り添って貰えるからです。国と国民の意志意欲は教導者の心次第。その教導者として我が国の土台を支えるのは天皇です。首相は決して手をかけてはならないものに手をかけようとしている。アマテラスの神通力が、父母先祖さえも足蹴にするニヒリストを改心させられるとお考えなら過ちです。利用された挙げ句、心身の退廃に向かうのは我が国民です。

サイパンで崖から飛び降りた母のフィルムを見たことがありますか?ウィグルで強制的に結婚がなされているのをご存知ですか?そして今中国で億の単位で男子が余っていることを。泣きながら赤い結婚衣装を纏うことになる子女を守るべき日本の男は、常の武装解除を受けているに等しい。公然と人口侵略ができるように法整備を進めたのは、他ならぬ安倍政権ではありませんか。

李鵬首相は93年に日本は30年後につぶれ40年後に無くなるであろうと言いました。計画は生きていました。23年につぶれ、33年に無くなる。国の看板は有っても中身は空疎なニヒリストだけが残る。護国の期待を一身に受け、一次政権では国の為に様々な良いことをしくれた安倍晋三という人。しかし10年で平均所得を140万円も下げ、消費増税を行い、産業経済を衰退させた。そして今、自ら手を下して国を解体せんとしている。グローバリストでもナショナリストでもない異邦人政権の元で、ニヒリズムに囲まれ子女の成長を見届けて行く将来図は地獄絵図そのものとお思いでないのか。

今一度首相が何を目指しているのかはっきりさせて頂きたい。そして国賓待遇だけは取り止めて頂きたい。
川村日韓議連幹事長語る【モスキート】
2019-11-23 07:53:59
テレ東ニュースの配信で「GSOMIA一転継続その背景を川村健夫日韓議連幹事長が語る」でのインタビューで川村議員が最近まで、安倍総理に韓国のムンヒサン議長の提案を韓国側の視点で説明していたことがわかりました。

インタビュー中、GSOMIA破棄凍結のニュースが飛び込むと、川村議員は、これが我々が考えていた妥協案だと驚いた様子もなく語っていました。

要約すると、GSOMIA凍結とホワイト国復帰を同時に検討する時間をくれ、と話し合っていた様です。

輸出品目の管理状況も煮詰まって来たからホワイト国に関しても…だそうで、また、日本に不必要な譲歩をさせる気まんまんみたいです、お気をつけ下さい。

インタビュアの東テレの篠原さんは川村議員に「ネット上の世論は韓国にも議員にも厳しい意見ですがどう思うのか?」と凄くまともな質問をし、それに対して議員は「併合の歴史的事実があった以上、我が身に置き換えて相手の立場にたって解決策を模索する」のだそうです。

これがこれまでの日本政界の実状だったんですね。こんな人たちに日本の尊厳と国益が毀損されてきた訳です。

一見聞こえ良い事を言いつつ、裏で国益を毀損する様な事を、おそらくは議員の信念で平気でやっちゃう。

青山先生たちが悪戦苦闘している相手がどんなものか、少しだけわかった様な気がします。

私は早速、首相官邸意見に韓国をホワイト国に戻さないよう、厳しく意見することに致します。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ