On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-12-09 18:18:41
Comments (6)

ラジオの7分

▼臨時国会が閉会となりました。
 国会が閉じても議員の活動が止まるわけでは、もちろんありません。
 閉会後すぐ、まずは政審(参議院自由民主党政策審議会)副会長として儀礼の場の末席に加わり、山東昭子参院議長らと閉会の挨拶を交わしました。
 そこから直ちに、自由民主党本部に移り、海上自衛隊部隊の中東派遣をめぐる外交部会・国防部会などの合同会議に、これは外交副部会長として参加しました。
 そして前のエントリーで書いたように、横浜での憲法集会に向かっています。
 この間、総理官邸と非公式に交渉し、明日の火曜に、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) として習近平国家主席の国賓としての来日に反対する二度目のアピール文を官房副長官経由で総理に渡すべく、調整をしました。
 まだ実現は確定ではありません。

▼そして、なんと今月下旬に新書2冊が書店に並ぶよう、最後の努力に今、揺れる車中で取り組んでいます。
 さすがに書き下ろし原稿はすべて、終わっています。 
 あとはかなり膨大なページ数のゲラ直しです。これが四度目の推敲になります。
 ぼくにとって、既刊本を甦らせて新書にするのは、まったく新しい本を書くより遙かに困難な仕事です。
 時代は動きます。
 過去に出した本を、現在と未来に向けて再生させるのは、正直、簡単じゃないですね。
 2冊の新書のうち、まず予約が始まっているのは、ここです。「日中の興亡2025」です。

▼国会が閉じたので、護る会の行動などを終えてから、アメリカに向かいます。
 世界最大の、かつ最高権威の地球物理学の国際学会であるAGU(Amerikcan Geophysical Union アメリカ地球物理学連合)にて、何度目かの口頭発表を行います。
 日本の国益と、にんげんの科学の前進のために、ほんのかすかに寄与できればと願っています。

▼そのアメリカ滞在中に、ニッポン放送の飯田こうちゃんの朝の番組に電話で参加します。
 日本時間の12 月 13 日金曜、朝06 時 15 分 ~ 06 時 25 分のあいだの7分間ほどです。
「飯田浩司のOK! Cozy Up」ですね。
 よろしければ、どうぞ。

★すべての水面下の動きを、みんなの眼を見て話したいです。
 1月25日に、令和二年最初の独立講演会@東京です。ここです。
 次の虎ノ門ニュースへの参加は、12月23日月曜です。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

初めて投稿させて頂きます。【N.Fukuoka】
2019-12-10 02:11:51
初めて投稿させて頂きます。麻生副大臣の「(旧宮家の)未婚男子を皇籍に復帰させることを考えるべきだ」発言を産経WEBで読みました。良い意味での驚きです。護る会の活動、これまで以上にフォローし、応援していく所存です。自分の理論武装も更に磨いていきます。虎8も(お身体優先の上ですが)頑張ってください。応援していきます。
桜はもうたくさん【りょうちゃん】
2019-12-10 01:57:46
お疲れ様です。
日本は桜の問題一色ですね。
確かに安倍政権の驕りは感じます。名簿を廃棄したらそりゃ批判されるのは明らかです。
しかし今の国会やマスコミの報道ぶりって異常に感じます。やってることって、例えたら否認している人間に対し、ろくに証拠もないのに「お前が犯人だ」って追及してるようなもんでしょ。警察や検察が同じことをやっても彼等は批判しないのでしょうか。
青山さんのいうとおり、人に疑惑を向けるなら、まず裏を取ってから追及するべきですよね。
それに市民団体から既に告発されてるのだから、捜査を待つしかないと思います。

今ネットの書き込みを見ると、安倍政権の批判が多数派です。批判は分かりますが、今の世論はオールドメディアや左翼政党の思う壺になっていると思います。
批判する人は安倍首相が退陣した後のことは考えてないですね。今安倍政権が倒れたら日本はどうなるのか逆に心配です。
今退陣したら憲法改正は遠のくでしょうし、中国や韓国始め反日勢力の思う壺だと思います。

常々青山さんは「日本人の民度は高い」と仰ります。私はそれが変な方向に行ってると思います。
それの典型が子どもの躾の問題だと思っています。
今の時代、子どもに軽くげんこつ一発入れただけで暴行や傷害事件と言われます。確かに暴力と言われたら暴力です。
でも子どもの素行を正すための、愛情があってのげんこつと、感情のままにされる暴力と同一に扱うのはおかしいと常々思っています。
子どものためを思ってのげんこつで、お父さんが逮捕されるっておかしいと思います。
でも今は、そういう区別がつかない人が増えていると思います。オールドメディアの影響と思いますが。
上手く説明できませんが、一部だけを見て単純に善悪を決めつける人が多くなったと思います。
桜の問題も同じで、野党やマスコミは、人数が増えたやら、名簿を廃棄したやら、反社を招待したやらで論点をコロコロ変えながら批判してます。
国民はそれらに踊らされず、「民主党政権時代にも開催され、マスコミや芸能人が多数参加してきた会が、何故今になってこんなに問題視されるのか、何かの意図があるのか」等、総合的に判断しないといけないと思います。

長くなり失礼しました。陰ながら応援しています。
横浜の憲法集会に参加しました【日本人 北嶋純司】
2019-12-10 01:29:45
先ほど、憲法集会に参加して、今帰りの途中です。

拉致被害者を救出にも行けない国は、国家とは言えない。

確かに、その通りで同感です。
救出を可能にするには憲法の改正、理想は自主憲法の設立が必要なのも同感です。

では、どうすればいいのか?

難問ですが、この答えを国民とともに出さなければ実現しないと私は思います。

その為の第一歩は、憲法に対する国民の認識が必要なのではないでしょうか?

国会は、憲法の審議を妨害する為に、モリカケに続き桜をやっています。

選挙でも、
県議会や市議会、区議会選挙などのメインテーマに憲法論議はなりません。

地方議会選挙の争点に、憲法が論議されるほどにならなければ、自主憲法の設立は難しく思えます。

香港の市民が、経済よりも、自由を求める選択をし戦っているように、又、台湾の国民が中国よりの政権ではなく、経済ではなく、自由を求め香港を支援しているこの動きを、日本でも起こさなくてはならないと思います。

果てしない道程かもしれませんが、先ず、政治を身近に感じる為の環境整備を最初に行うべきかと思います。

対馬や沖縄、北海道では、外国による土地買収と、その弊害を伝え、政治が、国際関係が、私たちの生活にどう影響しているのかを具体的に示し、
それがどう報道され、私たちの暮らしがどうなったのか?

私たちの町には、どんな危険性があるのか?
それぞれの地域で問題提起をし、ともに考える提案が必要ではないでしょうか?

そして、その次が、政治を自由に語りあえる環境を作ること。

そこで、初めて憲法論議がまともに出来るように思えます。

評論家やネットが、真実を伝える活動をするのは勿論必要ですが、政党も国政はもとより、地方議会選挙でも、当選する為のテーマ選びだけを優先するのではなく、票につながらないテーマを、票にする為の試行錯誤を行う必要があるように思えます。

現実的ではないかもしれませんが、一考の余地があるかと思います。


落ちればただの人と言われる選挙。
だからこそ、新たな試みが、憲法改正につながる動きが選挙にも必要なのではないでしょうか

それにより、誤報やプロパガンダ報道を根絶出来るのではないかと思います。

私は、政治家ではありませんが、
私も私なりに試行錯誤を行い、どうすればいいのか僅かではありますが今動いています。
ふむ…【新津 勇】
2019-12-09 22:34:43
青山さん、こんばんは。

 共同通信?の記事のようですが、このような記事を発見。
以下引用

 麻生太郎副総理兼財務相は10日発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで、安倍晋三首相(自民党総裁)に関し「本気で憲法改正をやるなら、総裁4選も辞さない覚悟が求められる」と明言した。安定的な皇位継承策として旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰を提案した。

 改憲を巡り「国政選挙に6連勝した安倍政権がやらなければ、いつやるのか」と強調。2021年9月末までの総裁任期中に国民投票へ持ち込むのは「政治日程上、非常に厳しい」として首相の総裁4選に言及した。首相には改憲への執念があるとも指摘した。

引用終わり

 消費増税に関しては「何やってんだ、太郎!」でしたが、この記事読むと「やるじゃねーか、太郎!」です。麻生さんが嫌いになれない理由(苦笑)。いや、個性はむしろ好きな方です。

 宮家復帰など、護る会と同じ方向向いてくれてますね。この点に関しては心強いです。また、個人的には安倍総裁4選も悪くないと思いますし、青山議員2期も期待しています。色々言われちゃうかもですが、護る会という、国の為にやるべきことが出来ちゃいましたからね。勿論青山さんの人生。我々がどうこう言えないですけども…。
待ちに待った虎の門ニュースで【クマー】
2019-12-09 20:00:22
青山さん、毎日公のためのお働きありがとうございます。
硫黄島の段、泣きました。

お久しぶりともいえる、虎ノ門ニュースのインスタグラムの「少子化対策」を拝聴していて、頭痛で伏せていたのですがコメカミが正直引き攣りました。

ご批判覚悟でコメントします。

国の宝である子供たちを増やし、健全に育てていくの社会の最も大切な課題の一つです。
自分自身、無垢でこの世に来てくれた赤ちゃんたちが大好きです。

入院中に産科の医師から聞いていましたが3,40年前から比べると女性の妊娠力?がやはり減っているとのこと。
初婚高齢化や結婚したくない男性、経済的な原因もある大勢の若い人たち。

自分自身も愛する人との子供を宿し育てていけるのはこの上もない喜びだと思います。

しかし、昨今のお母さん方には産めば産むほど税金制度有利を!とは簡単に賛成できません。

通院する機会が多いのですが、キャキャー大声で走り回る子供たちをスタッフも誰も注意しないどころかほほえましく眺めています。

過度の聴覚過敏の私は高い音を間近で聞くと数日寝込むほどの頭痛の発作が起きます。
エレベーターや逃げ場のない場所で騒がれると正直恐怖以外の何物でもありません。

インフラとして少子化政策をお考えになるのはお立場上素晴らしいことです。

女性のマウンティング?最下層の独身高齢者無収入小梨の自分は病院の待合室でスマホにかまけて騒ぎ立てる子供の相手もしない若いお母さんにやんわりと注意しても睨まれるか無視されるだけです。
見かねて窘めるご年配の方には「じゃあ、黙らせてくださいよ!」です。

近所の大人みんなの子供として愛と厳しさで育ててもらった自分世代は子供も多かったのですが
産めた女性にだけではなく、産んでからよりもっと前の何かかが足りていない気がします。

無収入でも医療費は3割負担です。正直、負担の少ないお母さん方がうらやましいですが世間では「子供たちの将来のため、孫世代のため!」が善人の風潮ですが
ひと昔前の「お年寄りのため!」のスローガンにひねくれた私には同じように聞こえます。

性根の悪いコメントで失礼しました。
宮内庁のカウンターパートとして【筑後守】
2019-12-09 19:12:59
青山議員、こんばんは。
まだ先になるとは思いますし、お考えになられているかもしれませんが、一言。

歴史を振り返れば、江戸時代ならば京都所司代と朝廷と、皇室を護る側の組織がありましたが、現在は有りません。宮内庁は、大嘗祭の木材を電力供給の為の焚き付けにするレベルの官庁です。ちゃんと、皇室の歴史を尊重する皇室側の組織が必要だと思います。是非、その様な提案をお願いしたいと思います。宜しくお願いします。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ