On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-02-25 18:19:45
Comments (9)

ふたたび速報です

▼自由民主党の最高意思決定機関は、総務会です。
 ほんらいは当選1回で出られる場ではありません。謙遜して申しているのではなく、ありのままの話です。
 入社して3年半の社員が、大きな企業の役員会に出ることはあり得ないでしょう?
 係長をやり、課長補佐をやり、課長をやり、部長をやり、局長をやり、そして役員になってから出るのは、ふつうのことですね。
 自由民主党は日本の政(まつりごと)の世界では間違いなく最大手ですから、その最高意思決定機関に参加するために時間やキャリアの積み上げが必要になるのは、そうおかしなことではありません。

▼しかし不肖ぼくは何度か、出ています。
 きょう2月25日火曜午前11時から正午頃までの総務会にも出席しました。
 ぼくがエライのでは全く、ありません。
 自由民主党の女性局長には参加資格があります。かつては青年局長や女性局長には参加資格が無かったそうですが、先人の努力で今は、出席できます。
 そして現在の三原じゅん子女性局長が、公務などで出席できないとき、参議院では男性初の女性局長代理となっているぼくに、代理出席の機会がたまたま回ってくることがある、ただそれだけの話です。
 ただそれだけの話なのですが、主権者から議席をお預かりしているからには、どんな機会でも活かすべきです。
 そして代理出席では、出席していてもなかなか発言はできないのが、むしろ日本社会では当たり前でしょう。
 しかし自由民主党では、それができます。本人の気持ちだけです。

▼総務会は、独特な雰囲気があります。西暦1955年に創建され、現在まで65年にわたって続き、その多くの時を政権与党であり続けたという、世界の民主主義国家で良くも悪くも希有な歴史を持っています。
 その重みが、どっとのし掛かっているような雰囲気です。
 自由な発言がいつも飛び交う部会とは、雰囲気がまるで違います。
 それを押して、発言するかどうか、あくまでも本人次第なのです。
  非力なぼくも、これまで総務会に出席すると、必ず、発言してきました。

▼総務会を仕切る重鎮、鈴木俊一総務会長に目顔でお知らせしたうえで、挙手をし、今日も発言しました。
 最初に「本日も、不肖わたしは代理出席に過ぎません。それにもかかわらず発言を今回も許してただくことに感謝します」と、本音のまま、申しあげました。
 そして「武漢熱をめぐって・・・わたしは信念を持って武漢熱と申しあげますが、前回の総務会と同じく、中国全土からの入国停止を提案します」と発言しました。
「冷静にすべての状況を見ると、たとえば広東省では警戒レベルを1級から2級に下げたという事実もあります。一方で、首都の北京では、大事な全人代も延期となりました。中国自身が国内での感染の拡がりについて厳しい見方をしています。湖北省と浙江省という限られたところからの入国停止ではなく、全土から当面、入国を止めるべきです」と述べ、そして「多くの中国国民の入国を認めたまま日本国民の動きは実質的に止めていくようなことは国民の理解が到底、得られません」という趣旨も、お話ししました。

▼これに対して、総務のおひとりの、ある重鎮が「むしろ国内の感染対策が重要な段階で、いまさら止めても」という発言をされたので、「いや、今からでも充分に意味があります」と申しあげると、意外にもすぐに発言を修正され、「意味はあるが、国内の対策もしっかりやるべきだということだ」と仰いました。
 これらは、自由民主党らしい自由な議論です。

★大切なのは、ここからです。
 出席されていた党首脳のおひとりが、いわば総務会での公式回答として「青山さんの言った入国拒否の問題ですが、入管法の5条には、日本にとって好ましくない場合には入国を拒否できる規定があります。すでに党から政府には、この規定を柔軟に、かつ機動的に扱うべきだと申し入れをしていますが、さらに、政府がこれをしっかり考えるように申し入れていきたい」と発言されました。
 この党首脳はふだん慎重にして丁寧な発言と行動で知られています。
 きょうも、この首脳らしく、しっかり慎重に抑えが効いた発言ですが、「入国拒否」が行えるという法の定めを「機動的に」活用せよという趣旨を仰っているのですから、非常に意義があります。

 ぼくは正直、期待以上の発言に驚きつつ、正確にメモを取りました。
 それでもなお、政府にも党にも、中国側の反発などを考慮する意見は多いでしょう。
 だからこそ、たいせつな局面です。
 
▼ぼくは、感染者の急拡大が止まらない韓国の情況についても発言しました。
 みなさん、実は外交の会合の時間がとっくに来ています。
 いったん、それに参加してきます。
 あとで、また書き込むように努力したいですね。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

国会議員が何を見、何をしているのか、まるで手に取るように。【ドイツのY】
2020-02-26 02:56:44
青山さんは「出でよ異業種の人よ」と、常々、声をかけておられます。
そのこれから出ずるであろう後継の人材に、まるで手取り足取りするようにご自身の振る舞いを見せてくださっている。
あたかも師匠が弟子に後ろ姿で教えるようです。
私たちはその姿をこうしてブログで逐一読ませていただける。
今までこんなチャンスがあったでしょうか。
ありがたい、の一言です。
祖国を信じます。だからあなたを信じます。と言ってくださった
青山さんの言葉に励まされ、信じていただくに足りる自分であるよう、
気を引き締めてできることをします。

青山さんと、祖国日本に諸天の加護あれ!
安倍内閣に失望【あすみ】
2020-02-26 02:55:34
青山さん、いつも日本を守るために、粉骨砕身の努力をして下さることに、心の底から感謝をしております。

私はカナダ在住で、YouTube 等で日本のニュースを見ておりますが、武漢熱が世界の脅威となっている現在、日本の危機管理態勢の脆弱さを痛感しております。

2012年に戦後レジームからの脱却を掲げて、第二次安倍政権が発足した時、やっと信頼できる首相が現れたと歓喜したことですが、今の安倍首相は同じ人物なのかと思い、裏切られたような思いをしているのは私だけでしょうか?
そのような中、青山さんはじめ、護る会が、中国からの全面入国禁止、習近平主席の来日反対を声高に叫んで下さっていることだけが、一つの救いです。
第二次安倍政権が発足後、中国包囲網の外交をしていた安倍さんが、今は中国に遠慮し、忖度ばかりしているように見えてなりません。
一体、いつから変質してしまったのでしょうか?

もし、今、青山さんが国会にいなかったら、また、護る会がなかったら、日本はどうなっているのかと思うと、青山さんのお働きに感謝でいっぱいです。
青山さんたちの活動によって、自民党の中に同調する方が増えてきて、空気が変わってきていること、本当に嬉しいことです。もっともっと良心的な議員が増えていくことを願っています。
また、私たちも、官邸や自民党に意見を送ったりして、世論で政府を少しでも動かせるように努力していきます。
青山さん、睡眠をできるだけとって、どうぞお元気でお働き下さい。背後には多くの応援団がいますから・・。
心から感謝申し上げます。
今は不支持【安倍政権支持だった私】
2020-02-26 00:07:57
‪私を含めた安倍政権支持者が‬
‪安倍政権批判してます。‬
‪なぜ、日本人は国内で制限された活動、マスク不足で怯えた状況なのに‬
‪中国や韓国から来た人達は、日本国内で平然とマスクもしないで観光しているんですか?‬
‪中国、韓国からの入国拒否して下さい!‬
‪政府は、誰を守っているんですか!‬

青山先生を批判されている方もおられますが
私は断固として、青山先生の行動に支持してます。
大変な状況ですが、私達をお守りください!

政府は日本国民を第一に守ると全力でやってほしいです。
目先の利益より、大切なものがあります。
マスコミは致死率が低いから騒ぐなと言ったりしてますが
低かろうが一人の命も無駄にしてはいけないと思います。
一人だろうが一万人だろうが、家族にとっては命の重さは同じです。
無責任なマスコミや自称専門家の発言には腹が立ちます。
足元が揺らぐ思い【チェンマイ】
2020-02-25 21:51:44
今か今かと待っていた効力のある武漢熱への対応。本日基本方針が出るとのことで、朝からネットニュースを追い続けました。青山さんがおっしゃるように、中国からの入国制限をせず、日本国民に予防を強いる事態が、遅きに失したとは言え、改善されるのではと期待していました。


しかし今回の政府応を見て、国内に居住する日本人さえ外敵から守らないのだと理解させられました。ましてや在留邦人などは。。


私は武漢在住日本人救出のための第一便の報に目頭が熱くなった在留邦人の一人です。
青山さんが私たちの最後の希望です【shikishimatanuki】
2020-02-25 21:21:26
習近平を国賓反対、中国人の入国禁止、いったい何通官邸にメールしたことだろう。
その答えが、高須先生に政府から言い渡された言葉です。
もはや、怒りすらなくなりました。

人間は期待し、信頼すればこそ、その期待を裏切られ、信頼を裏切られると怒りが湧くのだと、今更ながら実感しました。
私はもう安倍を政府を信じていない、期待もしていない。
青山さんだけが最後の希望であり、唯一信頼している議員となりました。

北海道で20代の女子学生が危篤と聞いた時の衝撃、悲しみ、我が娘も年が近いため、ご両親のことを考えると胸が潰れるおもいでした。
幸い、一命をとり止め、快方に向かっていますが、彼女が命を落としていたら、国民の怒りはより大きくなったと思います。
もし、安部が中国人の入国をとめていたら、彼女はきっとコロナに感染していなかったでしょう。

今だ、あちらこちらで、政府のいうように対処していても、コロナの検査を拒否されている例があるようで、本日わかった電通社員との対応の差は何なのだろうと政府に対しまた、不信感をもってしまいました。

同じことは、昨日辛抱さんの番組に出ていた大沼(?違っていたらすみません)さんという感染症の専門医がいっていました。
結局、安部は政府は、自分の身の回りの感染者しか本気で直す気も、治療する気もないのではないのか、国民はそんな疑惑の目を安倍に向けています。

現在、ネットではコロナ検査を拒否曽された子供のことが話題になっています。
私はテレビを見ないのでよくわかりませんが、テレビ局も取材をしたとかで、新コロナ感染が疑われるのに、検査をしてもらえないとか。
これでこの子が重症化したら政府はどう責任をとるのでしょうか。
中国への渡航歴や、濃厚接触がなくても検査をすると言ったのは嘘なのでしょうか。

私は、青山さんが衆議院に出ない限り、もう選挙では自民党には投票しません。(青山さんが参議院戦や衆議員選に出たとき以外は)
安倍にはつくづく裏切られたという思いでいっぱいです。
安部と二階のいる親中派ばかりの自民にも、野盗にもうんざりです。
ここまで国民を守らない政府が世界にあるのか。
日本国民は本当に不幸です。

そして、今回の対応ですが、厚労省ではなく、防衛省がやったほうが良いのではないでしょうか。
なぜ、防衛省がやらないのか、これも疑問です。
防衛省には防衛医科大卒の移管もいるはずですし、危機管理も防衛省なら、もっとできるのではないでしょうか。
防疫は防衛省の範疇でもあるはずです。

はっきりいって厚労省が信用できない。
防衛省主導の体制を考えてください。
ウイルスと戦う姿勢が見えない【ねこおやじ】
2020-02-25 20:56:41
瀬戸際と説明も
未だ最大の原因を思われる中国からの渡航者を止めない
今更遅いと言うのを待っていたかのように
散々入国を放置し感染を広げてまで止めない

指導者たるもの、支持者に安心を与えなくてどうするのか
まず国民を安心させる
今更効果が薄いかもしれないが戦う姿勢を見せる
それが大事なんでしょうか

支持者に伝わる最低限のメッセージが
中国からの渡航者と断つことだと思うのです
ありがとうございます。【なかなか】
2020-02-25 19:46:56
一日も早く物事が進み落ち着くよう願います。
いつもありがとうございます。
まっすぐな議論、志【きよちゃん】
2020-02-25 19:25:45
青山さんが雑巾がけを続けながら、
自民党内で信頼を増やし、
自分で質疑の文章を書き、大臣から貴重な答弁を引き出して来られた。

だから、国難の今、
青山さんの提言を傾聴して頂ける‼

先日、千葉市民ホールで
猪口邦子元大臣が、「青山繁晴先生は自民党内で議論をリードなさっている‼」と
仰せでした。

青山さんへのゴマ擦りコメントじゃ無いんです、
青山さんの実物をまだ見た事の無い支持者の皆様方が50万人近くもいらっしゃる、その方々に、どうやったら御伝えできるのか⁉

学歴も文章力も乏しいながらに考えてコメント致しました。
武漢熱のオンライン診療【たける】
2020-02-25 19:12:55
混乱を防ぐため、早急に全国でオンライン診療の整備ができないでしょうか?

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ