On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-07-29 00:25:15
Comments (0)

「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」のトップページの謎

▼「謎」というのは、ほんとは大袈裟です。
 しかしトップページにまず現れるフォーミュラ・カーはなんだろ、と思われるひともいるでしょう。

▼きょう第2回、第3回の収録の前に、チャンネル桜のスタッフが、「こんな風に作りました」とトップページを見せてくれたのですが、まさしく謎のフォーミュラ・カーが走っていたのです。
「これは何ですか?」とおたずねすると、「青山さんがサーキットを走っているところを、まず最初に置きたくて」と仰ったので、ぼくは噴き出して、「お気持ちは分かりますが、ひとの走っているところは駄目です」とお答えしました。

 それから一緒にぼくの携帯のなかの写真を探したのですが、見つからず、時間もなく、やむを得ず、ぼくの携帯の待ち受け画面の写真を、スタッフが接写で撮ったのです。
 これは、ぼくが議員になってしまう前に、すなわち国会に出たためにモータースポーツの公式戦からリタイヤする前に、こぶりなフォーミュラ・カーで走っている時の写真です。
 写真の写真ですから、ぼやけちゃってます。

 携帯のなかからは、やはり国会議員になる前にロータスのレーシングカーで富士スピードウェイを走っている写真は見つかって、鮮明な写真なので「これにしませんか?」と聞いてみましたが、「やっぱりフォーミュラ・カーがいいです」と仰います。
 わはは。
 やむを得ません。

 このぼやけ写真は、ぼくが7、8年ぐらい前かなぁ、『サーキットのあの雰囲気、特に、レースが始まる前のコースに朝霧が流れているような時の緊張感と清々(すがすが)しさが一緒になった、あの雰囲気にもう一度、戻りたい』と思って、失効していたA級ライセンスを取り直した当時の写真です。

 だけどね、現在は、同じ猛スピード系スポーツでも、アルペンスキーの試合に戻りたい野望が胸に渦巻くのです。
 前にこのブログに記しましたね。
 ほんの余話でした。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ