On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2015-02-26 01:00:29
Comments (0)

深く淡く生きる (ふかく・あわく・いきる…これも、自作のささやかな銘のひとつです)

▼2月24日火曜の夜、評論家の宮崎哲弥さんから電話がありました。
 ニッポン放送のラジオ番組「ザ・ボイス」での宮崎さんの発言のことでした。
 関西テレビの報道番組「スーパーニュース・アンカー」をめぐって発言されたそうで、そのことについて説明がありましたが、個人的な電話ですから、中身は紹介しません。

 一方で、その宮崎さんの発言について、ぼくに問い合わせるメール、このブログへのコメントがどっさり届いていますから、ひとことだけ記しておきます。
 この件は、関西テレビが3月半ば、おそらく3月16日頃に発表するそうです。
 それまではぼくは発言しません。
 ぼくが関西テレビに発言を制約される理由も何もありません。ただ、ぼくの信念、あるいは関テレ報道部の諸君への友情として正式発表までは発言しないだけです。

 発表が行われたあとには、経緯と、ぼくの見解をこのブログに記します。
 その内容などに、関テレだろうが何だろうが、一切の制約、影響は受けません。
 いつもの通り、すべてのことどもと同じように、自由な立場から、事実をありのままに記したいと思います。


▼宮崎さんの発言については、当然ながら、宮崎さんの自立した考えで発言されたのですから、ぼくが何も言うことはありません。
 宮崎さんから電話が掛かるまえに、このブログへのみなさんのコメントで、その発言はおおよそは知っていました。しかし電話がわざわざ掛かってくるとは思っていなかったので、フェアな電話に対してお礼を申しました。


▼みなさんのご意見は、これからもどんどん聞きます。
「スーパーニュース・アンカー」のうち、ぼくが参加している「水曜アンカー」、そのなかのコーナー「青山のニュースDEズバリ」へのみなさんの強い関心を、あらためて実感して、深く感謝しています。

 ぼくはただ折々のニュースを、確認のとれた情報に基づいて9年近く、解説してきただけです。
 それを日本国民、あるいはにんげんの生き方への問題提起、ちいさな提案とも受け止めてくださるひとが日々歳々、増えてきたことが、今回のみなさんからの問い合わせや意見から、よおく分かります。

 それは、みなさんの見事な感受性こそを証明しています。
 ぼくは天からたまたま与えられた機会を、むしろ淡々とこなしてきただけなのです。
 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ