On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-05-03 23:09:05
Comments (36)

この世は知られざることに満ちていますね

▼いまハワイ真珠湾の近くにいて、真っ暗な午前3時半。
 日本時間なら5月3日木曜・憲法記念日の夜10時半です。
 あと数時間すると、アメリカ太平洋軍司令部(ペイコム/PACOM)の司令官、すなわち新駐韓大使の予定者となったハリスさんと再会し、明後日には同じ真珠湾のアメリカ太平洋艦隊司令部を訪ねて、長い知友、それから艦隊司令官のキーパーソンのひとりと議論します。

 そのまま帰途について、日本時間5月5日土曜の夜8時、「夜バズ」の生放送にふたたび参加します。そして5月7日月曜の朝8時には、「虎ノ門ニュース月曜版」生放送のサテライトスタジオに入ります。
​ そして、国会に戻ります。

▼ワシントンDCからハワイは遠すぎるのか、直行便がありません。
 同じ国内とは思えない長旅、一日が潰れる、ちょっと辛い旅程にいつもなるのだけど、経由地があることをむしろ活かすしかないですよね。
 きのうはサンフランシスコを経由して、中国系の現職市長が突然、スーパーマーケットで買い物中に急死して6月に市長選がおこなわれるシスコの現状を把握しようと努めました。

 中国系とひとことで言っても、ほんとうはアメリカのそれは四分五裂している。
 中国共産党系と反中共系、あるいは非中共系、そして台湾系、その台湾系のなかでも大陸派と独立派と中間派、さらに香港系、その香港系のなかでも中国に返還前の香港人と返還後の香港人。
 これだけじゃなくて、みずからの出自をすべて忘れようとするエスケープ・チャイナとも言うべき漢人のアメリカ国民。
 四分五裂どころか、ふつうに見ても少なくとも9つに分裂しています。
 それも背景に激戦の続くサンフランシスコ市長選です。
 一方でシスコでは住まいの賃料が、なんとニューヨークを上回ったという統計が、未公表分を含めてあります。
 学生の多いカリフォルニア州で少なくとも7万人ほどの学生がホームレスとなり、車から大学に通ったりしているという知られざる現実もあります。
 それでも、いまだにハイテク景気に沸くこの地でうまく就職できれば一気に高給取りになるから、一見は気楽そうな学生が、歯を食いしばってホームレス学生生活に耐えていたりします。
 もちろん短時間で、この驚きの現実を知ることはできないけれども、優秀な外交官の協力もあって、そのごく一端に触れてから、アメリカ大陸を離れて太平洋を西進しました。
 
▼東京、テキサス州、ワシントン特別区、ハワイ州、東京と、昨年の連休とまったく同じように回る今回の出張、ころころ変わる時差、意外なほど変わる気候、そして朝鮮半島情勢の激変と同時進行で気の抜けないアメリカの政府高官、軍人との通訳抜きの議論をギリギリやり、心身への負担はかなりのものなのだろうとは思います。
 しかし、それはあまり意識しない。
 ぼくの肉体がよくぞ付いてきてくれていることに深く感謝しています。それは亡き両親と天に捧げる感謝です。
 そして胸の奥にあるのは、こうした日々が、ぼく自身にとっては、まるで無駄死にに終わるだろうこと、それでもぼくらの祖国のために、ほんのわずかに、カケラにもならないほど小さくには、詳しくは誰も知らない貢献となるかも知れないこと、それだけです。
 
▼どんなひとにもある、ひとには言えない、生きる寂しさを魂にうずめて、夜明けを待ちます。
 この地では、波の音を聴きながら待つ夜明けです。
 もう時刻は、午前4時を過ぎました。

 みなさんにお知らせをひとつ。
​ 純文学小説の「灰猫」のおそらくは最後の改稿が、こうしたなかでも、終わりました。
​ 年内に発表できるかも知れません。
 できるかも‥に過ぎませんから、お知らせになっていませんね。
​ ノンフィクションのほうは、年内の遅くないうちにまずは新たな2冊を上梓できるよう、努力しています。
 これは確実です。
​ もしも生きていれば、ね。
 ふひ。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

お知らせありがとうございます!【古賀】
2018-05-08 18:38:22
青山さんの新作楽しみに待ちます!

この度、夫が長年勤めた会社を退職しただいま絶賛プー太郎しています。

大企業ほど働かない社員が沢山いて、いわゆる給料泥棒が存在しています。

今の野党の人たちそっくりみたいで、嫌気がさしたようです。

真っ当な社員に意地悪してきたり、国会そのもののようで私も なんだか考えさせられる日々でした。

そのような社会が少しでもよくなりますように 勉強これからも続けます。

面白い会社も沢山あるようで、まもなく決まりそうです。 ほっ。。。。!!
司馬さんが・・・【石井元秀】
2018-05-07 10:42:44
青山さん、日本の為いつもありがとうございます。
司馬遼太郎さんが生きておられたら次の新書は
「繁晴がゆく」です。
待ってました!『灰猫』【今西雅章(各務原市製造業社員】
2018-05-05 22:58:34
いつも一緒に考えさせて頂いております。
2022年7月以降の青山ぎーん退任後まで読めないと覚悟していた『灰猫』が平成の御代に読めるかもしれない!今からワクワクしています。
青山さんのお庭を訪れる皆さんからは非難轟々かもしれませんが、実はこの四半世紀読み続けて来たのは文学では村上春樹でした。
昔は武者小路実篤さんとか新田次郎さん、五木寛之さん、日本のSFはその作家の本を片っ端から買って読んでました。高校3年では理科系クラスに居ましたが得意なことより好きなことを選んでしまい、文学部近代文学専攻で卒論は横光利一さんでした。
就職後は忙しさから中々本も読まなくなってましたが、2014年6月先輩社員のお見舞いに行って、『永遠の0』を勧められて読んだことをキッカケに国とか政治の話をする様になり仲良くなって、そんな中で「ザ・ボイス木曜日の青山さんの話は中々興味深いぞ」と言われて聴くようになり、すっかり青山さんに嵌まってしまいました。
それからは、手に入る青山さんの本は片っ端から買い、ザ・ボイスや虎ノ門ニュース出演者さん達の小説でない本をよく読む様になりました。
小説はこの3〜4年では『平成紀』含め6作品しか読んでいません。
村上春樹の小説は文庫本になるのを待って、『1Q84』まで全て読んでますが、『騎士団長殺し』がネットで話題になり、ショックで、文庫本化を待たずして購入しましたがまだ読めていません。あらためて、何故、村上春樹を読み続けて来たのか考えてみました。ストーリーも内容も特段優れているとは思えません。思想的には騎士団長殺しでWGIPどっぷりな内容でネット上批判を浴びましたが、長年の読者として判断すると、本当はノンポリだと思います。今まで読み続けて来た理由は、村上春樹の小説の中に満ちている色で言えばセピア色、音で言えば静かなマイナー調の雰囲気です。
青山さんの『平成紀』を読み、内容にも感銘を受けましたが、文章の流れの中に感じる雰囲気に強く惹かれました。村上氏の雰囲気が団塊の世代らしく、緩い処があるのに対して、青山さんの雰囲気はキリッとした意思(内容としての意思を言うのでは無く感性として伝わって来る意思・確固たるもの)の中に清艶な物哀しさを感じさせる青磁色の空気が流れていて、その空間に身を置きたくなります。
天命として命も要らぬ思いで残り4年3ヶ月をお過ごしの覚悟と存じますが、私は青山さんのその後の小説家としての時をお与え下さいますよう天にお祈り致します。
いつもおなじようなところに行き着きます。【小川賢時】
2018-05-05 04:40:58
トランプ大統領との国家間のやりとりであっても、個人的な約束を果たしに中東へ向かったと思っています。
現時点までの報には、諫めるとともに良い方向へと向かうきっかけを作れたように思います。

南北と中国の策略により米国の38度線の戦略的後退を促す仕掛けが一歩前に進んでいるとしたら、日本とのかつてない信頼関係にどうすればよいか?米国内が割れているのでしょうか?「日本を信じる」という意味において各機関ではっきりとしてきたのでしょうか?
北は、首脳部と既得権益の類は、民主主義に、経済の発展へと進めることはできず、自滅を自ら選択しないと考えています。「階級」を手に入れ悪徳を拡大する事しか想像できていないのではないか?
南は統一に固執して段階的な一応の決着が着いたとして、その先まで強かとは思えません。

中国は北が元の鞘に収まりつつ、38度線が後退すれば・・と、舌なめずりでしょうか。

同時に我が国も、具体的な拉致被害者を取り戻すための準備を開始したようにも思えず、首相動向にマスメディアのまともな解説はありません。なぜこんなに国内に対していつも出遅れているのか。

我が国では、我々国民と、首相との間を埋める組織やマスメディアの盲目によって国内の準備が滞っているように感じます。それが、自身の首相へ信頼を持たせぬ要因の一つと最近思うようになりました。首相官邸から一気に発信できる国民向けのホットラインの敷設が必要になるのではないかと長らく思っていましたが、あまりに脆弱な国内に対しての姿勢に早すぎると考えていましたが、コメントにあるように遅すぎになる前にもう必要ではないかと思う次第です。内閣府を糾弾したい心持です。

どう考えても我が国が鍵といえる立場だと思えますが、薄く見え始めてきました、国内の盲目の誘導に壊されてはたまりません。

あらゆる場所に工作が行き届いているとするならば、やはり、時間がない。
米軍が拉致被害者に対して具体的にどのように考えているのか、悲しくも怒りを覚えても、そこなのでしょうか?
小説「灰猫」どんなおはなしか【宮地輝満】
2018-05-05 00:21:50
今からたのしみです!

「平成紀」では、自分が若かりし時代の知られざることを教えていただき、考えるきっかけと成りました。

次回、東京の独立講演会、たのしみです。
お疲れさまです【かおり】
2018-05-04 23:45:25
今回の海外出張も本当にハードですね。
どこかで一息、リフレッシュをしてもらいたいです..

世の中はちろりに過ぐる
20代の頃に閑吟集の中のこのことばを知りました。
依頼ずーっと私の頭の中にあります。
誰であれ一生はあっという間に過ぎるものなのですよね。
だとしたら面白可笑しく生きたいなぁと。

ちろりに過ぐるのが人生だとしても
青山さんが大勢の人の心に足跡を残しておられること、確かなんです。
灰猫が読める日を待ってました。
これからも沢山の本を私達に届けてくださいね(^^)/
安部首相はもっとテレビで演説を☆【あすは智朗(音楽家)】
2018-05-04 23:00:48
安部首相にはもっとテレビに出て、といっても規制の番組ではなく官邸独自の番組を作って、直接国民に今の日本の状況や歴訪した国々の反応や、首相自身の考え方、党の方向性など、首相自身の言葉で発信すべきだと思います。
それも定期的に。

インターネットでは各地で行われた安部首相の大小の演説が観られますが、大多数の国民には届きません。
安部首相のジョークを交えた人当たりの良い側面は公共的な演説ではご自身で表すことは難しいかもしれませんが、報道機関に歪められた顔ではなく、安倍晋三首相の生の人間らしい、本当にお優しくウィットに富んだ、日本を国民を真に思っていらっしゃるお声をビデオレターの形でも良いですので、報道機関を通さずに国民に伝えることは、まさに今求められているのではないでしょうか?
今日も風が吹く【イルカ好き】
2018-05-04 22:24:15
青山先生、失礼いたします。
先生が海外出張の中、GWに長野へ来ています。目的は別にあるのですが、毎年一回栗林中将のお墓の前で、手を合わせること4回目になりました。今年は、初めてお参り中に、同様に手を合わせて行かれる同胞を感じました。そして、去年成し遂げられなかった、松代象山の壕の見学もできました。
そこで偶然なのか、象山の壕は見学無料の開放日でした。今日(昨日)が、憲法記念日だったからです。
そして振り返ると、お寺では心地よい風が吹いていたのです。まさしく今、憲法改正の論議が盛んになり、良き日本のあるべき姿を取り戻す、絶好の機会だと思います。閣下もきっと待ち望まれていたのではないか、っと清々しい風から感じた気がしました。
待っていました、青山さんの小説【shikishimatanuki】
2018-05-04 21:10:54
【平成紀】が大変面白かったので、ずっと小説をまっていました。

あまりにくだらなく腹立たしい今の野党の行状、マスゴミ報道にウンザリしているこういう時は、読書をすることにしています。
私は東野圭吾さんと上橋菜穂子さんの本が大好きです。
どちらも人物を深く描き伏線が張られていて読みごたえがあります。

そして、『平成紀』では自分の知らない世界が、細かく描かれ大変に楽しかったです。
今話題の元財務事務次官のセクハラ問題と通づるところも描かれており、興味深かったです。

まあ、はっきり言ってしまえば小説や本に没頭するというのは、現実逃避なのでしょうが、それでもやっぱり趣味の一つでもありやめられません。

「廃猫」がどんなお話しなのか、出版を楽しみに待っています。
書いてくださってありがとうございます。
言わんといて~【mikity】
2018-05-04 20:37:58
青山さんの本読んで生き方見て己の人生立て直した人がいっぱいいるはず。おそらく「もう生きていてもしょうがない」と、人生を終わりにするつもりでいた人がエネルギーをもらって、生きる意味を見出して「もうちょっとだけ頑張ってみよう」「死ぬ前に人の為になることやっておこう」と生きてる人がたくさんいるはず。
だからもう「死」を口にしないでほしいです。
憲法記念日【林よしえ】
2018-05-04 20:34:40
昨日、私は砂防会館にて行われた
憲法フォーラムへ昨年に引き続き参加いたしました。

昨年、安倍総理が憲法について語られました。

その後、、野党やらマスコミやら、、、、
なんだか、、もう、、、嫌になります、、、



私は安倍総理のもと、今年中に、
国民投票、改憲!っと願っております。


あっ、ワシントンから青山ぎーん、との電報ご紹介が、
ございました。。
踏ん張りましょう!【okamoto】
2018-05-04 19:07:19
青山さん

青山さんの行動、言葉、存在…全てに
正義を感じ生きる希望を頂いてます!
感謝です。

「サーフィン屋デッドさん」のコメント
すばらしいなあ~と思いました。

その応援コメントには及びませんが
青山さんが真っ直ぐ、真ん中を行ける様に
吉田松陰氏の
「死して不朽の見込みあらば、いつでも死すべし。生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし」
の言葉を胸に一生懸命生きて青山さんを応援します!

道中の無事をお祈り致します!
せめてもの【ますりぃ】
2018-05-04 18:02:51
青山さん、国益に繋がる長旅お疲れ様です。

心身のご苦労は相当なものと思いますが、きっと収穫が多く、それが青山さんの元気に繋がれば幸いです。

でも前回でしたっけ?飛行機の色々でご苦労があったのは。今回はとりあえず大丈夫ですか??

大丈夫であればせめてもの救いです。また元気な青山さんにお会いできるのを楽しみにしています。
灰猫【よつばのかあさん】
2018-05-04 17:08:25
「灰猫」、、、どんな話になるのでしょうか?
楽しみにしています!

自分に出来ること、何があるのかな、、、
仕事してる時や、やっとこ眠りにつく前、考えます。

薄明かりの中の青山さんの回り、沢山の同じ思いの人々が囲んでいますよ。


ちょこっとは前に進んでいるのかな?と感じる変化、、、あります。
(1)旦那が飛行機の中で読むために、青山さんの本を勝手に持って行きました。

泣きながら読んだそうで、隣の席の方は??だったかもしれませんね!

(2)次男は、虎ノ門ニュースでの爆笑シーンをチラリと見て、「虎ノ門ニュースって面白いのだったんだ?」と。
そう、面白くて勉強になるんだよって。

みんな少しずつでもわかってほしいな。
どうか間に合いますように、、、。
波紋は拡がります【T.M】
2018-05-04 16:46:33
青山さま

外野から失礼いたします。
私は、ITコンサルタント会社を営む者でございます。

私は、受動的にネガティヴニュースを受け取ることに嫌気がさし、テレビ・新聞を断って15年くらいになります。

青山さんのことは最近、『虎ノ門ニュース』で初めて拝見いたしました。

ようやく、信頼の置ける情報を発信して下さる方に巡り会えたことを、心より感謝しております。

硫黄島の日本兵のことも、青山さんの情報により認識することが出来、日本人として、私なりの供養を捧げたいと考えております。

人間一人の力はささやかなものですが、世の中を変化させるのは、たった一人の志ある行動からであると思っております。

5/5の『よるバズ』、5/7の『虎ノ門ニュース』共に、大変心待ちにしておりますので、どうぞお気を付けてお戻りください。

これからも私どもに本物の情報を発信し続けてください。
私は、世の中に良質なうねりを起こす一石を、支援する道を模索したいと考えます。
潜伏キリシタン・関連施設 ユネスコ諮問機関、世界遺産登録勧告について【川添】
2018-05-04 16:23:23
オールドメディアは潜伏キリシタン世界遺産登録を喜んで好意的に伝えていますが
これは日本がかつてキリシタンを弾圧・虐殺したというキリスト教国への一方的な日本ネガキャンプロパガンダに使われないか危惧しております。
軍艦島の朝鮮人徴用工の件といい嫌な予感しかしません。
私の思い過ごしだといいのですが・・・
お疲れ様です!【一市民】
2018-05-04 16:15:55
青山さん、こんにちは!

アメリカお疲れ様です。
帰路お気をつけて!

これからももっともっと青山さんのご本を読みたいので、
生きて生きて生きてくださいね☺︎
ハリスさんのポジションが【NA】
2018-05-04 16:12:29
 青山さん、こんばんは。
 ハリスさんのポジションがいまいちわかりません。
 太平洋軍司令部の司令官はそのままで駐韓大使になられるのでしょうか。
 決定事項なのでしょうが、現状から考えると、駐韓大使でいいのでしょうか。
 サンフランシスコの市長は奥さんがいらっしゃったと思いますが、記憶が曖昧で、どうされているか覚えていません。
 アイリスチャンとは違うと思いますが、死亡する必要があったのでしょうか。
 5日によるバズの出演という事で、テーマは何でしょうか。
 北朝鮮関連ならいいのですが、憲法改正ならいいのですが、というより特に問題はないと思いますが、森友学園・加計学園の件や官僚の問題に触れるのかどうでしょうか。
 先日朝生では安倍政権と官僚とのようなテーマでしたが、結局森友学園・加計学園に話題がいき、多くの時間を費やされていました。
 長谷川幸洋さんが出演されていて、菅野完氏に発言を否定され、ツイッターでは賛否の否が多く、批判的なツイートが多いです。
 調べるのが不足していたのか意見の食い違いなのか、事実が違うのか分かりませんが、出演者によっては分が悪くなることがあるので、余分な準備も必要かもしれません。
 柳瀬さんの事ですが、青山さんが仰ったような事かもしれないようですね。
 でも、野党とメディアは受け入れないでしょう。
 ちゃんと紹介できているなら分かりますが、会う相手についてきた方の記憶があるのでしょうかね。
 どんな形で会ったか職員側は知っていると思うのですが、会ったと言える会い方をしたのでしょうか。
 首相案件という言葉ではなかったかもしれませんが、それと規制緩和に前向きな民間の方が参加している事を勢いという言葉で表していると思う国家戦略特区を薦めた事とやる気がある事をアピールすべきというアドバイスが、特別扱いなのでしょうかね。
 何かあるとネガティブな事にする野党とメディアはなんなのでしょうか。
 失礼します。
共通した生き方【安野 一】
2018-05-04 15:15:06
米国出張お疲れ様です。今回も実り多き出張のようですね。
テキサスの「国立太平洋戦争博物館」での出来事は、実に地味な活動ですが、
この活動は日本の名誉にとって、とても大切なものだと感じます。
こんなことは本来、国がやらなければいけないことでしょう。
青山さん、有難うございます。
また、ハワイのPACOM行も、大切な意味を持っていますね。North Koreaの
問題と拉致被害者の救出対策を論議されたことだと思います。
青山さんが米国を訪問されている同時期に、安倍総理は中東を訪問されています。
地上波のニュースでは、中東の和平に貢献することを報じていましたが、
私は、表には表れていませんが安倍総理はNorth Korea対策、特に拉致被害者
を救出するための手を打たれたのではないですか?私の勝手な思い込みですが。
中東の地とNorth Koreaとの繋がりを教えてもらわなければ、こんな考えには
至りません。私の眼には、安倍総理と青山議員とが、打ち合わせもなく偶然にも
同じテーマを抱えて、中東と米国を訪問されているように思えてなりません。
この努力が、国民の温かい気持ちと共に成就できるように祈りたいと思います。

夜バズ、楽しみにしています。
知れば知るほど無口になりそう【カンボ太郎】
2018-05-04 14:35:10
3年前から虎ノ門ニュースを知り、それ以後時間があれば出場者の方々のお話をネットで追いかける日々の66歳男性です。
38年前に青年海外協力隊員として東アフリカのマラウイで2年間の生活をして以来、日本で受けた歴史教育の内容と当時の日本でのマスメディアが報じる国内外の情報に違和感を感じていました。
しかしながら、帰国後生活に追われ上記の違和感を忘れて地方公務員生活を30年以上続け、これはいかんと一念発起で転職し、海外で生活していたときに見つけた貴重な虎ノ門ニュースからの追っかけです。
青山さんの御意見は、一服の清涼飲料水のように私をリフレッツシュさせてくれ、感謝しています。しかしながら、公務員時代の友人逹に海外からみた日本の現状をどう述べればよいのか、また様々な仲間内での飲み会のたびに悩み、「ネットで虎ノ門ニュースをみるとおもしろいよ。」や「青山繁晴さんの名前で検索するとおもしろいよ。」と言うのが今のところやっとです。
38年前に感じた、「知ることが苦痛をもたらす」を再度感じる今日この頃ですが、知的好奇心と希望を持つことが年寄りにならない秘訣との話もあり、青山さんの追っかけを続けようと思っています。
今回もハードスケジュールですね。【ぴのこ】
2018-05-04 14:17:44
青山さん、アメリカでの活動お疲れ様です。
今回もハリス司令官と議論するんですね。
前回、青山さんがハリスさんとお会いになって議論すると知った時には、心の底から青山さんが誇らしくて嬉しくてわくわくしました。
世界最強の米軍の上層部になるには、頭の良さだけでは無くて人格的にも優れていて部下からも尊敬される人物だろうと想像しています。
そんな人が誰でも彼でもオファーが有ったからと言って会える訳無いですもん!
青山さんの事を知らないままだったら、こんなにわくわくする事も無くて、政治も興味が無く選挙も行かなくて、拉致被害者の事も忘れたままだった。
青山さんの名前と顔が一致したのは、テレ朝のワイドスクランブルだったので、今は全く見ないテレビですが、その点はテレビに感謝しています。

青山さんが無事に日本に帰って来るのを、楽しみにお待ちしています。
481,890分の一のカケラ【くま】
2018-05-04 12:36:16
毎日の奮闘ありがとうございます。
ハリスさんともお会いになり、お土産話?いっぱいでもうすぐ帰国されるのですね!

青山さんの決死のストラッグルに何10万分の一も貢献できていない自分からしても
「まるで無駄死にに終わるだろう」ってことは絶対にないです!

強靭な肉体・精神・魂からの八面六臂なご活躍は間違っていないからこその
天からのご加護だと思います。でないとこのような奇跡は起こりません。

お疲れの中、「夜バズ」の生放送にふたたびのご参加はGWですが手術しなければいけないかもしれなく外出できない自分にとっては思わず声を上げてしまうほど嬉しいです。

純文学小説の「灰猫」も楽しみだな・・・生きる希望を与えて下さった青山さんは「カケラ」でころではないのですが・・・。
ご次男が千春博士がお帰りなるのを待っている気分です。
ご無事で!
僭越ながら【いいなかっぺい】
2018-05-04 12:30:47
だいぶお疲れのようで心配です。
打てども打てども響かない虚しさをこちらに集まって来られる皆さんも感じておられるのではないかといつも想像しながら拝読しております。
家庭で、学校で、会社で、地域で、こちらに来られる皆さんそれぞれにうつろな思いを抱きながらも生きている。自分一人ではないだろうと期待しつつ私も無駄と分かりながらも足掻いおります。
地球はあと何億年かすると太陽に飲み込まれるそうで。
山で避難路になればと木を伐る時、いつか飲み水に困った時の為にと沢に石を積む時、俺は何をやってるんだろうとひとりごちながら地球消滅の時を想像したりしています。食べ物に困った時の為にと爺様が植えた竹が今ではお日様をさえぎるので今年も間引かねばなりません。我が家の男は代々無駄なことをして死んでいくのかもなと苦笑しておるところです。青山さんのお仕事は国益という大きなお仕事ですから私なんぞにはうかがい知れないことも沢山あると思いますが、精神までくたびれないように、いま少し余裕を持ってお仕事をされたほうが青山さんの為にも皆のためにも良いように思います。国益の為ならば議員を途中でお辞めになってもよいでしょう。私のような薄情者でも青山さんに一票を入れたことを心苦しく思っております。国難や危機というものは皆で乗り越えてこそとも思います。困難に直面する度に誰かに負担を負わせていて、この国が強くなるとも思えません。長々と僭越なもの言いで大変申し訳ありませんが、聞かん坊の青山さんに言っても無駄と承知でお願いを申し上げました。
大事だと思うけれども・・・【片山夕暮】
2018-05-04 12:15:22
青山 繁晴 様

青山さんの「ぼく自身にとっては、まるで無駄死に」の意味が、ようやく少しわかった気がします。私もそのような割り切りにした方が、今後良いかもしれないと思いました。

Yahoo!ニュースにてCNNの「中国レーザー照射?米兵負傷」というニュース。
アフリカはジブチにて、中国はやってしまったなと思いましたが、米国は冷静な対応をしているようですね。私が思ったのは、もし尖閣諸島で日本が(中国が望むエピソードとして)このような攻撃ないし対応をした場合、物理的にも外交・政治的にも激しい衝突が起こるものと思いました。無論、メディアが一斉に騒ぎ日本政府の静かな対応を許さない煽りを起こすものと思われます。

大事のはずですが、日本メディアは報道するのでしょうか?最近取るに足らないニュースばかりです。

青山さんにおかれましては、ご健康をお祈り申し上げます。
青山さんにもあるんですか!!【猫とも】
2018-05-04 10:09:03
青山繁晴様
ひとには言えない、生きる寂しさを・・・って青山さんにもあるんですね。
「一人の良い女、一人の良い友人、一個の良い思い出、一冊の良い書物ーーG.K.チェスタートン」
西部邁さんが人生の最大限綱領とされていた言葉ですが、青山さんであれば、これに何倍もの人生を生きてこられたのではないかと思っていました。
生きる寂しさとは死ぬ寂しさです。青山さんのコメントには潔さとともに死ぬ寂しさを感じます。
誰しも「ひとには言えない、生きる寂しさを魂にうずめて」生まれて何度目かの夜明けを待つ後ろ姿があるのですね。
命ある限り、一生懸命に生きよ~うっと。
青山先生は命綱【阿部行輝】
2018-05-04 10:06:56
実際に自分で収集した情報のみに基づいて話してくださる青山先生のお話は、本当に貴重なものです。偏向したマスコミ情報とは異なり、真の国際情勢、国内情勢を知ることができる命綱です。体の続く限り貴重な情報を日本国民にお伝えください。
63歳の私は、青山繁晴先生が頑張っているお姿を見て、自分もいつまでも現役で仕事を続け、少しでも日本の発展のために頑張れればと思っています。
先日の支部総会に出席しましたが、若い女性との質疑応答を聞いていて、自分も若い人たちのために頑張ろうと、改めて思いました。
感謝【海外に出て日本が好きになった】
2018-05-04 09:26:56
青山さんから真の強さを教えてもらいました。感謝しています。
「灰猫 」すごく楽しみです。
世界・卓球選手権は国際紛争の場に成り下がった【fuukou】
2018-05-04 08:30:12
国際卓球連盟(日本側も容認!)はノーベル平和賞の受賞(誰が?)を見たいのか?単に裏で北朝鮮(と韓国?)と中国に牛耳られてるだけか・・・
大会途中(終盤で盛り上がるタイミング!)で朝鮮南北合同チームを結成??って、これスポーツとしてドーピング以上に酷いルール違反やんか!
スポーツマンシップもひったくれもない。
こんな事ぐらいでトランプ陣営はたじろがない!よね?
でも、この手のソフト?路線はタチが悪いのは確か(苦笑)
奴らの傾向をどうか知っていただきたい【JNSC】
2018-05-04 08:19:17
先日、映画のジョーズを観る機会がありました。
40年も前の映画なので、鮫の模型などアラは多いですがやはり映像の見せ方が巧いです。

海水浴客を襲ったジョーズは当たり前ですが、恐ろしい敵です。
ですが、学者の忠告を無視して、地元観光産業のために海開きを強行した市長一味の責任は免れようがありません。
まさに人災だったと思います。

40年程前、忠告を無視、目先の利益最優先、隠蔽、責任の所在曖昧。
これ、まるっきり拉致と自民党の隠蔽の歴史そっくりじゃありませんか?

市長=自民党 海水浴客=めぐみさん ジョーズ=北朝鮮 学者=良心的捜査機関・議員 
ダッカ事件後の拉致頻発は言うに及ばず、裏で事実を知りながら、
歴代内閣が警察に圧力までかけて隠蔽していた図式と完全に一致します。


しかも、隠蔽の過去を反省して出直すどころか、
連中は今でも拉致の話題が拡散されないようにネット工作を続けています。

例えば自民党の広報部長が祭事系の生中継に出たとします。
硬軟織り交ぜた話題の中で、当人がモニターをチラチラ確認しながら観ている最中に、
拉致の話題が振られるどうなると思いますか?

愛国保守政党・自民党の議員は話題を避け、動画閲覧者たちは拉致の話をさせまいと、
やんわりとコメントで釘をさしてきます。
自民党の主催する自民党議員の放送なのに、政治の最重要課題の話題が出ても無視する。

この間、コメント欄では、次々と隠蔽の実態を暴かれ、広報部長の顔が曇っていき、凍てついていきます。
自民党ファンクラブを醸成中なのに、酷い隠蔽の歴史を知られては商売あがったりですから、必死です。

自民党にとって、このように拉致は邪魔な存在でしかないんですよね。
だからネット業者が一般人の振りをして拉致の話をさせないように仕向ける作業をしてきます。
情けないのは、自民党支持者がそんな状況でも沈黙してしまうことで、
拉致よりも、その場の仲間内の明るく楽しい空気に歩調を合わせる根性が嫌ですね。

日本人の傾向として多く見られますが、特に若年層は仲間内の空気を読みすぎる欠点があるように思います。
ネット上で多勢に無勢、という悪癖が改まらないのは、こういう部分をネット業者に利用されているからだと思います。

他にも、デモや街宣の中継などで拉致の話と自民党批判を織り交ぜて投稿された場合、逆上したコメントが書かれます。
レッテルはりと共に。
あまりにも理路整然と隠蔽の事実が書き込まれると、さすがに分が悪いと判断したのか、
その後は怪しいレッテルはりのコメントが消えます。

私も真似をして何度か試しましたが、結果は同じでした。
また、自民主催の党大会のような場で、投稿者コメントが会場モニターに映ったりすることがあります。

試しに自民党糾弾コメントを書いてみると?
→自身の画面には映っている投稿コメントが、現場モニターには映らない。
当たり障りのない自民党応援コメントを書いてみると?
→自身の画面には映るが、現場モニターには反映されない。

このようにきっちり邪魔者として「最初からフィルター」がかけられているんですね。

ちなみに、共産党や社民党のネット放送で拉致の話題をしてみると、
私が観た範囲では、誰ひとりとして妨害や暴言を吐いてくるコメントは見つかりませんでした。

自民党の放送では、拉致の話は忌諱され、共産社民の放送では自由に拉致の議論が展開できる。
これが日本の実状です。
青山さんの選挙中、有志の生放送で同様のことを試したら、やはり穏やかな口調で釘を刺されました。
選挙中は、業者も危ない橋を渡らない方針のようですね。
どうぞ一度お試し下さい。
アキラッチさんへ【元大学院生(コメント公開可)】
2018-05-04 05:21:13
私が考える、青山さんを経済的にも支援する方法です。もちろん、第一義は青山さんの志に共感してですが、現状でもこれだけやれることはあります。

1.TCRを購読する。(独立講演会と違って、定員に上限がないので、購読者が増えれば増えるほど、青山さんへの独研からの支払いも増えるのでは、と予想します)

2.御著書を購入する。

3.独立後援会に参加する。

4.月刊HANADAを定期購読する。その際、澄哲録片片を読みたいからだと申し添える。

5.青山さんの支部を通じ、自民党に入党する(ある一定数に達しないと、国会議員に罰金があるはずです)

6.IDCに入会する。
いやいや【中島栄治郎】
2018-05-04 02:05:18
青山さんらしくないですよ!

もしもなんて!

肉体年齢30代なんだから!

沢山、小説も含めて、発信お願い致します!
お金のこと【アキラッチ】
2018-05-04 01:03:58
青山さん!!!

お金、足りないのでは???

絶対、足りてないよね

国会議員の歳費?

そんなもので足りるわけないですよね

献金も、寄付も、ボランティアも受けないし、パーティー券も売らないし・・・

このままでイイわけないですよ

僕たち、知恵を出さないと・・・

これまでも、これからも、心の中で手を合わせています

本当にありがとう!!

青山繁晴さん!!!
全然違う話かもしれませんが【坂野 賢司】
2018-05-04 01:00:31
 自分は海外に1回だけしか旅行に行ったことがありません。その場所もハワイ。それじゃあ、日本と近いから外国とのギャップを感じることはできないと思っていました。

 でも、違いましたハワイといえども米国です。テレビを見ると日本のニュースなど触れることはなかったというのが正直な感想です。というよりも、米国の大統領選挙中に行けたということがラッキーの一つだったです。大統領選のニュースはメインでしたし、ダイアモンドヘッドからの帰りのタクシーでジョン・ケリーとジョージ・w・ブッシュの選挙の討論がラジオの中から聞こえました。東京の某観光名所で英語に少し触れていたこともあり、多少の討論の中身はすこしわかりました。

 ここで、新鮮だったというか、衝撃だったのが候補者の演説の中身です、ケリーの演説の中身は社会保障の中身をどうするのかといったことに時間を割いていました。対して、ジョージ・W・ブッシュの演説内容が神が与えた・・・・・という内容だったので、衝撃というか日本の保守層とアメリカの保守層では全然違うのだなと感じさせられました。

日本の保守層は日本の皇室をどのように継続し、その歴史的かつ宗教的な伝統を保持していくことを前提にしておりますが、かといって社会保障や適正手続に基づいた法改正または政策の議論をしますが、アメリカでは宗教というものが全面的に押し出されているのだなと考えさせられました。

青山さんが常日ごろ言っている外に出てみないとわからないということを経験させられたよい海外旅行だったと思います。
そしてまた夜は明ける【健太郎】
2018-05-04 00:15:01
ふと本棚に目を移せば、青山さんの書籍で一杯です。
儚くちいさな足跡だとしても、それは偉大な一歩であり、そこには若い世代に語り継がれるべき国士の魂が溢れてます。
いつも国益のためだけにご尽力なさる青山さんがとても羨ましく、また日々感謝しております。
いつもありがとうございます。
ついに【豊の国の若僧】
2018-05-04 00:11:13
『灰猫』ずっと気になってました。激務の中で進めていたんですね。本当に脱帽です。年内でも、年内じゃなくても、出版楽しみにしてます。
ボンボンにはボンらしい生き方せんと満足せーへんて【サーフィン屋テッド】
2018-05-03 23:57:27
なにをゆ~てんねん どれだけの人があなたから勇気をもらい、襟を正して、生きる決意をしたか
無駄にみえて、無駄なものなど あらへん。
逆に、普通のボンみたいに、作家やって、オイラ達の船に乗って、サーフィンおやじやって、
うまいビールのんで、とら8でニュース開設して、、、、 あなたが自分に満足できるの?

満足なんて、せーへん。それがボンボンやで。しゃーないやん そういう家に生まれたんやから。
マイケル ジャクソンの メン オン ザ ミラーでも聞いて 波でも見てれば、忘れるで。
しげちゃん  お互い 歳も近いから クタバッたら、最高のサーフィン 連れていくからね!
南太平洋にヨットでアンカーおろし、ぶっつけ5時間 やるで、体鍛えておきや。スキーもカナダの
ヘリコプタースキー 行こうぜ!
Love what you Do,Do what you Love
Ted

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ