On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-05-21 08:27:25
Comments (0)

尖閣諸島その後

▼きのうの外交部会正副会議にて、海外の同胞への給付だけではなく、尖閣諸島をめぐって「中国公船による不当な活動に対する決議」案も提示されました。
 不肖ぼくは、以下のように発言しました。

「相変わらずの抽象論が中心であり、これでは、日本の漁家のかたがたが正当に操業中の船を中国が武装船で追いかけ、漁労を妨害し、命も危険に晒したという新しい事態に対処できません。こういう党の公式の場で、任意の議員グループの提言に触れて申し訳ありませんが、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) は総理に、具体的な新しい諸策を盛り込んで提言しました。外交部会の提言も、それを参考に作り直して頂けませんか」

 これが受け容れられ、中山泰秀・外交部会長のもとで修正作業が行われています。

▼そして本日に、自由民主党の最高政策責任者である岸田文雄政調会長へ、提出されます。
 一切合切、同時進行で、力を尽くして、取り組んでいきます。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ