On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-06-06 09:17:15
Comments (0)

自由に、めぐみさんを探しに行かれる滋さんの魂、わたしたち日本人と早紀江さんとの変わらない連帯

 やはり衝撃と悲しみが大きく、このブログも、毎日更新というみなさんへの約束がありながら、追悼の意味も込めて書き込みをせめて一日、お休みにしようかと思いました。
 しかし、それは追悼にもなりませんね。

 のちほど、事の根幹から、記したいと考えます。

 令和2年、皇紀2680年6月6日土曜朝 青山繁晴 拝



 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ