On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-11-15 09:55:14
Comments (0)

第三波の武漢熱ウイルスはこれまでと違う!

 みなさん、おはようございます。取り急ぎのエントリーです。
 今朝まで、危機管理の立場から感染症に対峙する専門家、そのひとりとして議論してきた結果を、お伝えします。
 ただし、これは決して政府見解ではありませんし、政府の分科会の見解でもなく、自由民主党の見解でもありません。
 すべての内外の議論を、水面下部分を踏まえてはいますが、あくまでも、ぼく個人の意見です。

 第三波を引き起こしているのは、中国共産党の独裁が生みだした武漢熱ウイルスに違いはありませんが、凄まじい勢いで変異を繰り化してきた末の、事実上の新種です。
 それが入ってきたと言わざるを得ません。

 この新種の特徴は(1)広範な空気感染を引き起こすには至っていないが、エアロゾルによる感染は起こす(2)同時に接触感染による感染力も増強されている(3)全般に、かつて尾身茂さんも言及された「感染力は弱い」という特徴は消え、感染力は強いーということです。

 したがって、エアロゾル(一定の範囲内の空中への飛沫などの拡がり)に加えて、エレベータのボタンやドアの取っ手、共通の食器類などからの感染に、くれぐれも、くれぐれも注意なさってください。

 重症化させる力はあまり増幅していないと思われますが、高齢者だけではなく、油断大敵です。
 以上、取り急ぎ。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ