On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-11-15 19:42:07
Comments (0)

念のため、もう一度、お伺いします

「構想を始めたときからすれば、20年を超えているでしょう」と書いてくださったかたがいますが、その通りです。
 刊行したばかりの「わたしは灰猫」 ( 扶桑社 ) ですね。

( ※ 紀伊國屋書店のウエブストアにたっぷり在庫があるようです。ここです )

 ただ構想の段階から数えていると、どんな作品も時間を掛けているわけですから、この新刊書の帯に「18年4か月かけて書いた物語とは。」とある、18年4か月とは、実際に最初の1行を記した平成14年3月16日の土曜日、そこからの歳月です。

 このブログに、みなさんから沢山いただく読後感が、あまりに素晴らしくて・・・コメントを原則、非公開にしているこのブログで、例外的に公開したいと思っているのですが、「いえ、私の読後感は公開しないでくださいというひとはいらっしゃいませんか ? いらしたらブログにコメントとして書き込んでくださいね」という呼びかけを、すこし前に致しました。
 まだ、おひとりもないのですが、大丈夫でしょうか ?
 もうすこし、お待ちしたいと思います。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ