On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-11-26 08:47:03
Comments (0)

まだ続いています



 開会までに、外交部会の佐藤正久部会長と、副部会長も来られました。
 部会長も副部会長も、ふだんから早く来られます。




 この2枚の写真から、開会後です。
 雛壇(ひなだん/首脳陣席のこと)には、原田義昭・前環境大臣もおみえになっています。
 外交・安全保障にふだんから関心のある議員が集まっています。
 ひとつ前のエントリーで記したように、ぼくが最初に発言しました。議員席から、賛同の大きな拍手も起きました。その後も、写真の柴山前文科大臣も含め、その前に座っておられる山田宏・護る会(日本の尊厳と国益を護る会)幹事長も含め、どしどし発言されています。
 こういう場には、親中派の発言はいつも、ありません。
 そこがまた、大問題です。ふだん隠れています。上から指示が降りると、突如、大挙しておみえになります。習近平国家主席の国賓来日について、「中止を要請」という趣旨を外交部会が決議したときがそうでした。
 いつもは親中派の議員たちはいらっしゃらないか、発言されないので、そのかたがたと議論ができません。
 だからこそ、内部深くから変えていくほかないのです。見える場だけで勇ましくやっていても、ほんとうに変わるべきは変わりません。

 こうした部会は、公開と非公開の中間です。いつも申しているとおりです。
 だから他の議員の発言の紹介は、あくまで慎重に扱います。
 しかしぼく自身の発言は、すべて、一切、あとで主権者に一言一句、お伝えします。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ