On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-01-12 15:01:02
Comments (0)

今日は護る会の執行部会、外交部会と続き、そして現在は武漢熱をめぐる自由民主党の対策本部に参加しています。



▼これも、感染症対策を施しつつ、多くの議員が詰めかけています。
 写真で発言しているのは、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) メンバー議員の大岡敏孝代議士(滋賀1区)です。

▼ぼくはすでに発言を終わりました。
 中国、韓国をはじめ外国からの入国を許す「ビジネストラック・レジデンストラック」と称する制度について、「期限を設けない、すなわち武漢熱が収まるまでの完全停止」を求めて、さらに「インバウンド頼みの経済にしようとすることが背景にある」と指摘しました。
 そして、観光地の現場の情況を実際に確認すると、中国からの観光客がビジネストラックを使って入り、中国人ドライバーの違法な白タクに乗り、民泊制度の悪用によって中国人が実質的に経営する宿に泊まり、日本人にはおカネも落ちないということを具体的に挙げ、「インバウンド頼みの経済政策を脱するべきと、党から、政府に意思表示を明確になさることを求めてください」と発言しました。
「日本は技術立国、また製造能力を高める国であるべきで、観光業も大切ですが、基幹産業にしようとしてはいけません」とも述べました。

▼先ほどの外交部会でも、いま現在の対策本部でも、インバウンド頼みをやめるべきという発言に、参加議員の多くから賛意が「そうだ」という声や拍手で示されました。

 とりあえずの実況中継です。
 詳しくは新動画の「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」で資料もみなさんにお見せしながら、話します。
 次の収録は、金曜日です。
 いつものように4本ぐらいは収録して、その夜から、アップが始まる予定です。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ