On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-01-14 17:38:36
Comments (0)

ドックから這い出て・・・とは意味不明にして大袈裟ですが・・・ビジネストラック・レジデンストラックの停止を2月7日以降も続けること、「特段の事情」とは何かを明らかにすることを求めました。



▼きょう1月14日木曜午後に、自由民主党の本部で開かれた外交部会は、通常は1時間のところ2時間に達しました。
 ビジネストラック・レジデンストラックについて菅総理がきのう、「一時停止」と表明されたことを、多くの議員が評価しつつ、強い懸念が残っていると発言する議員がとても多かったからです。
 ぼくは、次の2点を問いました。

 ( 1 ) 2月7日に国内の緊急事態宣言が仮に解除されても、海外から、特に変異種ウイルスの流入を防ぐのは別問題だ。ビジネストラック・レジデンストラックの完全停止を、それ以降も続けるべき。

 ( 2 ) 菅総理の「一時停止」表明は一歩前進だ。しかし、日本への入国をようやく全面的に止められたはずの中国、韓国をはじめとする外国人が「特段の事情」があれば別、となっているのは国民の不信を増幅させる。
「人道上の理由」などという漠たる説明ではまったく足りない。一体なにが「特段の事情」なのか明示せよ

▼写真は、今回も杉田水脈代議士が、気づかないうちに撮って、部会を開いているうちに送ってくれました。
 密を避ける席の設営になっているために、参加議員が少なめにみえるかも知れませんが、実際には熱心に参加している議員が多かったです。



 国会がまだ召集されていなくて、選挙が間違いなくある年の1月半ばの外交部会にしては、政治記者時代からの長い現場経験を通じても、盛況だと考えます。
 そして上記の2点について、共通する意見を仰る議員が圧倒的に大勢でした。

▼政府の行政官 ( 官僚 ) たちは何と答えたか。
 基本的には、ムニャムニャに近かったですが、脂汗を流しながら答えている気配もありました。
 脂汗・・・必ずしも本心と一致はしていない、という意味です。

 気の毒、というような甘い言い方はすべきではありません。
 しかし行政官のなかにも、政府の公式な姿勢と違う考え方もあることを知っていますから、これまでと同じく、水面下で一致点を探し、より良い方向、ましな方向、ちいさくとも光のある方向にじりじり進んでいくように身を砕きます。



▼実は・・・公務にも難交渉にも原稿執筆にも取り組みつつ、人間ドックで検査を受けていました。
 万事が同時進行の日々ですが、さすがに、これはちとキツイ。
 
 人間ドックの最後に、麻酔ではないけれど鎮静剤を使用して、苦痛の大きい検査をふたつ、やりました。
 人間ドックは毎年、必ず受けています ( もちろん、すべて自費 ) 。
 去年はこの鎮静剤が効いて、苦痛をほとんど感じなかったのに、今年はなぜか、苦痛が烈しくて、しかも検査の場からこの外交部会に直行していますから、頭がややふらふら。
 その状態で、おのれを励まし、政府側に問うているところです。

 しかし、ま、何が何でもすべて同時に進めるしかありませぬ。
 国会はあと4日で召集され、長い通常国会の開幕です。
 その召集までに人間ドックをやっておかないと、きっとやれないままになるから、難交渉をやりながらのドック入り。
 いわば潜水艦か戦艦がドックに入っていながら、海にも出て戦うようなもの・・・とは、ちょい言い過ぎですね。
 そんなかっこいいものじゃないです、もちろん。
 ふひ。
 だけど、看護師さんもお医者様もさりげなく協力してくださって、助かりました。

▼この外交部会では、ビジネストラック・レジデンストラックの問題だけではなく、韓国が突如、日本のEEZ ( 排他的経済水域 ) での海上保安庁による海洋調査を妨害する挙に出たり、中国がまたしても、尖閣諸島で不埒な侵犯行為をしたり、といった重大な問題も議題となりました。
 ぼくはその議題でも、佐藤正久外交部会長の許しを得て、発言しました。

 1枚目の写真で、ぼくの手前にいらっしゃるのは、ながい盟友の衛藤晟一 ( せいいち ) 前領土担当大臣です。
 大臣経験を踏まえて、尖閣諸島について、とても大切なことを発言されました。勇気ある発言だった思います。

 いつものように、明日金曜には、新動画の「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の新しい分を収録します。
 そのときに、この外交部会の様子も、具体的に、赤裸々にしっかりお話しします。
 明日1月15日の夜に、新しい収録のうち1本目はアップされる予定です。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ