On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-02-18 04:37:33
Comments (0)

拉致被害者を救出するために

 みなさん、おはようございます。
 きのうの部会であったこと、このエントリーに記したこと、すなわち海外のぼくらと同じ日本人、同胞、はらからにやっと眼を向けることは、北朝鮮に取り残されている拉致被害者である同胞を救出することと、根が同じです。

 拉致されたままの同胞が、武漢熱のさなかに、どんな運命に直面されているか。
 その様子すら、ほとんど何も知ることができません。
 安倍総理も、遂にひとりも救い出せないまま、長期政権を終えられました。
 しかし、まさか、ここで屈するわけにいきません。
 どうしても光へ進まねばなりません。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ