On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-03-26 02:47:35
Comments (0)

ぼくらの好きな台湾はいつ、攻撃されてしまうのか

 恐ろしいことに、習近平体制が続く限りは、台湾がやがて中国軍の侵攻を受ける、せめて、受けるんじゃないかと言っておきたいですが、この話が最近ではすっかり日本と世界の常識になってしまっています。
 実際、アメリカ軍は、不肖ぼくの知友のアキリーノ次期インド太平洋軍司令官が議会で「中国による台湾侵攻は、一般の想像よりも切迫している」と公に語ったりしています。

 そのなかで中国の外交責任者は、アメリカのアラスカへ出かけました。
 そこで記者団を通じて世界のみんなが見ているなかで酷い口喧嘩になったのは、ご承知の通りです。

 これらを総合してどう考えればいいのか。
 ここを視て、一緒に考えてください。
 台湾問題は、尖閣問題ですから。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ