On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-05-22 05:15:01
Comments (0)

「予定通り」という言葉を聴くと・・・

・・・なんだか、すこしホッとする、こんな日本社会になってしまっています。
 果断に政策を打ち出すより、緊急事態宣言をはじめすべて小出しにして、ずるずると異常事態が長引き、国民生活の多くが「予定変更」になる。

 このような政、まつりごとで良いはずはありません。
 呼べど叫べど変わらないようでいて、外から呼んで叫んでいたときと比べると、この5年、実は変わりました。
 かなり変わっても、変わっていない部分がまだまだ巨大なのです。
 敗戦から、76年も思い込みと誤謬 ( ごびゅう ) を積み重ねてこうなっているからです。

 重いものを動かすには、外からペタペタと叩くより、内に入って動かそうと汗と血を流す。そのことの意味を365日の毎日、確認していく、5年でもありました。
 同時に、動かそうとしているおのれは報われないこと、これが肝心です。

 天はすべてを見てらっしゃいます。
 一分 ( いちぶ ) の虚飾も通用しませぬ。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ