On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-05-22 17:58:15
Comments (0)

護る会は、日の丸半導体の再興をはじめ「経済安保17か条憲法」を総理と官房長官に提言しました



▼日本のこれからを決する重大事項として、護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) は経済分野の安全保障にも取り組んでいます。
 きのう5月21日金曜の午後に、総理官邸を訪ね、加藤勝信官房長官に17か条で構成する提言をお渡ししました。
 官房長官から、確実に、菅義偉総理に渡されます。

▼まずは、動画の「日本ボロ勝ち」 ( これです ) でそのときの様子、提言の中身と意義を視てくださいますか ?
 新動画の「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の第155回放送です。 ( 新動画の全容はここです )

▼加藤官房長官には、17か条の全項目にわたって、不肖ながら代表を務めるぼくから説明いたしました。
 17か条の土台になる前説についても、説明しました。
 加藤さんは、すべての説明について、ピンク色のマーカーでマーキングされながら、思いがけないほど熱心に、丁寧に聴き入っておられました。

▼総理官邸には、護る会の66議員全員から希望者を募って、一緒に訪れました。
 官邸から一定の人数に絞るよう要請されていたので、希望者から抽選で決めました。

 ぼくの説明のあと、加藤官房長官から「全員の発言を聴きたい」という非常に積極的なお話しがあり、写真の全員が発言されました。
 上掲の動画では、その一部のお名前しか挙げていません。官邸を訪ねた直後もぎゅっと詰まり緊迫した公務日程があり、スキマが無いのにスキマをつくって収録し、そのあとも日程が控えていたたことが影響したと思います。
 頭を下げて、お詫びします。ほんとうにごめんなさい、視聴者のみなさん。たいへんに失礼しました、護る会のみなさん。

 そこで、全員のお名前を下掲します。
 左から、和田政宗参議院議員、齋藤健元農水大臣、長尾敬衆議院議員 ( 護る会副代表 ) 、山谷えり子元拉致問題担当大臣 ( 護る会常任幹事 ) 、山田宏参議院議員 ( 護る会幹事長 ) 、ぼくを飛ばして、加藤勝信官房長官、原田義昭元環境大臣、高市早苗元総務大臣、長島昭久衆議院議員、石川昭政衆議院議員 ( 護る会常任幹事 )、加田裕之参議院議員。
 この計11人 ( 代表のぼくを含む ) の全員が、発言されました。

▼加藤官房長官は、経済安全保障を政府も重大なテーマとして捉えているとの認識を明言されました。
 詳しくは、動画をご覧くださればと思います。

 このあとのエントリーにて、提言をアップしようと思います。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ