On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-06-23 10:15:02
Comments (0)

はぁはぁはぁと息を吐いて戻ってくる、灰猫さん  にっこりする咲音

▼物語の「わたしは灰猫」が、第三版の重版となることが決まったそうです。

 もう消えゆく運命が待つだけだと思っていましたから、鬱屈を深めるばかりの不肖ぼくの内心にとっては、マッチ売りの少女がちいさなマッチの明かりを点してくれたような、知らせです。

 版元の扶桑社に感謝し、諦めずに奔走してくれる編集者に感謝し、そして、そして何よりも誰よりも、灰猫と咲音を忘れないで居てくれる読者のみなみなさまに、あらためて敬意と感謝を捧げます。

▼本の重版ということに関連して、このエントリーを大幅に書き直しました。
 大切なことを書き加えたつもりですから、よろしければ、クリックしてご覧ください。

▼「わたしは灰猫」は、もう書店にはほとんど無いようです。
 今回の第三版は、ネット書店で残りわずかとなっていることへの対応だそうです。
 たとえば、アマゾンでは「6月29日に入荷予定。今すぐご注文ください」(ここ)となっていますが、紀伊國屋書店のウエブストアでは「ご注文いただけません」(ここ)というショッキングなひと言が記されているだけとなっていますね。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ