On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-06-25 04:15:28
Comments (0)

窒息しないでください



 この頃、ブログでみなさんに「おはようございます」と、声をおかけすることが増えました。
 今朝も、申しあげます。

 おはようございます、みなさん。
 真っさらの、いちにちです。どうかご無事で、そして、いくらかでも気持ちを明るく、命の刻 ( とき ) を楽しまれることを、こゝろの底から願っています。

 窒息しないでください。
 押し潰されないでください。
 日本人が顔を上げて、生きていけるよう、ぼくもおのれの残りの命を捧げて、戦いますから。

              ――――――――――――――――――

▼そのぼくの根っこはあくまでも、ひとりの物書きです。
 国会議員を務めていても、あるいは5年まえまでのようにシンクタンクの社長を務めていても、もの書きとしての歩みはいささかも変わりません。
 その歩みのなかには、新潮社と約束して、まだ完成しないノンフィクションの原稿もあります。
 しかしどれほど遅れていても、良心的な新潮社の編集者と約束したのですから、必ず、完成させます。

 この本のタイトルを、「窒息しないでください」に変えることも考えています。
 本のタイトルとしての力を付けるために、あえて「窒息するな」という強い言葉にするかも知れません。

 それぐらい、現状の日本社会は、みんなを窒息させる、押し潰す空気が満ちています。
 しかもその空気は、日本社会みずからが作り出した、生み出したものです。
 これを中央突破せねばなりません。

▼10か月前に始めた動画もあります。目的は同じです。窒息する空気の中央突破です。
 これも、どうにかこうにか、続けていきます。
 ゆうべは、174本目をアップしました。

 ゆうべの1本のテーマは何か。
 先日、首相を主語にして「9月の衆院解散・総選挙を決断した」という新聞報道がどっと出ました。
 日経新聞や読売新聞などは、一面トップでした。
 もちろん菅総理が直接、公に語られたのではありません。
 一方で、ぼくが背景を調べた限りでは、「総理自身が決断した」というリークが、政権内部から積極的に行われました。

 ぼくは、政権与党の国会議員のひとりとして、これに真正面から反対します。
 ここで述べています。

▼さて、みなさんもぼくも一日が始まっていきますね。
 今日、日程の途中で何とか時間をつくって、前述の動画「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の新しい放送も収録するつもりです。

 さまざまな仕事をしつつも、皇位継承まんがの『誰があなたを護るのか 不安の時代の皇 ( すめらぎ ) 』と、物語の『わたしは灰猫』を読んでくれる人が、おひとりでも増えることを願っています。

 前者のまんがは、読むひとが増えるかどうかが、日本の運命を左右する側面があると、ほんとうに本気で、考えています。
 発刊から今日でまだ1週間ですが、早くもじりじりと読むひとが減り始めています。
 とても心配しています。

 後者の物語文学は、みなさんの窒息感、圧迫感への、ぼくなりの答えのひとつなのです。
 どんな手段でも、ゆっくり読んでいただければと、この雨の季節にこそ、願っています。

▼写真は、山形県のかたがたが工夫してつくられた「レーズン入りサラミ」です。
 山形2区選出の若手ホープ、鈴木憲和代議士が、思いがけず、くださいました。
 朝からサラミ、と思われますか ?
 これが日本の朝ご飯にも合うような、柔らかい味なのです。
 ぼくはアメリカがつくった濃い味、そしてかなりラフな味でもあるサラミとかビーフジャーキーも好きなのですが、この日本オリジナルのサラミに、ちょっとびっくりしたのです。

 ここにも、喪われない日本があります。






 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ