On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-09-18 22:07:14
Comments (0)

【分かりやすいように書き加えました】  冷や飯を食う ?

 もともと食べてますよ、たっぷり、冷や飯。
 だから誰を支持するのも自由、推薦人になるのも自由だし、考えてることを自在に申しあげています。
 高市候補や麻生財務大臣が「総裁選で負けた側は、冷や飯」という趣旨を仰っていることについて、ふと、思いました。

▼ちなみに、高市さんも麻生さんも、当然ながらご自分のことを仰っているのではありません。

 高市さんは、推薦人を含めてご自分を支援した議員のことを仰っていました。
 いわゆる出陣式での挨拶の時です。
「 ( 高市さんが総裁選で落選したら ) ここにいらっしゃるみなさんは冷や飯を食うことになる」という話し方でしたね。
 高市さんの思いやりと、厳しい現実認識が、ジョーク風に表れたのでした。

 麻生さんは、テレビ報道でたまたま、ちらり目にしただけです。
 麻生派の議員らに向けての発言かな ?
「誰かの推薦人になったり、支援するのなら、その候補が総理になれなかったときは、冷や飯を食う、干される、その覚悟はしておけよ」という趣旨だと思います。
 背景には、麻生派が、第1回投票で誰に入れるかを表向き、自主投票にしたことがあるわけです。

 そして冷や飯とは、総裁選後の人事、ポスト配分で憂き目 ( うきめ ) に遭うことです。
 ぼくはもともと地位を求めていませんから、ほんとうは冷や飯も何もありません。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ