On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-05-24 03:27:09
Comments (0)

NHKが、台湾侵攻をめぐるバイデン大統領の新しい発言を「失言」と報じたのは、おかしい



▼初めて来日なさっているバイデン米大統領が、岸田総理との記者会見で、記者から「台湾が侵略を受ければ軍事的に関与するか」と問われ、「そうだ」と述べ、記者が確認を求めると「それがわれわれの決定した(台湾への)関与だ」と明言しました。

▼これについて、きのう5月23日夜7時のNHKニュースでは「失言だ。アメリカは(台湾が侵攻を受けた時の対応について)あいまい戦略のはずだ」と解説し、「バイデン大統領はこの件で何度も失言してきた。問題だ」とさらに解説しました。(いずれも趣旨です)
 まるで、中国の国営テレビの放送かのような解説です。

▼バイデン大統領は “That’s the commitment we made” と述べました。
 おそらく意図して簡潔な答えになさっていますが、その意味するところは、ぼくが訳した上記のとおりです。
 すなわち、新しい決定というニュアンスを充分に含んでいます。
 NHKの解説は、驚くばかりに中国側に寄っています。中国側に寄せたいと意図したと言うより、思い込みによる誤報に近いと考えています。

▼たぶんNHK内部でも問題視されたのでしょう、きのう9時のニュースではその解説は影を潜め、明けて今日5月24日になってからのニュースでも「失言説」は引っ込めているようです。

▼ことはNHKにまったく限りません。
 日本のオールドメディアが、ほぼ無意識のうちに中国寄りになっていることが背景にあります。

▼「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の次回収録で、さらに解説したいと考えています。
 きのうはこの動画を、正直、力を尽くして4本収録し、さらに三浦麻未公設第一秘書の提案で「#shorts」を10本収録しました。
 このショートは、1分以内に話すことが条件ですが、話してみると30秒台のものも少なくありません。

▼4本のうち、まず「今回の日米首脳会談は、ペリー来航以来初めてのウルトラ画期的なものになった」という趣旨の動画を、ここにアップしています。
 ショートの1本目も、同じくここからご覧になれます。

 身体が烈しい疲労と戦う最中の収録となりましたから、凄い顔をしていて、見苦しくて申し訳ないです。
 きっと回復させますから、そこはどうか、さらりと見逃してくださいませ。

▼写真は、「ぼくらの国会」リアル版を含め、今の凄絶な日程のなかで姿を現してくれた富士です。
 富士の気高さの奥には、みずからも傷つきながら戦う姿もあると感じるのです。







 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ