On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-09-30 09:37:13
Comments (0)

経済安全保障をめぐる党の議論では、セキュリティ・クリアランスも中国問題も重視して、どんどん議論しています



▼きょうは、閉会中の最後の日です。
 秋の臨時国会が、週明け10月3日月曜に開会する見通しですから。
 国会があっても無くても、公務が絶えることは無いです。

 きょう9月30日も朝から、自由民主党本部で「経済安全保障推進本部」に参加しています。
 提言をまとめるための平場の会議です。

▼写真は変わり映えしません。
 しかし論議の中身は、一日一日、一回一回、違いますから、気を抜けません。

▼ちなみに、この経済安全保障推進本部では、幹事長代理なので、きょうのような平場では原則、発言を控えます。
 役員は役員の中で自由自在の議論をして、役員会としての意見を定め、それを平場に出す。平場では、役員以外の議員が自由に議論する。
 それが自由民主党の事実上のルールです。

▼わたしは「現在の経済安全保障推進法を改正して、セキュリティ・クリアランスを盛り込むことは大切です。ただし、すぐに役所が使うカタカナより、日本語にすべき。たとえば資格保証、適格保証、資格確認、適格確認、いくらでも日本語で概念が分かる用語をつくれるではないですか」とすでに、提案しています。
 推進本部の中で検討されています。
 いずれにしてもセキュリティ・クリアランスの策定という推進本部の方針は揺らぎません。中国の脅威に立ち向かうための『経済安全保障』であるという方針もまた、揺らぐことがまったくありません。






 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ