On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-01-28 22:08:01
Comments (12)

国会という現場から その に (暗黒国会ノート) (いくらか書き足しました)

▼午後3時50分からは、参議院本会議で政府四演説が行われました。
 ところが、野次でほんとうに演説が聞こえないときが多いのです。
 NHKの生中継は、音声が実質的に操作されていて、野次が視聴者・国民にさほど聞こえません。
 NHKの画面は、まともに国会審議が遂行されているかのように偽装されていると言うほかありません。
 これは、不肖ぼくが予算委員会で質問に立ったときも、傍聴にお見えになった主権者なら、まさしく現場で体験されていることです。

▼野次は前からあまりにひどいのですが、この通常国会から、共産党および立憲民主党などの席と、維新の席が入れ替えられ、自由民主党席のすぐ隣に、この共産党や立憲民主党の議員たちが着座するようになりました。
 前の国会までは、かなり遠くから野次が聞こえていて、それでも演説が聞きにくかったのですが、今日からは、自由民主党議員も公明党の議員も思わず顔を見合わせるほど、野次というより罵声、怒声がじかに襲ってきて、安倍総理の演説も、河野外相の演説も肝心な部分が掻き消されて聞こえません。

▼その喧噪と妨害のなかで、安倍総理が演説するうち、これら野次が「それは日露戦争の時じゃないかぁっ」、『戦争をしたいのかあっ」と一斉に激昂して叫んだ部分がありました。
 この部分の演説を、総理官邸のHPで確認すると、以下の部分です。

~以下、引用~
‥‥東日本大震災の直後、仙台市の避難所を訪れた皇后陛下に、一人の女性が花束を手渡しました。津波によって大きな被害を受けた自宅の庭で、たくましく咲いていた水仙を手に、その女性はこう語ったそうです。
 「この水仙のように、私たちも頑張ります。」
 東北の被災地でも、地元の皆さんの情熱によって、復興は一歩一歩着実に進んでいます。平成は、日本人の底力と、人々の絆(きずな)がどれほどまでにパワーを持つか、そのことを示した時代でもありました。
 「しきしまの 大和心のをゝしさは ことある時ぞ あらはれにける」
 明治、大正、昭和、平成。日本人は幾度となく大きな困難に直面した。しかし、そのたびに、大きな底力を発揮し、人々が助け合い、力を合わせることで乗り越えてきました。
~引用ここまで~

 この「しきしまの‥」に激昂しているわけです。
 明治天皇の御製(ぎょせい)を引用したことに、汚い罵声を、とんでもない大声を合唱するように浴びせたのでした。
 唖然としました。
 その歴史観、国家観にです。
 では、南下する帝政ロシアと戦わずに黙って言うことを聞けば良かったと言うのでしょうか。
 戦争は慄然とする殺し合いです。ぼく自身、旧ユーゴ戦争やイラク戦争の現場を歩いて、それを怖ろしいほどに痛感してきました。多くの国会議員が漠然と戦争を論じるのとは、訳が違います。ありとあらゆる力を尽くして戦争を遠ざけねばなりません。
 しかし日露戦争当時の日本と日本人の努力と勝利が、どれほどアジア諸国をはじめ世界の小国に勇気と希望をもたらしたか、ということも史実です。
 また、いちばん肝心なことは、現代の価値観だけで、過去を裁いてはいけないということです。
 このひとたちは、そのような世界の常識すら学ばずに、あるいは学んでも、思い込みと刷り込みで拒絶して、そしてこの議場に座っている。
 その日本の生の現実を、またしてもありありと感じる今日の国会でした。
 みなさん、このエントリーの「そのいち」で記した今上陛下のご様子と、総理の引用された御製に顕れる明治天皇のお姿を合わせて考えてください。
 時代を貫いて、わたしたちを支えてくださる日本の、かけがえのないご存在を感じますね。
 思想や感情の違いを超えて、これがあるから、日本は日本として続いてきました。
 ところが、この野次、罵声、怒声の主の人々は、それを当然のごとく否定しています。

 そのうえで、こういう議員たちもまた、主権者に選ばれてきた議員ですから、こころ静かに、きちんと、議論すべきを議論していかねばなりません。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

野次はただの妨害【りーしゃん】
2019-01-30 00:02:10
お疲れ様です。

そんな野次はもはやただの妨害行為ですね。
マイクの音量を大きくするしかありませんね。

意見に反対するのは自由ですが、せめて役に立つ対案を出してほしいものです。。。
昨日の施政方針演説で気になったこと【ダンでぃ】
2019-01-29 15:20:45
第198回国会が開幕されましたね。
開催された時間、私は就業中で見ることができませんでしたので、施政方針演説の全容について官邸HPと新聞で確認させて頂きました。

私の読み込み方が浅くその根っこがわからないためなのかもわかりませんが、この中で気になった点が3点、いずれも安全保障のくだりにおいてありました。

まず1点目;カッコ内演説より抜粋
『自らの手で自らを守る気概なき国を、誰も守ってくれるはずがない。安全保障政策の根幹は、我が国自身の努力に他なりません。』
気になった点・・・そのとおりだと思います。それを誰の眼からみてもわかるように具現化しないといけませんので、是非その方向ですすめてください。

2点目
『昨年秋の訪中によって、日中関係は完全に正常な軌道へと戻りました。「国際スタンダードの下で競争から協調へ」、「互いに脅威とはならない」、そして「自由で公正な貿易体制を共に発展させていく」。習近平主席と確認した、今後の両国の道しるべとなる三つの原則の上に~

気になった点・・・日中関係は最悪の状況は表向きには脱しているのかもわかりませんが、現段階で果たして「【完全に正常な】軌道へと戻った」といえるのでしょうか。
リップサービスなのか、社交辞令なのか、敢えてそう仰っているのかわかりませんが、中国側からみると今の状況で日本の首相がそのような認識であることを公の場で声高らかに仰るのなら、今後も挑発的な行為や領土領海侵犯、内政干渉が平然と続くのではないでしょうか。

3点目
気になった点・・・(意図的にだと感じますが)韓国との今後について殆ど言及されていらっしゃらないことが、果たして日本の国益に適うのでしょうか。

今まで頼りにしてきたであろうヨーロッパの主要国は内外政とも大きな問題を抱え、同盟国アメリカ大統領の立場もかつてとは違ってきていて、いずれの国の政権基盤も弱体化し、それをほくそ笑んでいる中国・ロシア・北朝鮮・韓国。
そしてこの4国全てと海を隔てて国境を接している唯一の国が日本。
従って、我が祖国日本は、本当に待ったなしで自立と自律した国にならなければなりませんし、そのためには憲法だけではなく時代にそぐわない制度は破棄し、創り直し、新たに創らければならないと思います。

ましてや、多方面でこの国の尊厳が損なわれるような事象が起こっているそんな時期に国の最高意思決定機関である国会の席上で根拠不明の野次など飛ばしている国会議員はまさに国民を欺き、愚弄し、自らを貶めているということにいつ気づくのでしょう。

原則、全て熟読はするがコメントにはお応えにならない青山さんと知りながらの「気になった点」です。
来週以降の虎ノ門ニュース等で(別話の流れからでも結構ですので)上記のところに触れていただけましたら嬉しく思います。

いつも生きざまを教えて頂き有難うございます。
最後の御製【元大学院生(コメント公開可)】
2019-01-29 05:32:09
今年の歌会始で、陛下が最後に詠まれた大御歌が、阪神大震災の被災者から貰われた、ひまわりの種が芽吹く様子を詠まれた歌でした。御譲位後は、大御歌は作られないと伺っているので、最後の大御歌に、我が事ではなく、被災者の事を詠まれた、そんな陛下だからこその、御譲位の選択だったかと思います。皇后さまの御歌は、もう少し生きようと、ご自分のことを詠まれて、かつ皆を励まされる御歌でした。故神谷美恵子先生が、皇后陛下のことを、wounded healerになられるとおっしゃられていましたが、まさにそのようなご存在であると思います。心なしか、歌を詠まれる講師の方が、涙ぐまれていた気がしました。
日韓問題【ポール】
2019-01-29 02:55:04
いろいろ問題山積みですが、日本側としては、まず・・

「日本としては隣国であり友好国である韓国と良好な関係を保ちたいと強く希望している」

という言葉を言ってから韓国の問題を指摘し・・

「韓国には現状を是正してほしい、このままでは友好関係を維持できなる可能性もある」

こんな感じの対応の仕方がいいと思います。

つまり、日本側はあくまで友好を望んでるけど、韓国の対応があまりにひどいから友好が損なわれる恐れがあり、日本はまったくそれを望んでいない。

という対応です。
日韓断交【Sセンテンスウイルダイ】
2019-01-29 00:52:59
 温故知新...故きを温ね新しきを知る。
 最近は、ネットメディア、オールドメディアを問わづ、日韓断行についてケーススタディの「断交したらどうなるのか?」ストーリが出てきます。
 戦後、70年以上にわたって、友人になろうと韓国に誘い続けた諸先輩方におかれては、無念と断腸の思いと察します。
 しかし、ここで冷静に隣人と関係を真摯に語れるのが、日本国民の特権です。
 断交すると、インバウンドだけで、5000億円のマイナスが発生します。
 経済の輸出入の経済効果もそれ以上でしょう。
 リーマンショック級です。
 これ以上は、孫子の兵法に言葉をお任せしたいと思います。
 皆さん、インフルエンザに気をつけてね。 
水仙の香り【杉田 IDC:0826】
2019-01-29 00:26:26
今日は朝から、虎ノ門ニュース・国会開会式・政府演説を観ていた一日でした。

平成最後となる天皇陛下の国会開会式のお言葉には、テレビの画面越しでも身の引き締まる思いがします。


先日の1/17、阪神淡路大震災が起きた日に、私は皇后陛下が献花なされた水仙の写真を観ていました。
皇居のお庭に咲いていた水仙を、まだ瓦礫の残る神戸市長田区菅原市場に献花されたものです。

東日本大震災の時にも、寒さの中に咲く水仙は人々の希望を表す花であったことでしょう。
震災の傷を癒す香りのようにも思えます。

私たち日本国民に希望を与えてくださる天皇皇后両陛下のご存在を、これからも護っていきたいと感じた一日でした。
ヤジ【灯影】
2019-01-29 00:17:57
たくさんのエントリーありがとうございます!
それにしても野党のヤジはひどすぎます。ウィットも何もなく、下品で騒がしいだけの不規則発言は聞いていてとても不愉快です。会期中、これを連日何時間もじっと聞いている青山さんには本当に頭が下がります(私は5分でも無理です)。でもよく分からないのは、演説が聞こえなくなるほどのヤジがなぜ許されているのかということです。一般の会社で、会議中に意見の異なる相手に罵声を浴びせたり、社長の挨拶を大声で遮ったりしたら大変なことになります。また、私たち国民が傍聴席から議員にヤジを飛ばしたら即つまみ出されます。なぜ国会議員にだけ非常識な言動が許されているのでしょうか。「野次は議場の花」などというのは内輪の話であって、一般社会では通用しません。「人が話しているときは静かに聞くこと」、「会議中はむやみに立ち歩かず、自分の席に着くこと」、「会議と関係のない物品(プラカードなど)を持ち込まないこと」を最低限のルールにできないものでしょうか。小学生の目標みたいですが、、
中選挙区へ改正希望です【焼肉マン】
2019-01-28 23:45:52
天皇陛下の御製は政治的な発言が制限される中で本心の片鱗を伝える大切な伝達手段と思います。

昭和天皇が米国との開戦を前によまれた

よもの海なはらからと思う世に など波風のたちさわぐらむ

悲痛な戦争回避を願う気持ちを臣下になんとか汲んで欲しいと切実に思われたのではないでしょうか。

その大切な御製を汚い野次で。。小西ひろゆきという亡命の約束を守らず自衛官を裏切った最も恥ずかしく感じる議員がいますが、同人が自慢げに野次と全く同じ趣旨のツイートしているので察しが付きます。先の参院選で小西氏は党の公認を他候補と争ったようですが、最終的には公認を取り付け組織票で当選した経緯だったと記憶しております。

せめて参院だけは中か大選挙区にして政党の組織票でなく、国民が人となりで議員をまっとうに選べるようにして貰えないものでしょうか。政治を唾棄する国民は唾棄すべき議員しか選べないと言いますが、それはそれで真理としても選挙制度が人を選べるようになっていないと人品卑しい議員の増殖を防ぎ切れません。 国民の覚醒が進んでいるとすれば、大多数のトンデモ議員は次の選挙で落選してくれると信じます。我々ももう少しの辛抱と思って我慢します。当選させてしまった選挙民として申し訳なく思いますし、おこがましい言いぶりで至極恐縮ですが、青山さん一つ屋根の下で相手するのも苦痛でしょうが何卒忍の字で。(腹が立って思わずまた投稿してしまいました。失礼しました)。
薄皮を剥ぐように・・【きよちゃん】
2019-01-28 23:13:46
青山事務所の秘書様、青山さんの御尽力で、我々にも傍聴の機会をありがとうございました。
この目でほとんどの傍聴の機会に参りました。

青山さんが何度も仰せの通り、
「テレビやネットで見る国会」とはまるで違います。
野次や立居振舞、
委員会や本会議の時間外、また国会の中にいる衛視さん、
多くの官僚、カメラマン、記者席の記者。

ここでどこまで書いて良いのか分かりませんが、
国家予算が使われ、国民の血税で食べている方々の言動はまるで猿芝居です。

ですが、
2年半前の青山繁晴初登場の頃と比べると、薄皮を剥ぐように、
周囲の方々、
野党の一部の議員にも、官僚にも確かに青山さんの精神が伝わっている・・と感じる場面もありました。

最初は傍聴席にいる私達を一瞥もしなかった議員さん達もこの頃では「・・・」と言うような目で見ますね。
有る時は大野議員(民)がボソッと「青山先生の時は凄いな・・」と仰せでしたね。

参議院見学をした折に本会議場で私は衛視さんに質問時に
「青山繁晴さんの支持者です‼青山さんの御席はどこですか?」と一般の方々の前で質問しました。
衛視さんは「青山先生ですか~」とニッコリされて
丁寧に座席表を示して教えて下さいました。
700名以上もいる衆参議員の中ですぐに「ここです」と示す、その対応に衛視さん達も青山さんの精神(青山さんは衛視さんにも真摯に対応なさります)が伝わっている・・と感じました。

私達も無駄な行動でもなんでも全力で行い、
青山さんを支えて参ります、思いのままに御活躍下さいませ‼
【クーン】
2019-01-28 23:10:22
「この「しきしまの‥」に激昂~」?

ある意味傲慢な事を言うと、

こんな野次をまき散らす輩とは、まさに、価値観を共有できないのではないでしょうか?真向から、日本の過去~現在~将来を否定する衆愚な輩とは。 

彼らこそ全体主義に走り、日本国民を危機に晒そうとしているのではないでしょうか。
(そんな力はないとは思いますが、長い目で見ると決してよくはないです)

おっしゃる通り「こころ静かに、きちんと~」、冷静・冷徹にいきたいです。
日本のすばらしさ【惠夫】
2019-01-28 22:57:05
青山議員 
<国会という現場から>ありがとうございます。
今上陛下、御製に顕れる明治天皇の大御心を何よりも大切にして
私たち日本国民は生きていかなければならないという思いに至りました。
日本人としての芯を忘れるところでした。
天皇を戴く日本国家が永遠に続き、栄えることを切に望みます。

否定する輩は国会から出ていってほしい。
28日 虎8・・外交成果を問われる米大統領【鈴木 五郎(J-NSC会員)】
2019-01-28 22:37:52
28日 「虎8」を拝見しました、相変わらずご多忙痛み入ります。

その中で”米国大統領”は、外交成果を問われると
仰ったことに、何故か”ビクリ”としました。
それは、北朝鮮にミサイルを撃ち込むのではないかとの
連想を生んだからです。

中東の政策は、利害関係が複雑すぎてトランプ大統領の
意向は希望通りの形では実現しないでしょう、
良くも、悪くも、トランプ大統領は”政治家”思考回路では
なく、ビジネスマンの思考回路です。

ならば、支那と話が付きやすい”北朝鮮”を攻撃するのでは
ないでしょうか、米国の地上軍を送らないとの”裏約束”で、、
ならず者国家を駆逐した・朝鮮戦争を完全決着した”大統領”
としての名声が得れるのではないでしょうか?

韓国に”教訓”を垂れる、日本の一部勢力に威光を示す 
など、、、「コストパフォーマンス」が良いのでは?

色々な、情報を吹き込む”関係者”が現れれば、、、
渡りに船ではないでしょうか?
単なる杞憂で終わればよいと思いますが、、、

これからの国会、大変でしょうが宜しくお願いします。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ