On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-02-08 07:31:02
Comments (35)

取り急ぎの第一報だけですが‥‥

▼いわゆる「アイヌ新法」をめぐる重大な懸念について、参議院の自由民主党議員総会で発言を求めて表明し、党、また党所属の全議員のかたがたに、再考していただくよう不肖ながら要請しました。

▼きのう2月7日木曜、2日間で14時間ほど続いた予算委員会のあと、参議院では夜になって本会議がありました。
 本会議の前には、必ず、議員総会が開かれます。
 そこで事前に、相談・協議すべき首脳陣とはそのように致し、一回生ながら発言の許可を得ました。

▼そのまえに「日本の尊厳と国益を護る勉強会」 ( まもなく勉強会から、「会」となって発足する準備中 ) を国会内で開き、アイヌ新法を推進している内閣官房の担当官らと厳しい議論を交わしたうえで、この官僚の人々にも、議員総会で正式に懸念を表明することを、伝えました。
 本来、官僚に告げる必要はありません。
 しかし官僚としては、福田康夫内閣当時に町村信孝官房長官が発した「アイヌは先住民族」という談話に基づいて仕事をするほかないのですから、どれほど激烈な議論になっても、そのあとはあくまでフェアに接することが欠かせません。


▼議員総会での発言は、本会議の開会を告げる神聖なベルが鳴る刻 ( とき ) の近づくなかでしたから、極めて簡潔にせざるを得ませんでした。
 しかし発言のあと、ぼくの同期の一回生から閣僚経験者まで、「知らなかった。協力したい」という声が次から次へと掛かりました。
 この法案は、自由民主党の内閣部会ではなく意外にも国土交通部会で審議され、しかもわずか2回の開催だけで部会了承となりましたから、ぼく自身も他の必須案件に阻まれて参加できず、多くの議員が問題点に気づかないままになっています。
 そこで、議員総会で問題提起するという異例の行動をあえて選択せざるを得ませんでした。そのために、前述のようにきちんと事前に許可を得る手順を踏みました。

▼発言の直後に、国士の有村治子政審会長から「発言の趣旨を受け止めて、すぐに議論を起こす」という趣旨の発言が正式になされました。
 そして議員総会後には、やはり国士の二之湯さとし政調会長代理が、有村政審会長やぼくに「背景が理解できる。必要な発言や行動を行う」という趣旨を仰ってくださいました。

▼この法案は、予算関連法案のため、すでにまったく時間がありません。
 入管法改正のときに行われたような部会の集中開催がなかったのは、きわめて残念です。
 しかし、やれることをやるほかありません。

▼もっと丁寧にみなさんに伝えたいのですが、今朝も午前4時半頃から動いています。
 今日は金曜日、国会日程はほんらい何もないのですが、まもなく国会に出て、動きを続けます。

▼議員総会を傍聴していた政策秘書の太は、「議員の発言のあとのみなさんの様子を見ていて、参議院自由民主党がいざとなれば団結する力を感じました」と言いました。
 ぼくも同感です。
 ただし、いつもと同じく、道は平坦ではありませぬ。平坦でないどころか、この問題でも間違いなく苦闘千里、苦闘万里となります。

 議員総会は実は公開の場です。
 国会の重厚なドアは、この議員総会では常に開かれたままです。
 だからオールドメディアも直に、傍聴しています。
 しかし今朝の産経新聞と朝日新聞を、定期購読している自宅で読んだ限りでは、何も出ていません。

 議員総会のあと、本会議が開かれ、それが終わった午後8時過ぎ、北海道新聞だけがぼくに取材しました。
 取材記者は誠実な人で「賛成反対の両論を客観的に書きます」と仰っていましたが、おそらくは賛成論、推進派に有利な報道が、これからオールドメディアの多くでなされると考えています。

▼そして、オールドメディアのある人からは「青山さん、これから嫌がらせ、誹謗中傷、妨害活動が急激に一段と激しくなりますよ。これまでも、ずいぶんと被害を受けておられるけど、もっともっと、身の危険が間違いなく増しますよ」という友情からの言葉がありました。
​ 当然ながら、あらかじめ、それを予測した上での行動です。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

アイヌ新法についての追加情報【語学教員】
2019-03-15 20:24:05
アイヌ新法について、青山さんの主張はよく理解できますが、もう少し情報をお伝えしたいと思います。

1 民族の定義は曖昧ですが、提唱される定義の中に、使用言語で分ける方法があり、その定義を用いると、アイヌは民族となります。

2 国連でアイヌを先住民族と認めました。そのことで、第二次世界大戦後にユダヤ人がイギリスの軍事を背景にパレスチナの地にイスラエルを建国したように、ロシアがアイヌの国を建てるとして北海道に入り込める余地を作ってしまったと思います。ですから、国が法律でアイヌは日本国に融和した民族であると示すことが、ロシアの北海道侵攻への抑止になると思います。つまり、安全保障の面からこの法律は役に立つと思われるのです。

僭越ではございますが、青山さんの主張に以上の二点も加えていただければ、論が更に厚くなると思い、お便りいたします。
いつもありがとうございます。【ゆみ】
2019-02-15 01:09:19
青山さん、こんばんは。
いつも国益のための議員活動ありがとうございます。

青山さんが国会議員になられてから他の自民党議員の方のブログや
ホームページを訪問するようになりました。
小野田議員と自見議員が国士であることも青山さんから教えて頂きました。

三原議員のブログで青山さんのお姿を拝見しました。
2月9日の記事「自民党全国女性局長代表者会議」です。

先日地上波の番組で三原議員の1日に密着取材されたそうですが、
余りにもお忙しくされているので番組MCの方が絶句されていたそうです。

国会議員の方がどれほどお忙しい毎日を送られているのかがよくわかりますね。
青山さんは議員活動以外にも執筆活動、メディア出演、そして講演もたくさん
して下さっています。 ありがとうございます。

先週の”On The Road”で久し振りに青山さんのリクエスト曲を紹介して下さった
「サルサ・メレンゲ・マンボ・ボレロ特集」。
スタジオでサルサやマンボを聴かれている時に少しでも青山さんのお気持ちが
明るくなって頂けたのであれば嬉しいです。

そしてお母さまは1年のうち1番寒い時に咲いている寒椿に対しても優しい
お気持ちを持っておられたのですね。 

腰は大丈夫ですか? いつも青山さんを応援しています。
「虎ノ門ニュース」と”On The Road”を楽しみにしています。
中学時代以来の憲法勉強中!参考文献:ぼくらの真実「青山繁晴」【志田湖南】
2019-02-10 16:41:17
尊敬する青山議員様

先生の著書でGHQの占領時代の「憲法原案」を基に日本国憲法成立の経緯を勉強中です、この齢になって初めて知り、戦後教育の腹立たしさと自分自身の無知に恥じ入りました。

当たり前の憲法改正論議·拡散に気張らねば~~。

明日は[建国記念日]!!!!!
真新しい(恥ずかしながら今年購入です。)日本国旗の準備中~ワクワク~~~~。

それにしても認証失敗で苦労します、、、、。
アイヌ問題の根の深さ【かずぅ】
2019-02-10 05:44:47
青山先生がアイヌ新法を取り上げて下さり感動を覚えましたね。
私は道民で、この問題には以前から関心を持っていました。
砂澤陣氏の著書や、小野寺まさる先生の講演も視聴しています。
このままでは本当にまずいと危機意識を高めていた時だけに、
青山先生の壮挙はまさに干天の慈雨の思いでした。

アイヌ文化の保存、育成だけなら問題ありません。
しかしこの策動の背後にいる勢力の真の狙いは日本国民の分断にあります。
わが国にアイヌという特権階級を設けること、そして北海道を自称アイヌの
自由にできる構造をつくること。カジノ利権とも絡んでくる気がします。
それにブレーキをかけるには、まずこの問題を公に議論してしまうことです。
"彼ら"の企みを事前に表に出してしまうことが彼らの自由を奪うのです。
発信するなら、みずからの足で現場を踏み、おのれの手で触ることがモラルだ。【大阪府交野市在住Y.A】
2019-02-10 00:42:33
青山さん

お疲れ様です。

2月9日に大阪で開催されました高市早苗代議士の講演会(聴衆は約300名)に参加しました。
講演後の質疑で「アイヌ新法」ついてお聞きしました。

代議士は「アイヌ新法」についてはあまりご存知ではなく、また衆議院議院運営委員会 委員長のお立場から慎重に言葉を選びながら「アイヌの方々も日本人である。法律を作ることの目的がアイヌ独特の文化を後世に継承していくのに役立つものであれば良いが、同じ日本人を区別するような結果を招くであれば好ましくない。」との主旨のコメントを頂きました。

私にはこの程度のことしか出来ませんが、この程度のことでも出来たのは、青山さんの日めくりカレンダーのお陰です!
ありがとうございます。【maki】
2019-02-09 17:48:40
青山さん、ありがとうございます。
ネットにより、昔より情報は得る事ができるようになりましたが、問題を知っても一般人である私達に何ができるのか、いつも悩みます。
青山さんの行動によって、自民党が、国が正しい方向へ進みますように。
ご身辺、どうぞ気をつけて下さい。
一言だけ【ゆたか】
2019-02-09 16:24:36
一言だけしかありません。

宜しくおねがいします!!!!!!!!!!!

国が壊れて行くのを見ていたくありません、、、
何故【Mark】
2019-02-09 10:27:30
何故に「自由民主党の内閣部会ではなく意外にも国土交通部会で審議」であったのか。官房長官担当していたのでは?
頑張れ!心ある国会議員!!!!!【安野 一】
2019-02-08 19:36:09
頑張れ!青山繁晴議員!!!
頑張れ!賛同者 国会議員の方々!!!!!!!
青山さん、誠に有難うございます。
アイヌ新法に反対します【雅】
2019-02-08 19:19:04
以前、このブログにアイヌ新法の危険性についてコメントしましたが、その投稿が見つけられませんでした。

あらためて、この法案は、必ず廃案にせねばならない危険な法案です。

私は去年、アイヌ利権を長年追及してきた砂澤陣氏の「北海道が危ない!」を拝読しており、また元北海道議の小野寺まさる氏の講演も聴講しました。
現在のアイヌ利権だけでも大変な問題があります
さらに、このアイヌ協会は北朝鮮とも繋がりがあり、金正恩著作研究会の共同代表がアイヌ協会の副理事、阿部ユポ氏です。9条の会とも繋がっています。

戦後、反日左翼が共産主義の窮民革命論の担い手としてアイヌを利用し、日本を分断、破壊しようと画策してきたものです。それを国が後押しするのがこのアイヌ新法です

北海道の歴史が書き換えられ、明治32年の手厚い旧土人保護法をなきものとし、日本をジェノサイド国家とするプロパガンダです。恐ろしいことに教育の場にもその主張が通され、センター試験であのような設問がありました
NHKではアイヌのドラマが放映されます。海外でもアイヌの宣伝が異常なほど繰り広げられています。

日本人がプロパガンダによる後付けでしかない所謂アイヌのイメージを無批判に信じ込んでいるため、「法案は問題だが、アイヌの文化は守るべき」などという主張がなされるのです

彼らが宣伝するアイヌ文化はデタラメです。アイヌは7つの部族であり、言葉も9つくらいに分かれており、針もなかったのですから、アイヌの衣装とされる着物は交易で得たものです。

また、アイヌとは、縄文人と渡来人の混血であり、縄文の血が濃いのがいわゆるアイヌと琉球というだけです。
先述の砂澤陣氏は、アイヌの彫刻家、砂澤ビッキ氏の御子息ですが、お祖母様は長身で碧眼だったそうです。
感謝!【meudon92】
2019-02-08 18:10:10
自民党に入っていらっしゃるからできたことでしょう。
       感謝 !!!! 

青山さん、居てくれて助かった。ありがとうございます。
凄い【竹内善吉】
2019-02-08 16:58:04
いつもですが凄すぎ。
「日本の尊厳と国益を護る勉強会」  頑張って!!!【かずちゃん2】
2019-02-08 16:51:15
青山さん 愛する祖国の為に日々素晴らしいご活躍を頂き、有難うございます

出先でIPHONで道すがらエッセイを開いたら、「アイヌ新法」をめぐる重大な懸念の発言のブログを見ました。
思わず、涙がこぼれました。ありがとうございます。 今までは、無碍な法案も国会を簡単に通過しており、悔しく、情けなく、無力を嘆いておりました。

青山ぎーんさんに投票して本当に良かったと、胸をなでおろしました。青山さぁ~ん有難うございます。
青山さん拝みます!!!【悲しい爺】
2019-02-08 16:43:22
いつも政治の現場を見せて頂ける事を含め、貴方の獅子奮迅の行動に拝みます。何もお役に立てない自分が悲しい・・・切なく狂おしい・・・自分も努力しているつもりでも、孤軍奮闘で軋轢や反発や無視も有り、継続は力と思ってもむなしくなる・・・子供や孫の未来の為に諦めることは出来ませんが。

アイヌ新法問題も・沖縄の問題も・諸々違和感のある社会の報道(夫婦別性・ジェンダー・ヘイト・個人保護法等々)も、全て戦後の歩みは日本の毀損が底流にある、着々と日本の解体を意図した流れに沿った動きだと感じますが。これらを許してきたのは・・・悲しい事に私を含めた日本国民です。

更に日々悲しい時事に溢れています、先日も幼い女の子が実の父親に殺されました(どうしてそんな事が出来るのか?)。8万件云々の報道も、隠れた物があると想像すると空恐ろしくなります・・・
江戸末期、日本を訪れた外人達が一応に驚くことの一つに、日本は子供を大切にする『子供の天国』だと書き残しています。何と変わり果てたのでしょうか・・・

一般人の恫喝に恐怖を感じ我が身の保身に子供の命綱を切った大人の発言を聞いて、日本の男を鍛え直さなければ明日が無いとさえ思う、教育の効果(また情報戦・法律戦の効果)ここに至れり・・・
教育を変えて立て直すには時間がかかりすぎる。、どうすれば日本人の芯を多くの人の心に取り戻せるのか・・・
リベラルというか左の人々って【きびきび散歩】
2019-02-08 16:40:19
わざわざ差別とか偏見を掘り起こしては利権を作ろうとしますよね。
いつでもどこでも...
なんなんでしょうかあの人たちは...
侵略と平和、言葉のすり換え【sakiko】
2019-02-08 16:34:38
これから誰が「わたしはアイヌ民族だ」と言い出すのか、
想像しただけでも恐怖です。
日本は、金のためならアイデンティティなどどうでも構わない人間に、
易々と「日本国土」「日本国籍」を渡そうとしているとしか思えません。

このままでは海や島どころか、
日本列島そのものが「列」を成さない時代が目に浮かびます。
本来民度の高いはずの日本人の精神が、なぜこんなものに簡単に
なりすまし日本人の妄言や絵空事に飲み込まれてしまうのでしょうか。

日本人はどう戦って、何を護ってきたのかを、
正々堂々と、正しく語れる環境は、あとどのくらい待てば手に入るのか。
祖国の偉大さを知らない日本の空気が一刻も早く訂正されて欲しい。
日本の将来を語るとき、言葉の真相に鋭くメスを入れる青山先生が私たちには必要です。
そして私たちも、待つだけではもういられなくなっています。
私もやれることをします【宮本】
2019-02-08 15:54:39
青山さんアイヌ新法をめぐる重大な懸念について再考を求める働きかけや動きを現在も続けてくださりありがとうございます。ご尽力に感謝いたします。私も官邸や自民党へのメール等自分のやれることをします。
チャイナなんばーわーん【オイラは支那人?】
2019-02-08 14:55:55
支那人による日本国海底資源の略奪と
支那人の密漁船長を保釈金で解放って
日本は支那の属国ですやん!

自民党の対応に対して吐き気がしたので
日本の為って心が消えかけて
今週は虎ノ門ニュースを見ませんでした。

政府が阿呆な対応すると、どうでもよくなって
政治と選挙と国防に無関心になります

虎ノ門ニュースで情報を知っても
内閣府が売国だと、国益など知ったこっちゃない感じになり
自分の生活だけ安定すれば政治なんて関わりたく無くなります!!

遺憾の意と保釈金さえ保証してもらえれば支那に媚びる日本って
選挙で投票する価値ありますかね?
まず国旗の掲揚を再開しようと思います。【ひでりん】
2019-02-08 14:51:46
青山さん。
日々の活動ほんとうにありがとうございます。
昨年12月。東京であった社会保険労務士法制定50周年記念式典に
天皇皇后両陛下がご臨席いただけると知り是非ともと思い出席してまいりました。
何十年ぶりかで君が代を大きな声で斉唱しました。

初めて両陛下のご尊顔を近くで拝し長らくの御在位に感謝でいっぱいになりました。
お帰りになる時には出席者の拍手が鳴り止まず、
臨席の大島衆議院議長は少し驚いた顔をされていたように思います。

今年は、皇室関係の行事も多く改めて祭日には国旗を自宅に掲揚しようと父と話しました。
父は元警官ですが少年志願兵として予科練から海軍航空整備兵となっておりました。

さて国旗ですが近所のホームセンターに聞くとすぐに売り場を教えてくれました。

最近の児童虐待に関して児相の動きや
やいじめ問題に関しての教職員や教育委員会の動きの
組織や制度にの問題は第2次大戦後の日本の占領政策と無縁でないように思います。

まず、国旗国歌の掲揚に立ち返りたいと今回思いました。
アイヌの文化も...【恭】
2019-02-08 14:37:57
青山さん、この問題を取り上げて下さり、ありがとうございました。
「アイヌ」や「アイヌ新法」は様々なレベルの問題を含んでいます。

1.そもそも、「アイヌ」を先住民族と認めて良いのか
 これは、一旦認めてしまえば、土地や資源の変換、自治権など、様々な権利を与えないとならず、日本国民を二分してしまうだけでなく、日本の土地を狙っている外国勢力、それを望む反日勢力に利する結果になりかねません。
 むしろ、どさくさに紛れて福田内閣の時に行われてしまった決議を取り消すべきかと思います。

2.憲法第14条の平等の精神に反する
 現在も道内で施行されている様々なアイヌ優遇政策は明治期に制定された旧土人保護法の流れををくみ、アイヌが「生活弱者」であるとの前提に立って、職業訓練や学資助成、住宅取得に関する補助など、ほとんど税金搾取に等しいことが行われていますが、アイヌ新法は、これを日本全国に拡大することに繋がります。

3.アイヌ協会の体質の問題
 2に述べたような優遇政策を受けるためにはアイヌ協会の承認が必要で、そのために協会が絶対的な力を持ち、行政や業者との癒着も生み、不正会計の温床となっています。
 このような協会の権限を強化してしまって良いのか、甚だ疑問です。

4.本当に正しい文化が伝承されているのか?
 言語を例にすれば、アイヌは嘗て大まかに7部族に分かれており、別々の言語を話していました。それを事実として研究するというのならまだしも、「少数民族」としての体裁を整えたいがために、統一した「アイヌ語」を作り出し、新たに作られる共生空間では、その言葉を教える講座も予定されていますが、そんな無意味なことをして何になるのでしょう。
 刺繍教室も趣味の範囲で教室でも開いて勝手にやればいいのです。
 古い民具や文化的資料などを保存・研究するだけなら、既に博物館などいくらでもあるではありませんか。
 各種の祭だって、昭和の観光ブームに合わせて始めたイベントです。それをさも伝統的な神事のようなフリをして税金で存続させたり、墓参りで踊ると踊り手が補助金を貰えたり、(そもそも墓参りの習慣などなかったとも言うアイヌ系日本人の方もいます)料理と呼べるような調理法などなかったのに「アイヌ料理」などと称した店を出すなど、アイヌ自身が文化を破壊しているのではないでしょうか。
 北海道の観光の目玉としてアイヌを一つのテーマにするのなら、見世物でもなんでも構わないのですが、捏造されたものを「日本の伝統文化」の一つとして認めることはできないし、各地に残る祭や風習を差し置いてアイヌの文化だけを優遇する意味が分かりません。
 むしろ、「アイヌ」がアイヌ文化を壊す前に保存すべきだと考えます。

以上、思いつくままに書き連ねましたが、アイヌ新法を成立させてしまったら、我々の子孫にとんでもない禍根を残すことになり、いても立ってもいられずに書き込みました。
よろしくお願いいたします。
やはり出てきました【りょうちゃん】
2019-02-08 14:18:03
お疲れ様です。
早速今日、ネットニュースを見ていると、アイヌ新法について、北海道新聞の記事を見つけました。

「アイヌ協会、血を引く方は2割」 自民青山氏、新法巡り発言 「理解しがたい」協会抗議へ

早速賛成派の攻勢が始まりましたね…
記事では一応法案の問題点は書かれていました。
で、この記事に、

先住民族の権利を認めた2008年の国会決議の趣旨を理解していない。

とありました。
先住民族の権利を守ることと、訳の分からない輩が利権を貪るのは全然意味が違うのに、理解してないのはあんたらでしょう、と思いました。
今後オールドメディア御用達の、知識も責任もなく、ただ綺麗事で済ませるお気楽コメンテーターからの批判もあるでしょうが、陰ながら応援しています。
旭日旗での応援【松井秀幸】
2019-02-08 13:53:35
青山さん、いつもありがとうございます。
旭日旗でサッカーやオリンピックを応援することについて、旭日旗の説明を各国にするよりも、世界中で軍艦旗での応援を許可するのか禁止するのか、という観点で議論すべきと思います。
各国の軍艦旗は許可され日本の軍艦旗だけが禁止されるなら、東京五輪をボイコットすべきです。
他国の軍艦旗の応援は許可され日本の軍艦旗だけが禁止されるのはどう思うか、との世論調査なら9割が不公平と答えるでしょう。
軍艦旗は士気高揚の観点も重視して作られており、スポーツの応援に適したものです。友好国と協力し、軍艦旗での応援を推進していくべきと考えます。
【公開可】諦めず弛まずじりじりと護国の鬼たらんとする【八十嶋 勇浩】
2019-02-08 13:40:21
今まさに闘ってくださっている青山ぎーん。ほんとうにありがとうございます。
青山ぎーんの背中を見てわたしも闘います。
月曜日の虎ノ門ニュースでの安倍総理に向けての怒号と、今日のこのブログから、祖国と同胞(はらから)を護るために命を捨てるとはどういうことか、学びました。
スラムダンクの安西先生のセリフ「諦めたらそこで試合終了ですよ。」の意味がよくわかりました。
これからの職場になるかもしれない所でどういう覚悟で臨めばよいか、ようやく肚を据えることが出来ました。ありがとうございます。

先にもお話いたしました、障碍者選考での防衛省内への志望先の優先順位は、出来るだけ中枢に近い所にしています。
それは、手枷足枷だらけで身動きの取れない自衛隊で、閣下と呼ばれる方々がどんな覚悟で現場の「将兵」に命令を下しているのか、わたしが心理療法士になるまでの6年間をそのオフィスで、この目で確かめるためです。
平成11年3月23日の深夜から翌日未明にかけて、初の海上警備行動に基づいて能登半島沖で北朝鮮の不審船を護衛艦「みょうこう」と「はるな」が追跡した際に、防弾チョッキすら積んでなく、狭い漁船内で使える拳銃の訓練や近接戦闘の訓練すら受けていなかった乗組員に、少年マガジンを胴体に巻かせて突入させようとした事件から、閣下たちがどんな教訓を学ばれているのかをこの目で確かめるためです。
そして、守るべき国民を見捨てたり、現場の自衛官に無駄な死を要求するような官邸からの命令に閣下たちが唯々諾々と従うならば、たとえ末席の防衛事務官であろうと、閣下に再考を促すために食い下がるためです。アッツ島での玉砕命令を出すことを呑む条件にキスカ島の将兵を撤退させることを大本営に誓わせた樋口季一郎閣下の足跡に従うようにと。

青山さんから教わった、南州翁が山岡鉄舟を指して「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るものなり。この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。」と語られた言葉の意味を、
そして葉隠の「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」の言葉の意味を自分の場合に当てはめることが出来ました。
その時に得ているかもしれない、公務員という安定した生活のために、日本人が取り戻すべき理念~友のために命をなげうつこと~を引っ込めてはならない。
ようやく肚が据わりました。

それで解雇されるならば、伯父、田中三也の部下であった森田さんをはじめ多くのパイロットがなさったように、体当たりして相まみえればよいのです。その閣下とご家族が安らかな老後を迎えられないように世界に公開し続ければよいだけなのです。

これをここで書くことで月末から始まる二次面接に不利になるかもしれませんが、靖國の先輩たちに先週の木曜日に本殿でそうお約束したのです。みなさまの足跡をなぞると。そのために後輩に入れてくださいと。
英霊のみなさまがわたしを仲間に入れてくださるならば、市ヶ谷で、左遷される基地で青山ぎーんたちと共に護国の鬼になります。

そのための模範となる背中を見せていただいてほんとうにありがとうございます。
何故、今?【Poets and Poetry】
2019-02-08 13:07:50
北海道新聞電子版に青山さんの記事が載っていました。
この時期に何故いわゆる「アイヌ新法」なるものが出てくるのでしょうか?
青山さんの行動を断固支持すると共に、この法案を注視していきます!
知らなかったです【中山大介】
2019-02-08 12:31:52
この記事で、「アイヌ新法」と言うことを知りました。
そこから、色々と調べたのですが本当にひどい話しです。私は、生まれも育ちも和歌山県なので全くこのことを知らなかったのです。しかし、改めて何も情報が出てこないことの悲しさを感じました。
ただ、青山さんがいつも仰られている自ら調べる事の重要性を今回のことで、その重要性を痛感しました。
蛍の光【おばちゃんです】
2019-02-08 10:54:13
青山ぎーん、いつもありがとうございます!

「蛍の光」は馴染みのある歌ですが
そらで歌えるのは1番のみで、
2番は歌ったことがある程度でした

3、4番の歌詞をネットで知りまして
自分の無知を恥じ入りました

特に4番
「千島の奥も 沖縄も
八洲の内の 護りなり
至らん國に 勲しく
努めよ我が背 恙無く」

明治初期に「蛍の光」の歌詞になったとありました

原曲はスコットランド民謡ということは
以前から知っていましたが、
歌詞には日本の国土を護る心が
込められているのですね

ありがたいことです


凄まじい闘争、伺うだけで震えます
嫌がらせ、誹謗中傷、妨害活動とは何でしょう
そんな事があれば、それを明らかにするのがジャーナリストだと思っておりました

きちんと取材をなさった北海道新聞の記者さん
これからも良いお仕事をなさって下さい


ぎーん、応援しています
こっそりと、、、【よつば】
2019-02-08 10:47:40
青山さん、いつもいつもありがとうございます。
アイヌ新法のこと、再びおかしな法案が、、、と気になってました。
次から次へと日本を食いつくすつもりですよね。
私達は青山さんを応援し続けます!


外気で冷え冷えになった「逆転ガイド」が届きました。
私達もやれることをやるきゃない!【池田 香美代】
2019-02-08 10:37:30
青山さん 

アイヌ新法の持つ深い闇と偽善
議員さんや閣僚経験者の方々同様私も知りませんでした。
知らない人間に正しい選択なんてできっこありません。

知ったかぎりは
名も無い私たちに出来ることを探さねば....
政府や内閣、自民党にメールするのも一つの方法ですが
漏れ聞くところによると
オールドメディアは視聴者からの苦情メールや電話に特別弱いそうです。

みなさま
私たちは、反対メールで民意を告げることが出来るのです。

子々孫々の為に
青山さんに習って「やれることをやりませんか!
何故自ら自壊の道をすすむのか【ダンでぃ】
2019-02-08 10:19:25
沖縄米軍基地移設をめぐっても永らく同じ日本の国民同士、同じ沖縄県民同士が敵対し、分断されています。
国内でもっとも危険な米軍基地普天間を移設することが主題であったはずが、「トラストミー」「最低でも県外」発言で主題がスゲ変わり、県民感情は一変、現在の収拾困難な状況に至ります。

アイヌ新法こそ、それ以上に国家分断、隣国からの主権侵犯・領土侵略を自らの手で助長するものではないでしょうか。
「先住民」の定義とは何なのでしょう。
そもそも、日本にいまだかつて先住民がいたのでしょうか。敢えて言えば日本の先住民は日本人ではないでしょうか。
青山さんもイカっておられたとおり、安倍首相はなぜ急に「北方四島は日本固有の領土」という言葉を使うことを拒まれるのでしょう。

何ゆえ自らすすんで国家分断、自滅の道を進もうとしているのか。
ただ一度の敗戦で、二度と絶対に国民を一致団結させない理不尽な仕組みと自虐思想の刷り込みで自らを必要以上にがんじがらめにしているようでなりません。

青山さんご自身は「それも承知の上」ではあると仰っておられますが、青山さんが龍馬さんの最期のようになることだけは絶対にならないようお守りしなくてはなりません。

自分達の祖国のことです
自戒も含め、大事も小事も他人任せにせず自分のアタマで考える。
そして国民みんなで声をあげましょう。
アイヌ政策推進は国を滅ぼす【北海道より】
2019-02-08 10:10:06
お早うございます。札幌在住です。地元ローカル新聞北海道新聞は相変わらずアイヌ関連の記事をこれでもかというほど載せています。(アイヌは差別を受けているなどなど)アイヌ利権のことはほとんど北海道で報道されていないので当の道産子が知らないのです。

私は札幌生まれですが、アイヌ差別はほとんど耳にしたことはありませんし、アイヌの血を引く人は周りにいません。むしろ、最近のアイヌ政策推進の動きに懸念を抱いています。

このままではまずい、国のアイヌ政策に懸念を抱く人々がアイヌ政策の拡大に
関する反対署名を現在行っています。(私も署名いたしました)

賛同なさる方は署名をお願いできれば幸いです。なお、こちらでは外部リンクを貼り付け禁止とのことでしたのでネットで「国民の声・北海道」検索をしていただけましたらと思います。

ちなみに砂澤陣さんとおっしゃる方が、アイヌ利権のことをわかりやすくブログにアップしておりますので詳細はそちらを見て頂けると理解できると思います。
青山さんを一人にしない‼【きよちゃん】
2019-02-08 09:51:57
身の危険が間違いなく増しますよ、と御友人の御言葉、

青山さんが今どんなに大きな闇と対峙しているのかと思うと
私達の代表として戦っている青山繫晴の背中をどうしたら御支え出来るのかな?

いち主婦、無名な庶民の自分に落胆しながら考えました・・。

でも
「無名」「庶民」だから
出来る事も沢山ありますね‼

官邸、
自民党、
地元選出議員へのメールや

アイヌ新法推進議員、団体へのメール、電話、
野党にもメール、電話、いろんな事が無名だから可能。

「青山さんを孤軍、ひとりにしない‼」
その信念で自分に出来る事を考えてコツコツと実行します。
アイヌ文化復興には賛成だが。。。【りーしゃん】
2019-02-08 09:33:48
いつもお疲れ様です。

私はアイヌの文化を継承することには賛成ですが
アイヌだと申請した人を先住民として登録し、免税や補助金を受けさせるというのはちょっとわかりません。

しかもアイヌかどうかつける登録するって、普通に制度そのものが差別ですよね??

それでは、先祖が九州人なら、九州にいる間は免税や補助金を受けられますか??

アイヌの人が九州に住んだら、当然補助金は受けられないのですよね?


現在、どんなアイヌ人権問題が起きているというのでしょうか?
碌な調査もせずアイヌ人権問題があるといい、実態がよくわかりません。
アイヌ新法【松本裕子】
2019-02-08 09:15:21
青山様

国民のため、将来世代のため、ありがとうございます。

私も、丸山議員の国会質問をネットで見て、これは本当に危ないと、思い、官邸にアイヌ新法反対のメールをしました。今回は、コピーしてなかったので、ここに載せられませんが、日本を分断する可能性のある、悪法である。と書きました。もう一度、自民党員として、官邸、地元議員にメールします。工作に自民党がやられてる感じがします。

青山さん。国民のため、将来世代のため、ご自愛ください。
青山さんで本当に良かった~心はいつもあなたと共に~【ごろ太郎】
2019-02-08 09:12:36
国会でのお仕事ぶり、いつもこちらのブログで拝見しております。
いわゆるアイヌ新法は、個人的にも日本を分断させてしまう大問題法案だと思っております。
私も微力ながら首相官邸に意見メールいたします!
アイヌ協会【齋藤宏】
2019-02-08 08:57:27
私は生まれも育ちも札幌ですが、アイヌ協会の中に本当にアイヌの血を引く方はとても少ないと思います。2割もいないと思います。私には調べようもないのですが、どう考えても、混血が進んで、本当にアイヌと呼べる方はほとんどいないと考えるのが自然です。
純粋なアイヌ文化の保護であれば問題ないのですが、アイヌ保護を理由に、アイヌの血も引かない悪い人間が悪用しているのが目に見えるようです。
一番問題なのは、この手の問題に、マスコミが真実を一切、報道しないことです。取材もしてないと思います。
今後も、青山先生のご活動を応援しております。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ