On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-06-22 08:51:06
Comments (6)

そういえば今日は茨城へ行くのでした。どなたでもお会いできるみたいです。きっと今からでも間に合います。

▼みなさん、おはようございます。

 きょう土曜日は国会が無いので、朝に日程を見ると、以下のようになっています。
 当日になってしまいましたが、もしもお出でになれば、お会いできます。

★日程表に秘書さんが書き込んでくれていることを、そのままアップします。
6 月 22 日 (土) 14 時 00 分 ~ 16 時 30 分
【自由民主党の依頼】青山繁晴講演会(14:30-15:30)、 城内実、石川昭政先生とトークセッション(15:30-16:30)@ホテル天地閣2階「はまゆう」
ホテル天地閣2階(茨城県日立市旭町2-6-13)
事前予約なら無料(当日は1,000円)
申し込み:080-5007-2463/0294-51-1228

保守の会・昭政会共催
茨城県第5選挙区支部
自由民主党女性局日立支部、日本会議茨城日立支部が後援

▼というわけで、上記に電話さえすれば無料で入れるようですね。
 自由民主党員かどうかなどは一切、問われないと思います。
 これらはぼくの推測です。万一、間違っていたら、ごめんなさい・・・というか、青山がブログでそう言っていたと仰れば、大丈夫じゃないかな。
 何か問題があったらすぐ、このブログに書き込んでください。いつも見ていますから。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

ありがとうございました。【角田賢一】
2019-06-23 22:22:17
普段、YouTubeで虎ノ門ニュースを拝見しております。石川昭政衆院議員の後援会と保守の会主催の講演会で地元日立市までお越しいただきありがとうございました。ウクライナのアンドリューさんにもお会いできて大変感動致しました。地元の高校教師とのつながりで日立市へ以前にも来られたとお聞きして驚きました。他の参加者に講演会の印象を聞いたところ、とても、率直な発言に感動したという感想がありました。また、機会がありましたら、日立市へお越しください。よろしくお願いいたします。
消費増税を掲げて参院選挙?=狂気の沙汰=【菅野健司】
2019-06-22 14:15:47
毎日の議員活動大変ご苦労様です。

安倍首相が消費増税を掲げたまま参院選挙に突入するのは事実でしょうか?
21日の毎日新聞ネット版が、安倍首相は公明党の山口代表と会い、衆院を解散し参院との同日選挙は「頭の片隅にも、今もありません」と伝えたと報じています。
これには失望しています。
首相官邸のHPの意見投稿に憤りを投稿しておきました。
以下の内容です!


安倍首相よ 庶民は泣いている!

何と消費増税を掲げたまま参院選挙に突入することを安倍首相が決断し、公明党山口代表に、衆院を解散し参院との同日選挙は「頭の片隅にも、今もありません」と伝えたことを21日の毎日新聞ネット版は報じています。

狂気の沙汰としか思えません。
アメリカが中国に対して高関税付加という実質的な経済戦争を仕掛けているのは表向きのことで、実質は経済戦争に名を借りた、人権擁護か人権蹂躙かの選択、そしてサイバー空間での5G構築を巡る攻防、いわゆる価値観の違いによる世界覇権争いであり、アメリカに付くのか中国に付くのかを問うているのです。
そのような目的で、経済戦争が目に見える形で始まっており、中国が奈落の底に落ちようとしている現在にあって、今でさえ庶民は生活必需品だけを買い、切り詰めた生活を強いられているのです。
そのような状況の中で、日本の国内消費を更に悪化させる消費税10%への増税を強行しようとしていることが狂気の沙汰なのです!

そして、野党にはまったく期待できない政界で、消費増税を公約に参院選挙を戦っても決して負けないだろうと高を括っている自民党の驕りがありありと見え、腹が立って仕方ありません!

保守を自任する自分としては、憲法9条改正が何としても成し遂げて欲しい課題です。
自民党に投票しなければ100%それは実現しません。
そこに足を踏み鳴らすようなジレンマを感じます。
消費増税で経済が悪化すれば憲法改正どころではなくなるでしょう。
正に憲法9条改正が出来なくなるという意味で亡国の選択です!

消費増税を公約にしても自民党は勝つでしょうが、庶民の生活は益々悪化していくことは自明の理です!

消費増税回避で衆院を解散し、参院と同日選挙を実施すれば自民党は圧勝でしょう。
それが分かっていて、財務省に気を使って消費増税ありきでは話になりません。

まだ衆院解散のタイミングは残っているでしょう。
憲法9条改正に反対の公明党は捨てても衆参同日選挙に打って出るべきです。

野党は、安倍首相が衆院解散をしないと分かったので、内閣不信任案を出す構えです。
どうしようもない弱腰の野党です。

それを堂々と受けて解散すれば良いのです。
詳しく国会の日程を調べてはいませんが、消費増税やそれを財源とする高校授業料無償化は法律で定められているので、国会の会期を延長して、法改正をする必要があります。

とにかく、消費増税回避で衆院解散、衆参同日選挙しか、苦しい生活から庶民を救い、憲法9条改正に結び付ける方法はありません。

安倍首相は国民を甘く見ないで欲しい!
このまま消費増税ありきで参院選挙突入なら投票を棄権します!
どうせ勝つだろうとの自民党の驕りを許すことができません。


このような内容です。
青山さんには是非、首相に消費税回避で衆参同日選挙にするように諫言し、自民党の驕りを正して欲しいと切に願います!
消費増税の件【小野芳則】
2019-06-22 13:18:28
いつも応援させていただいています。
真摯に国益を考え行動されている姿に感銘を受けています。

さて、この度、骨太方針に消費増税が盛り込まれました。
一言でいうと、Disappointmentです。

デフレ脱却は、安倍政権の大きな使命であるにも関わらず、金融緩和というアクセルを踏みながら、それ以上に強力なブレーキである消費増税を実施することは、よりデフレ化を招くようなものです。

財務省も政治家も、経済対策すれば増税しても問題と安直に説明しますが、過去の失敗からも明らかなように効果などあってないようなものです。

国民は賢いので、その場しのぎの経済対策を打ったところで根本的な内需の拡大にはなりません。

現在、我々日本人は経済の分水嶺に立たされており、財務省主導の経済政策を継続しデフレに舞い戻るのか?それとも本格的にデフレ脱却に向け経済再生するのか?の選択に迫られています。

今回の選挙は棄権しようと思います。
共産主義的な野党連合には任せられず、また安倍政権にも大きな失望をしたからです。

非常に残念です。

青山繁晴さん、今後も応援させてください。
また、月曜日の虎ノ門ニュースも楽しみにしています。

ファイト!青山繁晴さん!
安倍政権は、夢、幻の如く散りにけり【名も無き愚者】
2019-06-22 12:44:44
消費増税が、骨太の方針で閣議決定されたとの事。
悪夢の民主党政権なら、夢、幻の安倍政権。
官僚(財務省)栄え、国滅ぶ。

冷静に考えれば、安倍政権の成果は、外交において、
米国の信用を得た事ぐらいでしょうか。
拉致被害者も奪還できず、北方領土問題も進展無し。
本丸の憲法改正への道筋も示す事も出来ていない。

何年か先には、安倍首相には、国を衰退させる政策を推し進めた首相との審判が下されるであろう。

代わりを選択できる政党も見当たらない。そんな中、
参議院選が始まる。不幸だ.......
日立市に向かっています❣️【田中 美枝子】
2019-06-22 10:06:17
おはようございます。

今、神戸空港から茨城空港へ着きまして、空港バスで水戸駅へ向かっています。

日立市で講演会があると、先月友人から教えてもらいまして、申し込みしていました。

まさか、「日本の国益と尊厳を護る会」初会合❣️あとに、青山さんからお話しを聞けるなんて…
申し込みしておいてよかった。

茨城空港も水戸駅も日立市も初めて訪れます。
青山さんの追っかけ❣️のおかげで、また初体験です。

今日も、眼と眼を合わせてお話し❣️
よろしくお願いします。
骨太の方針【中川陽介】
2019-06-22 09:05:10
青山さん

いつも国益のためにご尽力いただき、ありがとうございます。

骨太の方針で、消費増税が明記されてしまいましたね。
一体何を考えているのか意味不明です。

青山さんの事務所を通じて自民党員になっていますが、参議院選は自民党以外に投票します。
安倍総理は素晴らしい方だと思いますが、消費増税に関しては、あまりにも国民を馬鹿にし過ぎています。

追伸。
7月の独立講演会に当選いたしました。
初めて青山さんに直接お会いできる機会なので、本当にうれしいです。

自民党は支持しませんが、青山さんは今後も支持し続けるので、頑張ってください!
私も、日々の生活の中で出来る範囲で頑張りたいと思います。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ