On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-08-02 09:03:08
Comments (3)

最終段階はこうです (追記しました)

▼最後の最後まで、念押しの、ささやかな働きかけを政権中枢へダイレクトに続けています。

▽バンコクで開かれた日韓外相会談で、韓国の外相は、日本が韓国を「ホワイト国」から外すことについて烈しく反対しましたが、河野外相は安倍総理の方針と指示に沿って、全く一歩も退きませんでした。

▽きょうバンコクで、アメリカを加えた日米韓の外相会談が開かれますが、それは、このあと日本時間午前10時から開かれる閣議が終わったあとになることが確定しました。

▽そして、まさしくその閣議にて、韓国を「ホワイト国」から除外する閣議決定が行われます。

▽オールドメディアは「アメリカが介入して閣議決定をやめさせるんだ」と大々的に報じ、なかでも朝日新聞がもっとも極端な報道、たとえばアメリカが具体的な「仲介案」を安倍総理をはじめ日本側に押しつけたかのような紙面を作り、その仲介案はこれだと断じる報道を繰り返しました。
 これをインテリジェンスにも基づいて、不肖ながらぼくも検証を進めましたが、呆れたことに虚報です。
 虚報と言うより、閣議決定を阻むために仕掛けたと言わざるを得ません。
 これが一体、報道でしょうか。

▼閣議開催まであと45分となった今、ポイントはふたつです。
 ひとつ。それでも閣議室のドアが閉じるまで、いかなる油断もせず、動き続ける。
 ひとつ。最終段階と言っても、それは閣議決定までの最終であり、むしろこれがようやくの始まりである。
     何の始まりか。
     敗戦国、それも資源が無いと刷り込まれた敗戦国であることから国家として、国民として、人間として
     脱していくための始まりである。

 祖国は、甦る。

※深い裏舞台や、詳細な事実は、オフ・ザ・レコードにてみんなの眼を見つつ語りあう独立講演会 ( 8月5日正午に申し込みが始まるのは、初めて開催する仙台です ) と、やはりオフ・ザ・レコードの堅い約束のもと、練り上げた文章という正確無比の文字情報をお渡しする東京コンフィデンシャル・レポート(TCR)、このふたつによってお伝えします。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

同感です【中山大介】
2019-08-02 11:11:32
青山さんの仰るとおり、今回の閣議決定が始まりだと思いました。
涙が出そうになって、この文面を読ませていただきました。
北朝鮮、飛翔体発射と憲法改正について【ミミヅク】
2019-08-02 11:06:49
青山さん

 いつもありがとうございます。私は29歳社会人です。
 コンフィデンシャルレポート拝読しております。情報は血液(けつえき)です。

 北朝鮮が飛翔体を発射したと報道がありました。
 世界は壊れていますが、また同時に元に戻ろう、繰り返そうとしてるようにも感じます。

 天智天皇の御世(660)、朝鮮半島では唐・新羅連合軍が、百済と高句麗を滅ぼして統一しました。現在の状況はこれに"似ている"ように思います。

 その後日本では、文武天皇の御世、大宝元年(701)に「大宝律令」が完成し、翌年公布しています。
 これは聖徳太子(604)の「十七条の憲法」、「冠位十二階」の礎があったからだと私は考えています。

 大宝律令を公布した際の危機感と、今私が抱えている危機感はひょっとしたら同じかも知れません。

 これはつまり、日本人は「他国から支配されない」精神を持ってるということだと思います。
 その精神は現代でも同じではないでしょうか。また、同じであるべきです。 

 そして現代、憲法改正にはこの精神も含めるべきだと私は考えます。
祖国は、甦る。【はたちゃん】
2019-08-02 10:12:07
青山さんお疲れさまです、
いつも応援しています。

私の父は満州で戦っていました、
そのことは多くを語らず逝ってしまいました。

まさに、今日から頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ