On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-10-15 22:40:17
Comments (4)

赤裸々に申せば、まさかの危機

 きょう独立講演会の事務局から連絡がありました。
 なんと、久しぶりに東京に戻って開催する11月の独立講演会への応募が、かつてなく少ないそうです。
 事務局の見方では、翌週にニッポン放送のイベントが同じ東京で行われることが影響しているのじゃないか、ということです。

 ニッポン放送のイベントは、ぼくも大切にしています。
 国会に出るとき、「国会議員になるのなら、もう番組にレギュラーで出てもらうことはできません」という趣旨を局側から告げられ、内心では、たいへん悲しく思ったのでした。
 番組の編成権はすべて放送局にあります。このような決定になることは当然のこととして予想していましたし、そのまま何も言わずに受け容れました。しかし国会に出ようが何をしようが、ぼく自身は変わりません。何と言うべきか、政 ( まつりごと ) に直に関わろうとすると、こうした受け止めをされることが、まつりごとと国民のあいだに距離をつくっていると考え、それが悲しかったのです。
 ところが、そのあとのお別れイベントで、番組の関係者が廊下の隅で「ほんとうは、青山さんに番組を続けてほしいとみんな、こころの底から思っていますよ」と話しかけられ、飯田浩司アナをはじめプロデューサーやディレクター、放送作家、すべてのアナウンサー、ミキサーやタイムキーパー、ADのひとりひとりまで、番組のひとびとをみな、仲閒のように感じました。
 だから、イベントには積極参加するよう心がけています。

 みなさん。
 ニッポン放送のイベントにも来てください。
 ただ、あくまでニッポン放送のイベントですから、他のかたがたとご一緒です。
 時間も、自主開催の独立講演会は会の組み立てが自由ですから、他に例のない長尺、4時間半以上です。

 また独立講演会には、みなさんの質問に沢山、どんどん答えていくという、かけがえのない特徴があります。
 要は、ふたつはまるで別物、できれば並び立ってほしいですね。


 みなさんの出費がダブルになるのは、とても心苦しいですが、もしもよろしければ、金曜正午の〆切までに、独立講演会への参加を考えてみていただけないでしょうか。
 みんな、みなさんとじかに対話しつつ、じっくりと愉しく一緒に考え、にんげんの自立と祖国の真の独立をささやかに模索する独立講演会は、ぼくらが共に目指す生き方や政策の実現にとって生命線とも言うべき機会だと、回を重ねるたびに実感します。
 それだけに潰そうとする圧力もありありと感じますが、もう百回近く、続いてきました。
 きのう、これも久しぶりに開催した大阪の独立講演会で、こゝろが生き生きと通じ合ったばかりです。
 フルの情報は、ここです。
 下掲の青いボタンを押すだけでも大丈夫です。
 いずれも質問を書き込むことができます。どんな分野の質問でも、ひとつひとつを熟読し、頭に入れてから登壇しています。

 

第95回 独立講演会@東京 2019年11月9日(土) 14時30分~19時00分 予定

【会場】東京ビッグサイト「国際会議場」会議棟7階(指定席) 東京都江東区有明3-11-1 りんかい線「国際展示場駅」下車 徒歩7分 ゆりかもめ「国際展示場正門駅」下車 徒歩3分 都営バス 東京駅より約40分 詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込) 【申込】下の青いボタンを押してください。18日(金)正午〆切
 
   
 
 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

訂正【あっこ】
2019-10-21 10:41:40
前回2019-10-17 10:05:20のコメントで平成の天皇陛下御即位でExileが歌ったと書いてしまうましたが、あれは天皇陛下御在位20周年行事の時でした。大変失礼致しました。
「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」ではないでしょうか。【あっこ】
2019-10-17 10:05:20
いつも有難うございます。
11月9日は「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の日と重なっています。
平成の御即位の時にはExileが陛下の前で歌ったあのイベント。
今回は嵐です。日本会議主催かと思います。
翌週のニッポン放送のイベントというよりこちらが原因ではないでしょうか。
私も9日は国民祭典のボランティアをさせていただくことになっています。
私個人の都合としては通常土曜日は参加できない状況なので、
東京開催独立講演会が日曜日に開催される際に参加させていただいております。
すめらぎ弥栄!
ダブルといえば【いっぬ】
2019-10-16 23:10:26
地元、神奈川県で...

山北町に自衛隊の給水車が来たそうなのですが、県からの要請がなかったため、水を積んだまま帰ったそうです。
山北町は、あらかじめ県と自衛隊に災害派遣を要請する可能性を伝えていたそうです。
おそらく、自衛隊の給水車はすばやく給水できるよう準備していたんだと思います。
結局、住民の方々が給水を受けられたのは、県の給水車が来た4時間後となったとのこと。

台東区がホームレスを避難所から締め出したのと同様、原理原則に拘ったお役所仕事が、プッシュ型支援を不可能にしています。

今日の予算委員会、維新の片山さんがいい質問をしていました。
政権与党は、就職氷河期世代の枠を作って支援を小さくしようとしている。
なのに「全世代型社会保障」とか言ってるダブルスタンダードには呆れてしまいます。
青山さん、お忙しい中ありがとうございました。【きよちゃん】
2019-10-15 23:03:24
青山さんの御知らせ、
ブログの発信、SNS等で御伝えします~‼

青山さんや独研の皆様が御心配になるような状況では無いように思います。
「知らない」
「独立講演会ってどうやって申し込むの?」
「青山さんの講演会っていつやってるんですか?」等の会話も良くありますし、

もっと言いますと、
地方の方はSNSやネットも「見たい時だけネットを見る」との方も多く、
「制限付きの環境だから虎の門を見る時しかネットは繋がない」と言う知人もおります。
そのようなネット環境の知人には「メール」も伝わりませんから、
電話入れますね‼

全国の被災に見舞われた皆様にこの場をお借りして
心より御見舞い申し上げます。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ