On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-07 14:14:34
Comments (5)

肝心

 肝心なことのひとつは、分断工作、破壊工作を進めている人たちがバレていないと思っているらしいことどもを、こちらは、ほぼ完璧に摑んでいること。
 そして、もう一つの肝心なことは、摑んでいながら動じないこと、無駄に反応しないことです。慌てない、騒がない。

 護る会と名乗っているのだから、その運動を護るすべをも、しっかりと知っていなければなりませぬ。
 護る会は、明日も執行部会を開きます。
 国会議員の集まりだから、日程のすりあわせは困難を極めます。
 しかし、山田宏・護る会幹事長がかつて「毎週、たがいに無理をしてでも集まることが肝心ではないでしょうか」という政治センスの良い提案をしたことを、これからも大切にしていきます。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

妨害対策【安野 一】
2019-11-07 20:01:07
さすが青山さん! 危機管理の専門家!
仰っている通り、組織を崩壊させるのは「内部分裂」を起こす
工作をすることですね。私は、20代の時に「分断工作」を体験しました。
いろんな手を使いますね。「脅し」「同情」「泣き落とし」その他色々。

「九条の改正」、「スパイ防止法」特にこの二つの時は、暴れるでしょうね。
目に見えるようです。でも、何が起ころうと、「日本の尊厳と国益を護る会」
の皆様方を魂より信じ、共に行動したいと思います。
いろんなところに工作員【いっぬ】
2019-11-07 18:24:24
護る会にも妨害工作ですか...

護るといえば、防災や子どもたちの教育も重要。
先日のクロ現プラスでは、自治体職員の非正規化(しかも低賃金)が進行、民間に負けないブラックな職場なりつつあり、そのため行政サービスに支障が出ている問題を取り上げていました。

一方で、公務員の賃金がーっていってるぎーんさんいますよね。

悪の秘密結社の仕業でしょうか。
陰謀論でなくリアルに怖いですね。
ちょっと待って【野末幸弘】
2019-11-07 16:50:09
首里城の大火災はショッキングな出来事でした。
人的被害が無かったことだけが救いだと思いたいです。

再建の話がすぐ出て来るのは当然とは言え、火災原因、
責任の所在など全く究明されていない段階で県知事が
国に支援を要求しにくるというのは私には常識とは思えません。
国の救済というと、国からお金が出てくる印象でしょうけど
我々の税金です。
現在においても東北の復興が終わったわけではありません。
ここ数年の自然災害による被災者は表で報道されないだけで
生きていく気力さえ奪われている状況です。
他にも喫緊な問題もあろうかと思うのです。
国民の納めた尊いお金を優先的に回すべきはどこなのか。
情緒だけで判断すべきでは無いと私は思います。
愚かさは自分には………【灰色うさぎ】
2019-11-07 15:21:00
青山さん

一国民としては想像しておりましたが、愚かなことです。
そのような方々は一歩間違えれば、いえ間違えなくても敵国の工作員か売国奴かと国民からみなされる可能性があることに気付いていないのでしょう。
本当に愚かで、怖ろしいことです。

34年前に杉並区から都議会議員に立候補した山田宏氏を「必ず日本のためになる男だから信じて投票してくれ」という伝言ゲームを信じて投票したことを、青山さんを参議院議員選挙に1票を投じたことを、本当に誇りに思います。
その他の議員の皆様のご活躍もインターネットでできる限り、捕捉しております。

護る会が王道の道を進まれることを祈っております。
我ながら芸の無い祈りだと思っているのですが、それしかないと感じるのです。
一歩一歩【みーちゃん】
2019-11-07 14:56:51
青山繁晴さん
ぶれずに一歩一歩ですね。
投稿されるエッセイはどんなものも自分を振り返るきっかけとさせていただいています。
いつもきっかけをいただきありがとうございます!

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ