On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-07 17:27:17
Comments (18)

その打つ手は何かって?

 奇策などやりませぬ。たくらみも致しませぬ。
 策に走っては、奇怪な工作をやる人と同じになります。

 真っ直ぐにこゝろを開いて、会うべきひとと、会い続けることです。
 相手の地位を問わず、どんどんアポイントメントを取って広くお会いし、あるがままに真実を話し、相手の話に真心をもって耳を傾ける。
 そして、いつものとおり、一致点を探します。
 それだけです。

 たとえば、この一両日は、現職の閣僚と会い、党首脳と会い、護る会メンバーと会い、キャリア官僚と会い、ノンキャリア官僚に会い、護る会メンバーではない議員に会い、元官僚に会い、東京に駐在する外国の外交官と会い、そして主権者にお会いしました。

 あなたとは神戸で逢います。ここです。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

とにもかくにもまず日本がやるべきことが分かった気がします。でも、それはあまりに硬く、一番高い壁。【ずんだーもちもち】
2019-11-08 15:34:37
ちょっと前に青山さんがおっしゃっていた主権の回復。
第二次安部内閣発足時、安部さんには、日本を良くしようという強い意志は確かにあったと思います。
しかし、北朝鮮、中国の工作、そしてなにより、アメリカからの工作が凄まじすぎて、今は、完全に屈服した。
(なので、売国法案や売国行動の連発。なので、長期政権。)
・WGIP、外交問題評議会、CSIS、日米地位協定、日米合同委員会、 年次改革要望書 、年次改革調和対話、アーミテージレポート
  三極委員会、外交問題評議会、ビルダーバーグ会議、、、?
・中川一郎、中川 昭一、石井紘基、小渕恵三、田中角栄、竹下登、石原慎太郎、、、失脚、暗殺工作、CIAの?   
・ロスチャイルド、ロックフェラー、ロバートアランフェルドマン、マイケルグリーン(日本の総理大臣は馬鹿にしかやらせない)?
こんなのに勝てるわけがないよ、、、。押し返さなきゃどうしようもないのだけれど、、、。
でも、相手のやり口や方法、顔ぶれも見えつつあるので、相応の防衛処置を少しはとれないものでしょうかね、、、、。
対抗手段まで、とまではいかないまでも、せめてダメなことはダメとつっかえせるようにならないと、ホントに日本は無くなってしまう、、、。
国民の有権者も、まんまと術中にはまり、無関心、投票率もあがらない。反中意識はやっと出てきたものの、反米意識は皆無に近い、、、。
なので、本当の、真の主権を取り戻さない限り、武器無き戦争の周辺国からの攻撃は防ぐことさえできない。
メタンハイドレートの実用化なんかも、全力で阻止してきますよね。周りの国は、なにせ日本が自前資源などありえないないもの。
でも、習近平の国賓待遇など、ありえないです!(アメリカだけでなく、中国にも屈服する!?)
まして、天皇には絶対に会わせないで欲しい。血塗られた手で握手など、とんでもないし!!
青山さんを目撃!【IDC0936】
2019-11-08 14:44:37
親愛なる青山さん

今日(11月8日金曜)午後2時頃、テレビで参議院の国会中継を見ていました。ヒゲの隊長、小野田きみさん、松川るいさんなどがチラッと映り、青山さんはどこ〜?と探していたら一番前の一番右側にいらっしゃいましたね!質問には立たれませんでしたが、最近青山さんのお姿を拝見できていなかったので一瞬でもお顔を拝見できてとても嬉しかったです。

しかしあの、議長のところに議員の方々が集まるのって、なんなのでしょうね。学校であんな手法を教わった記憶はないです。質問という形をとった決めつけや言いがかりも聴くに耐えません。
あの場に何時間も居なければならないなんて、ぎーんってすごい重労働ですね・・・
自分の投稿に対する「訂正」です【ブルーグラス】
2019-11-08 14:01:17
 昨日、「女系天皇容認派が秘密にしたかったこと」で投稿させていただいた内容の訂正です。私が
  ・平成28年9月3日放送の「朝まで生テレビ」
と記載した部分は誤りで、テレビ朝日のホームページを確認したところ、正しくは
  ・平成28年9月30日放送の「朝まで生テレビ」
でした。
 訂正してお詫び申し上げます。大変失礼いたしました。
日本の尊厳【岡部 靖】
2019-11-08 06:45:10
おはようございます。

11月3日は明治天皇のお誕生日。かつての天長節、明治節です。GHQの占領政策により文化の日に変えさせられました。
来たる11月23日の祝日も古代から現在に続く宮中祭祀の新嘗祭、五穀豊穣の収穫をお祝いする日でございますが国民の祝日としては勤労感謝の日に変えさせられました。
子供のころはそんなことも知らず成人の今となっては国に騙されている気分です。
青山さんが日頃おっしゃる子どもに説明のつくわかりやすい、祝日に戻してほしいです。
明日の独立講演会、青山さん、行くからね。
忙しい時こそ【かりおぺ】
2019-11-08 02:36:21
青山さんは最近メディアの露出が少なく、多忙を極めていられるのだと推察されます。
しかし、情報や話などの発信したいことが山積しておりお忙しい今こそ、今までの出演も続けられ、また新しいことにも挑戦されるべきではないでしょうか。
「あいちトリエンナーレ」などのFZKRな現代アートが猖獗を極めている中で、本当の現在アートの素晴らしさを発信するべく、今一度個展を京都で開いてはどうでしょうか。
余計な心配はしないようにします【寅太郎】
2019-11-08 02:07:09
青山さん、こんばんは。
お疲れ様です。
いつも本当にありがとうございます。

さて、「護る会」による「皇位継承の安定のための提言」と「提言の趣旨」に対してすでに妨害や分断工作が行われているとのこと。
本当に嘆かわしく腹立たしい限りです。
やはり反日左翼や外国の工作員や、そういう連中に洗脳された者どもが党内外や官僚にいるということですね。

現在の自民党のていたらくと安倍総理の変節とも思える様々な政策によって、われわれ愛国者の青山さんへの期待と要求が増え、また、青山さんご自身のご活躍による党内での役割や仕事の増加もあって、ますます青山さんをがんじがらめにしているのではないかと、ちょっと心配になります。

ま、でも、書いておられるように、青山さんはこういう状況だと余計にエネルギーと元気が出てくるようですから、余計な心配はしないようにします。

ただ、睡眠量だけはきちんと確保されることを重ねてお願いいたします。
現在のわれわれ愛国者にとっては、青山さんと「護る会」が唯一、希望の星ですから。
真実溢れるお言葉、ありがとうございます。【だんちゃん】
2019-11-08 00:20:26
お忙しい中のブログアップ、深く深く感謝申し上げます。本当に有り難うございます。
 青山さんのブログへお寄せになるコメントを拝読することも勉強になり、そして、また時折、ほっこりと温かい気持ちにさせてもらったりしております。
 11月9日の独立講演会、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
我々、日本国民、分かりやすく言えば、ジャパン。【中島栄治郎】
2019-11-07 23:54:33
奴隷ではない。
首里城を3Dで復元プロジェクト【チャオ】
2019-11-07 20:31:35
首里城の再建に、一般人が撮影した写真や映像を集めて3Dデジタル画像を作成し、復元に役立てるプロジェクトが11月3日から本格始動しています。戦後、本来と違ってしまった現在の形状に素早く戻そうとしているのでしょうか。参加した国民の善意の感情を利用しての体制づくり。既にネット上に公開されている画像を使って一部を復元しており、「思い出を、私たちに共有してください」と呼びかけています。
「真っ直ぐに心を開いて、会うべきひとと、会い続けることです。」【安野 一】
2019-11-07 20:13:48
青山さん、同感です。その通りだと、私も思います。
危機管理の「極意」ですよね。分断工作をやる人には
これが、一番効きます。悪意をもっていても相手も人間ですから~
大事なテーマがこれからも続くと思いますが、「護る会」の皆様、
宜しくお願い致します。
女系天皇容認派が秘密にしたかったこと【ブルーグラス】
2019-11-07 19:24:54
 10月28日の「虎ノ門ニュース」、拝見いたしました。
 番組中、女系天皇容認派が絶対に秘密にしたかったであろうこと、国民をだまし通せると思っていたであろうこと、青山さんが見事に発言してくれました。
 「女性天皇の結婚相手が外国人であったとする。その子が即位なさったら、これは母系で、その外国人の父方に(皇統が)移る」旨のご説明、さすがです。
 平成28年9月3日放送の「朝まで生テレビ」で同様の趣旨の発言をされた方がいます。
 「男系継承を維持してきたということは、革命を防いできたということ」。杉田水脈さんです。私には、竹田恒泰さん以外の出演者がうろたえ、民主党の某議員が杉田さんの発言をさえぎるようにしゃべり始めたように見えました。
 その後、衆議院議員に返り咲いた杉田さんに対する偏向報道の苛烈さを見れば、女系容認派の意図は明確です。(私の思い込みかもしれませんが。)
 青山さん、応援しています。私も機会あるごとに、周囲の人たちに母系(女系)継承の危険性を伝えていければと思っております。
今日もコツコツと、、。【和歌山の雄子】
2019-11-07 19:16:45
いつも、ただただ有難うございます。
頻繁なアップは嬉しいですが追っかけるのがまた大変、です。アップされなければ不安になるし。勝手で申し訳ない。
神戸独立講演会楽しみです。青山さんのお話をお聞きした上で世間に起こる事はよく読み取れるので本当にありがたいです。前回の大阪はとても盛り沢山で凄い時間でした。
生きる力を有難う。そして青山さんをきっかけに出逢った人達ありがとうございます。
コツコツと今日も出逢った人に青山さんのお話をしました。
あー、アンカーでよく喋ってた人やーって感じでした。
せめてブログのおっかけをお願いしました。
沢山の方に知ってもらわなければ。
心の中には【中今〇之助】
2019-11-07 18:50:36
青山さん、いつも日本国、日本国民の為に公務をして下さり有難うございます。
護る会がいよいよ日本復活ののろしを上げて下さいましたね。
妨害工作が本格化しているようですが、青山議員の心の中にあるは、
ただただ「人のため」。
そのような志を持たれた方ほど尊いものはありません。
令和維新が始まったようにも思われます。(言い過ぎですか?)
ブログを毎日楽しみにしています。
父系!【シゲル・カストロ】
2019-11-07 18:39:50
私も、皇位継承につきましては今まで通り「父系」であるべきだと考えています。二千数百年も続いてきたものを、ここにきて打ち切るなんて実に愚かだと思います。どんなに時代が移り変わっても、国の根幹は変わらない。これこそ日本の誇りだと思っています。
しかし女系天皇肯定論者にとっては、「男でも女でも、どちらかが天皇家の血筋であれば、構わないじゃないか」「女性天皇が何代も続けば、血が薄まるってわけじゃあるまい」「ましてや男女の遺伝子に優劣があるっていうのか君は?」と反論されると私も、うーむ、と考えこんでしまいます。
ようするに、知識が足りないのでしょう。
私は、この反論に対して何と申せばいいのでしょうか?
二千数百年も続けてきたのは、ただ単に「男社会」だったから、というわけではなく何かしら、先人がたの知恵と深い洞察力があったものと思います。
ぜひ、土曜日の講演会にて教えて頂きたく思います。
ありがとうございます。【maki】
2019-11-07 18:34:43
青山さん、
いつもありがとうございます。

日本の為に動いている方々に、光が当たりますように。
私達国民が、光を当てることができますように。
秋が深まりましたね【かおり】
2019-11-07 18:07:28
お忙しい中でのエントリー、嬉しく拝読しました。
「奇怪な部分すら含めて、にんげん、この愛すべきもの。」
三つ前のエントリーでのこのことば。
私が青山さんを敬愛するのは、突き詰めるとここなんだなぁって。
青山さんは、人に対しての優しさや愛情が根底にあるからこそ強くて
強靭なのだと思います。
私も・・優しくしなやかでいて強くありたいです。

様々な妨害があっても、青山さんならきっと大丈夫だと思っています。
護る会をいつも応援しています。
王道を歩むことこそ日本、国民の本懐【海の彼方】
2019-11-07 18:00:20
姑息、卑怯、歪曲、誤解

すべては自らの足で王道を歩むことで打ち克てる。
その背中をしっかりと見届けます。


票にならないか否かではなく、
日本の国柄として、国益として適うか否か。
今こそ国会議員の方たちが選良として
かくあるべしと立ちあがって頂きたい。
それは与野党の垣根を越えて、
戦後日本の宿阿を乗り越え、
一致できる点を見つけてわずかずつでも。

希望を持てない国会風景の裏に
すこしの希望の灯を、見出せるように信じます。

皇統も
拉致被害者奪還も
自衛の措置を妨げない憲法改正も
わが子らの未来の為にも。
御心のままに・・・【きよちゃん】
2019-11-07 17:53:53
良く宗教に例えられ「信者」と揶揄されますが、
信者でも結構ですが、
青山さんの下に集まる私達支持者は、
青山さんの志を支持しているのであって、
そこで歴史観・国家観・そして死生観を学ぶ同志なのかな?と
勝手ながらに感じています。

青山さんがどんな道、どんな選択をしようとも、
そこに「国益の為に」がある限り、
全力で、庶民の小さな力ですが、
人生を賭けて応援致します。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ